自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

最近のトラックバック

岩本沙弓『マネーの動きで見抜く国際情勢』からの一部引用 : 11分で書いて出す
第1回『サブマキシム』の「ハイパーインフレはやっぱり来るぞー!」に物申す : 11分で書いて出す
「誰が山本太郎を当選させたのか 「山本親衛隊」という『宗教』」、『WiLL』2013年10月特大号(ワック出版局) : ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!
西日本 Podcast 連合もっこもこパレード公開録音イベント〜東の方までもっこもこ!(東京カルチャーカルチャー、2012年7月27日) : ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!
射導送水 vs JUS -映画鑑賞後放談- : もっこもこチャンネル
【威風堂々300回】じゃすりんさんの桜川流ダンコンシップ論は身にしみる【敵は脂肪とお犬様】 : 11分で書いて出す
「第295回 桜川マキシム」をテキストに、もしドラ作家と小沢一郎合同記者会見をコチョコチョしてみよう : 11分で書いて出す
【火中の】フジTVデモってなんかなんかなんか「第294回 桜川マキシム」なんかなのよね【クリクリ】 : 11分で書いて出す
トリカゴ通信vol.1について・コンテンツ一覧 : トリカゴ放送
おとなも、こどもも、おねーさんも8月14日の「トリカゴ本」襲来に備えるんだ! : 11分で書いて出す

最近のコメント

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第211回 25分38秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 さあ雑談!

 今回は『さばラジオ』の音質問題やら頭髪問題やらバンドブーム、そして芸能界の性の問題まで!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2085


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第210回 29分41秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 まだまだ次に観る映画についての会議だ!
 テキトーに泣ける映画について語るぞ!!

 テキトー過ぎて、途中でスコット・ノートンの入場曲としてJUSが歌っているのはマサ斉藤の入場曲だった!!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2075

コメント(2)

たしかに「オーバーザトップ」って、スタローンの映画の中でもトップクラスに男のガッツが溢れる映画ですね。腕相撲というジャンルにおいてバリエーションをつけるのが難しいのでシリーズ化しなかったのかと思いますが、もし続編で世界大会編とかあったら、決勝の相手は絶対ロシア人にしただろ、という気はしますね。

あと話題に出ていたヒュージャックマン主演のロボット格闘ものは「リアルスティール」だと思います。実はこの映画、物語の大筋は「オーバーザトップ」とすごく似ています。ではありきたりでつまらないかと言うと、良い意味で鉄板の展開なので楽しめる作品ではあると思います。まあスポーツものはベタだから感動できるという面がありますし。

>keizoさん

 放送内でも言ってましたが未見なんですよねー。
 でも、keizoさんのコメントを観て、汗ビ案件にはならなくても観ようとは決めましたw

 リアルスティールですよねー。実はあの時「ヒュー・ジャックマンの」が聞こえていなくてテキトーに喋っていたのですw
 ちょっとこれまた観てみますw


第509回 平成28年9月15日 「入れたり入れられたり」 37分41秒

 今回もちょっと前の音源ですよ。

 最近とみに耳にする様になった自動車の自動運転技術について、そのもたらされる未来についてRickaさんと思いを馳せます。

 割と真面目。多分。

 今週の内容は…
  • 酷いオープニング
  • 車の運転好きですか?
  • 自動運転化からもたらされるイノベーション
  • 物流とか
  • どんどんやれ

平成28年5月22に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2074

コメント(5)

お、白ワインの御供、自動運転話!w
自動運転『義務化』まで行くと日本一困る人は自動車評論家で
悲しむ人は所ジョージあたりでしょうか?
どうも。クラッシックカーのフルレストアで痛い目にあった怪文です。

立場的には
自動運転には反対です。はぃ。車好き、運転好きです。
ただ絶対ヤダ!とまではいかず、まぁ流れとしては
切り替えの10年はスタートしてるんだろうな、と。

あとビーコン方式はインフラが必要になるので
ごく狭いエリアでは有用なものの広域では難しいでしょうね。
現実的には複数方式が相互補正って形になるかもですね。

私は自動車に対しては恐怖心を持っている方です。自動運転が発達しても事故がゼロにはならないことを考えると、(公共交通機関が十分発達した都市部に限ってでも)物流のみ残して自家用車をなくすという意見に賛成したいところです。

住民にとって自家用車を失うことによる不便さというのは当然あると思いますが、空気がきれいになるとか、景観がよくなるとか、騒音がなくなるとか、やってみれば色々良いことがありそうな気がします。あと四年では間に合わないでしょうが、もしそれを実現すれば東京オリンピックを観に来た世界中の人達にインパクトを与えられるような気がするんですよね。

とはいえ自動車産業からの強力な抵抗があるんでしょうから、日本ではそういった施策は難しいだろうとは思います。数十年前の中国の、人民が自転車で大移動している光景は当時は奇異なものとしてとらえられていましたが、今思うとすごくエコでしたね。

自動運転話はいろいろなPodcastで話されていますね。
私達が生きている間には完全な自動運転社会になることはないと思いますが、どうなっていくのか楽しみではあります。
進歩しているといっても、人間の心理は変えられないので、それとどう向き合うかかもしれませんね。
車という乗り物がただの移動手段になってしまうのは悲しいと思う派でもありますが。

JUSさんと同じく目が悪く、免許も持っていない、この先免許も取れないであろう僕からすると、夢のような話ですたい。

でも、もっとこうなんていうか、「自動車」そのものから離れて欲しいな、と思います。

>怪文さん

 そうですそうです。とは言え白ワイン呑んでたの僕だけな気もしますが。
 なお、あの日の音声はすこーしずつ編集していたりするんですよ?
 急ぎます。すみません。

 自動車評論家は困るんですかね。そのレベルまで行くと逆に自転車競技の様な趣が出て来て、むしろマン島レース的な奴がポコポコ生まれそうにも思えます。

 フルレストア…。そんな事してたんですねw
 そう言えば叔父がシトロエン2CVをいつかフルレストアするんだっつって持ってましたけど床板が腐って落ちて流石に先日 処分してましたっけw

 ほんとこの10年くらいで急激に進みそうですよねぇ。
 当初「嘘つけ」って言われてた某ハッカーの後付式自動運転システムもついに発売されそうですし。

 ビーコン方式は、意外とバカに出来ないと思うんですよ。
 特に信号とか、割とアホみたいな値段でメンテナンスされていると思うので、疑似的にGPS衛星と同種の電波を発生させるモジュールを追加とか出来そうな…。
 量産効果で数千円で出来そうに思うんですが…。


>keizoさん

 都市部から自家用車をなくすのは行けそうですよねー。
 それこそ“手動運転者排除特区”とか作るとか。

 自家用車をなくして、で、電柱とか電線とか極力なくすと一気に景観も変わりそうですもんね。

 自動車産業は結局 国内消費はあまり当てにしていないところがあるので、上手くやれば乗って来そうにも思うんですが…。

 あと、僕のPCで“しゅどう”って変換しようとすると衆道が先に出るのが凄く嫌ですw


>たこ坊さん

 敢えて他のPodcastでのトークは聞かずに喋るスタイル!
 『シン・ゴジラ』について他の番組を聞いてやきもきしてただけですけど。

 自動運転社会、僕は割と早いと思ってるんですけどねー。
 何だったら、今乗ってる我が家の軽を次の車に変えるころには状況が変わってそう、くらいに。

 電車も移動手段でしかないですけどファンがいる訳ですし、所有欲を満たせる存在と考えると、色々と価値を出して特化してもいそうだなぁとか夢想いたします。


>とっしゃんさん

 ホント、僕の視力が免許取れるギリギリな気がします。
 昔の法律だと盲学校レベルでしたので。
 そういう意味では色々と不利な人にも有利に働きますよね。

 自動車から離れるという意味では、僕はアレになって欲しいです。キングサイズくらいのベッドで、密閉空間で、モニタとかが寝てても観れるヤツで勝手に移動してくれるやつ。そう、移動万年床ですね。


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第209回 26分

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 次に観る映画を決めるぞ!

 という振りをしてしっぽりと昔話、それも過去に何度もした話をまたしますよ!

 例によってこの二人が歌っている回は名作だ!!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2068

コメント(3)

映画に泣かせる要素を求めない方なのであまり心当たりがありませんが、思いつく限りで以下の2本を推薦させていただきます。

・ライオンハート(91年 ジャン=クロード・ヴァンダム主演)
 ヴァンダム作品としては人間ドラマがきちんと描かれており、素直な気持ちで観れば激しく主人公に感情移入できます。

・スラムドッグ$ミリオネア(08年)
 話題になった映画なのですでに観られているとは思いますが・・話が2転3転して面白いし、ラストも感動的です。

あと、先日ガンダムUCのTV放映が終了しましたが、EP7のブルーレイを購入したにもかかわらずなぜか地上波放送を待っていた送水さんの感想を聞きたいです。

JUSさんのVガンダムの特攻で泣く話と、送水さんの999とマクロスで泣く話は何回聴いても楽しいですw
お話にも少し出ていたグレンラガンの劇場版を汗ビのお題にしてもらうのはダメでしょうか?

>keizoさん

 おお、ありがとうございます!

 ちょっとこの2本も候補に挙げてみますね。
 どっちかって言うとライオンハートの方が趣旨に近いのかも?

 UCは何故 送水さんは頑なに観ないのか疑問ですよねー。

 あ、義務感とノリで買ってただけって事なのかもw


>流さん

 そんなこと言うと、半年くらい経つとまた同じ話をしてしまいそうです。

 グレンラガンについては、僕が未見なので観るならテレビ版から観たいんですよねー。


第508回 平成28年9月8日 「入れたり入れられたり」 35分6秒

 ちょっと前の音源ですよ。

 ひろしさんと縁故採用の公務員がいる・いない問題を喋っていたと思ったらJUSが酔っ払っていたのでどんどん話を違う方向に持って行って参ります。

 今週の内容は…
  • エンコ採用
  • 諦めの悪いおばちゃん
  • It's trouble!
  • 二世議員とか供託金とか
  • ことわざを作ろう

平成28年3月5日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2065

コメント(5)

「あれ、縁故やで」と「ダメ、縁故」の雰囲気なのに
自分自身は「縁故の機会があればやる」ってのもすごいなぁ・・・と普通に思ったり。

縁故については・・・うーん。個人的には「なんとも言えない」って立場。
良い縁故・悪い縁故・普通の縁故。
まぁ結局は「入口」よりも「やったこと」なわけで。
桃太郎侍の娘なんて・・・まぁもちろん縁故なわけで「入口」はアレですが
彼女は彼女なりにいいキャラですしね・・・。

ただ「下駄」を履いた(または履いたと思われる)分足腰は弱いわけで
それなり以上に頑張らないと広くは認められんよ?と思うわけで。

某大捜査線のユースケサンタマリアのように
「絵に描いた縁故」があったら文句も言うのですが
残念ながらそういうのはよーわからんもんで。


「親の靴下には穴が開いている」

私は好きですw

>怪文さん

 まあ、他人のネコババは糾弾するけど自分のネコババは構わないって人も多いよねと思うと、そんなもんなのかもしれませんし、そもそもこの問題に僕が口出しをできるのかどうかというw

 桃太郎侍の娘というので「あれ、そんな設定あったかな」と考えてしまいましたがw、確かに芸能界なんてそんなんばっかりですね。
 そもそも試験だの面接だのというより親の人格見た方がまだ正確なんじゃねえのって思う部分もあります。親を面接して圧迫面接でもやった方が見えるもん見えそうな…。

 「親の靴下には穴が開いている」咄嗟に考えたにしちゃいいでしょ?w

「親の七光り」があるじゃないですか。

縁故でも優秀だったら、いいんじゃないかと思ってしまう、自分がいます(笑)
縁故でもあれば僕の人生もうちょっと楽だったかもと思ってしまう、自分がいます(笑)
これから、「欲しい物は?」と訊かれたら、縁故と答えよう!

職人さんが子供に家を継がせる前に、同業者のところに修行に出す、みたいな話あるじゃないですか。
大沢周夫が息子を納谷悟郎(六郎だったかな)にあずけるとかブライトがカツをヘンケン艦長にあずける、とか言った話です。
こういうのを制度化したらいいような・・・。
政治家さんも、これくらいはやってるんですかね・・・。

ここで話は飛びますが、高畑君のお母さんが間に立って、息子さんと、以前、息子さんと共演していた可愛らしい清水さんが再会するというバラエティー番組があったんですが、
清水さんがネタではなく、本当に嫌がっているように見えて、見ていたこっちが微妙な気持ちになりました。
一応、報告しておきます。

>とっしゃんさん

 いやー、「親の七光り」って親バカ感というか、ダメな事感があんまりなくてちょっと“レガシー”っぽくなりません?
 もう少しトンマな事してるんだよっていうのを入れたいなぁと思うんです。

 結局、縁故ってギリギリ汚職じゃない様に思えちゃうんですよね。仰る通り、結果どう転ぶのかって多くの場合 自己責任ですしね。
 あー、僕も縁故が欲しい。

 修行制度、いいですね。実際に僕も何人か知ってますが、悪くないですね。政治家の場合は、あんまり修行感内ですけど。安倍首相も割と御荷物っぽかった事を同僚が言ってた気もしますしw

 カツをヘンケン艦長にあずけたのはろくな結果になってない気もしますw
 なお、今、ヘンケン艦長を変換しようとしたら偏見浣腸と出たのは酷いと思いました。

 高畑さん…って書くと優秀な人っぽいですねw
 彼の場合、共演者がみんなドン引きしてて、今思うとさもありなんですw
 清水富美加だって、本人が大概なのにw

>怪文さん
二人は普段は普通にいい先輩なんですよ。
でもね、それだけに自分の事とそれ以外を180度使い分けて、それは当然で、それがわからんのは親の情がわかっとらん的な考えが、僕のもっていたそれとかけ離れていたためにおこった生理的なモヤモヤをつい桜川でしゃべらしてもらったという・・・。ねぇ、JUSカウンセラーさん。
そして、縁故とか、2世とか好きなのは僕自身そういう傾向あるからなんとなく想像つくんですけど、「わからんものに手をだせない脳の老化」みたいなもんが背景にあるのかなぁと。
考えるのめんどくさいからちょっとでも知ってると安心みたいなね。。。

>とっしゃんさん
そうですね、縁故でも優秀だったのか、縁故じゃなかったらもっと優秀だったのか。
問題はそれを判断する側の怠慢だったりするのかなぁなんて。
縁故はチャンスですよ、ふつうは得られないスーパーチャンスですよ。
さんまの娘、いまるさんが「縁故も実力のうち、それは多かれ少なかれあると思います。ただ自分は両親とも芸能人でそれが非常に強力だった」と言っていたのですが、そういう考えもあるかなぁと、結構納得しました。
縁故は贈与税のかからない親からの贈与ですよね、贈与税の代わりに、「縁故、だめ」みたいな風潮と周りの目で若干の相殺が果せたらよいかなぁ。