平成30年05月28日

| コメント(0) | トラックバック(0)

 唐突に日記復活。


 かわぐちかいじ『ZIPANG -深蒼海流-』第23巻、読了。
 NHK大河ドラマ『平清盛』インスパイアで始まったこの作品もなんだかんだで23巻も続いて完結。
 かわぐちかいじスターシステムのいつもの感じで終わって行った。

 歴史を扱うのって大胆に端折りつつ端折っていることを感じさせないか、或いは緻密に描いて行くかしかない訳だけど、そういう意味では成功した作品とは言えない、かなぁ。

 徳子に流れる清盛という怪物の血がもたらす情念みたいなものも最後の最後でああいう形で出されてもイマイチよく判らんし。
 『メドゥーサ』に比べると物足りなさが強い。


 少しは会社の状況も回転し出すのだろうか。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2206