自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

S&Mスカイパーの最近のブログ記事

第326回 平成24年5月24日 「S&Mスカイパーの七 5.1・紅鶴大会」 25分8秒

 さぁ、御待たせ致しました!
 先日のもこパレイベントで行われました初の公開収録の模様を御届け致しますよ!

 久々のゲスト企画として行われましてプロレス話を繰り広げております。
 御迎えしたのは『だらプロ』からトモキンさん!

 なかなかどうして、新日vsUみたいな雰囲気ですよ?w



 今週の内容は…
  • 名司会っぷり&来んかったら良かった
  • リスペクトして欲しくない
  • 試合を観る機会が少ない
  • 表現者としてのプロレスラー
  • マークがいいのかスマートがいいのか

平成24年5月1日に収録
 次は6月11日の月曜日!会議月!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:無料

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/823

コメント(11)


初めてこちらに書き込みます、羊の皮を被った山羊と申します。
Twitterでは皆さんに優しくされてホイホイこちらにもやってきてしまったのですが、まるで連載初期時クラスのヤムチャが修羅の国に身ひとつで船漕いでやってきたような感じではないかとビクついております。

今回話題のプロレス話。
プロレスを今語るという事において、語る側には前田日明という時代はやはり大きなものだった気がしてきました。
ヒクソンに高田がやられたらそれまでの経緯はさておき自分が出て行く。
そういう前田イズムは現実のレスラーよりも前田時代にそれを見てきたファンの方に色濃く残っていて、それを意識的にも無意識的にも体現しちゃてるように見えました。
ファンという水自体は変わらないけど前田というティーバッグを通過してるから知らず知らずに前田紅茶色になってるみたいな。

鈴川とかレスラー面しとるのを、ああいうのこそ前田にしばいて欲しいと願いつつ、プロレスラーとしてdisられたら鈴川云々はおいといて、それはプロレスをこちらも背負ってやりますよっていう。

かくいう自分自身も前田にどっぷりでしたからそういう見方をしちゃうのかもしれません。

全く前田日明というものに触れてこなかった、生まれてこの方ずっとアメプロしか見てないわという方がいたならどう思われるのだろう…とか感じちゃった今回でした。

あ、あとこちらのスレを見てきて思ってた事は、僕が覗いていた10年ちょっと前の新日本プロレス非公認ファンページの掲示板に通じるストロングスタイルがあるなあと。
懐かしい感じについついヨロヨロと足を踏み入れてしまいました。

以上、とりとめのない浅い感想でありました。

プロレスの話題になると自分の中の何かがシャットダウンしてしまうのでそこは・・・。
おい、とい、て。
gyasyaさんイイ!
ハイテンションがイイ!
菊地成孔に影響されすぎた前口上イイ!
執刀医の腕前もかなりのものだったんでしょう。何度でも聞きたくなります。

今度こそサーバーエラーになりませんように(笑)
夜中の2時でもダメでした(笑)

あいかわらず、プロレスのことはさっぱりわかっていませんが「なるほどなあ」と分かったふりをして聴いていました。
プロレスって勝手に歌舞伎みたいな感じじゃないかと思っていたのですが、そうか、オペラだったのか(笑)
しかし、勃つ発現が一人歩きして、ともきんさんが変な立場に追い込まれないか心配です。

格闘技とか、あるいはスポーツとかをやることで健全な云々かんぬんが育成されるかと言う点ついては僕も常々疑問に思っておりました。
電車の中で横柄な野球部員の連中の鞄を見たら、わりかし有名な高校だったりするんですよね。
こういうことしてるから、自分たちは周囲の人間よりえらい、と思ってたりして!(笑)

>羊の皮を被った山羊さん

 あちらではこちらこそありがとうございます。
 ただ、元斗皇拳の威力があんなもんだと考えると連載初期のヤムチャってファルコといい勝負しそうな気もしますけどw

 前田日明という存在は敢えて話から外してたところがあります。
 と言うのも、彼の存在を出すと色んなポイントがプロレスファンには余りにも腑に落ち過ぎてしまうと思いまして。プロレスファンではないリスナーさんの事を考えるとそれもどうかしらと思うんですよね。

 しかしまぁ、考えるに前田日明って、いわゆるプロレスファンがプロレスラーに求める虚像を引き受けたままの状態で引退して今に至る感がありますね。と言ってしまうと前田日明ファンには怒られるんだと思いますが…w
 ただ、彼の事を考えれば考える程、僕は“やっぱりプロレスラーって歪だわ”って思ってしまいますし、それは御納得頂けるのではないかともw

 後、前田(髙田・船木もそうですが)って彼ら以前のプロレスラーの敷いた文脈の最北であろうとしたという説明も出来るんですよね。そうなるとプロレス全般について語る際に登場しづらいなぁとは思います。ってそれは別の話ですが。

 アメプロファンに観せてやりたいというのはその通りですね。ザワザワするアメ公を見て悦に入りたいですねぇw

 プロレス関連の掲示板だと、10年前辺りにJUSというハンドルネームが登場してるかも知れませんねw


>ダンコンさん

 やっぱり人を選ぶ話題ではありますね、プロレス。

 相方の向上については、急に大声張り上げたかと思ったら噛んだり言い直したりでなかなかな状態でございましたw。緊張しまくってたみたいですw


>とっしゃんさん

 御迷惑おかけして申し訳ございません。
 ぼちぼちアクセス数とサーバーの能力が見合わなくなってるのかもしれません。嬉しい悲鳴です。キャー。

 プロレスを何に例えるかで言うと、僕は新喜劇にだいぶ近いと思うんですけどね~。
 ギャグ部分についてのリハーサルがテキトー気味の新喜劇とかがあって、でも何となく出演者も観客も“この辺で島木譲二が来てアレをやるな”って思ってる、的な。
 トモキンさんについては、何かのイベントで盛り上がった辺りで「今、勃起してるでしょ」って言うとく事にします。

 格闘技はねぇ。闘争本能が満たされるもんだから“俺は強い個体”って思い違いし易いんだと思うんです。そういう事に目をつぶるの、よくないですよね。

三田・クロスロードから生還致しました。
こんばんは。怪文です。
いや、メインイベントは妻主導のアウトレットでしたが。
まさとさん&妹様にお目にかかり
いやはや・・・ベタなこと言うと
「聴いたことあるっっっ!」
って思いました。マジでw

さて、予想以上どころか、のクオリティで
なんの迷いも無く「桜川マキシム」ですね。
お化粧力なのか地力なのか。
是非とも
(邪なぎゃしゃさんの整形前を聞きたい興味込みでw)
整形前の撮りっぱを・・・w

えーさて。一箇所だけ意見を差し挟ませて頂きます。
「格闘技云々、暴力が人間的な成長ってのは・・・」
ということですが。
暴力を制する、自己を鍛錬の上自制を利かせるってことは
充分に成長といっていいとは思います。
が・・・。
実際そうはなってないのは放送の総論の通り。
結局は「自己自発的に暴力を制する」のではなく
「なんらかの関係性で制御システムを作る」に
見えるわけでして。

例えば。数少ない例として。
ラグビーについては粗暴な部分が多くあったにせよ
強く有名なチームほどプレイが洗練されている、と
よく聞きますし見ててもそう思います。

・・・うむ。まとまらない(笑)
要は「格闘技をやることは充分成長する要素がある」し
「それを肯定できないシステムになってることの是非や
 今後については考え続ける必要があるかなぁ」と。
今日コメしないと時間がなさげだったので・・・。
はい。ごめんなさい。お願いですから
この駄文でなんとか(コラ)

>怪文さん

 おお、あのアウトレットへ。ウチの夫婦がたまに行ってみては何も買わずに帰って来るあのアウトレットへw
 いやぁ、僕もあそこに行くついでにクロスロードに行こうと思うんですけど、開店時間がよく判らなくて断念することが幾度か。今度、店長氏に聞いておきますw
 そして妹様はよく似ておられましたでしょ?w

 ちゃんと桜川マキシムになっていたという評価は嬉しいです。
 折につけぶっちょ氏から「桜川もイベントやりません?」と言われてはクオリティ担保が出来ないからと逃げているウチの番組としましてはw
 撮りっぱは…、その内に何かの特典にでもしましょうかw

 関係性による制御ってのは確かにありますねぇ。
 そう考えると、昔っから「“道”とか言ってごまかしながら上下関係で押さえ付けるしか無理よね」という諦観はあったかもしれません。
 ラグビーに関しては…、プレイについては洗練されてるとは思いますね。ただ実態としては某大学のクラブとかの酷い話も耳にするので…w

 成長する要素があるってのは僕も思うんですけどね。
 でも、格闘技で成長出来る人間ってのは、何かに打ち込む事に出会って自制心を身に付けられるにも関らずこれまでそういった物に触れていなかった、みたいな少数派だったりしないかなぁ、とも思うんですよね~。


 こんにちわでございます。JIN@studio荒法師でございます。

 前回のプロレス話では、本文に突入する前に時が流れてしまって以下略でございました。
 ええ、あれやこれやネタをくってるウチに時期を逸したアテクシが悪いのです。そして「ガチャ」関連の話題も……。

 というか、トモキンさんがエラいことになっていますよ!
 イベントで心に傷を負ったwトモキンさんが、酸素欠乏症を併発して、
「さんだ☆へたれいでぃお」本編で「ズルムケ赤ちんぽ先生!」と絶叫されています。あぁおいたわしやw

 不用意に「桜川マキシム」とかかわると、「Z」のカミーユのようになってしまう実例だと思われますので、ここは速やかに「ZZ」編をですね<エルピープル役は誰がやるというのですか<gyasya殿下に「プルプルプル~」と全裸で叫んでいただいて<マテ。

 そんなかんじ(謎)なので、今回はあれこれ考えるのもそこそこにwてけとーに箇条書きで垂れ流したいと思います。
 あ、一応アテクシの「属性」を明らかにしておくと、「悪質猪木信者」でございます。「悪質」が重要。あと四天王プロレス大嫌い。
 「猪木なら何をやっても許されるのか!」というご意見に対して、割とホンキで「え? 当たり前ですやん」と思っているタイプです。
 たぶん、JUSさんが一番嫌っているであろう「プロレスファン」かと思われますw

 ・「鈴川」という「人選」

 前回の書き込みで「IGFの選手を「プロレス界代表」として引き合いに出すのはどやさ」とかいっていたアテクシですが。
 実は、個人的には結構「いいところ」をついてくるなァ、と感心していたりします。さすがJUSさん!
 というのも、いわゆる「対世間」を考えた場合、「鈴川」っていい「人選」だと思うのですよ。
 先ず、現存するプロレスラーの中で、もっとも知名度の高い「アントニオ猪木」が(一応)主催しているプロレス団体の一員(しかも結構期待のエース的ポジション)だということ。
 対戦相手が、実力・試合内容はともかくw「バンナ」「アーツ」といった、これまた「有名」な相手である、ということ。
 もちろん、「大麻」という過去wもいいですよね。個人的には「プロレスは犯罪者の逃げ場じゃねぇ」と思っているのですが。「対世間」へのアピールとして、という意味で「いい」と(苦々しいですが)判断しています。

 以上から、そのへんのインディーズ選手より、よほど「対世間」において「プロレスラー」している、と思うのですね。

 というかですね、「鈴川」を「プロレスラーの代表」として取り上げるのに不服な方々は、じゃあ誰だったらマンゾクされるのでしょうかネ?
 藤波長州? ロートルでしょ?
 武藤? 「プロレスラー代表」としては申し分ない部類だと思いますが、いかんせん「筍」じゃないでしょ。
 ケンスケ? 試合してるとこ見た事あります?
 新日本の連中? 女に刺されたヤツとか唐突にひざ蹴り出すヤツとかブロディのパチもんとかでっせ?
 ノア? あんな地味なボテ腹連中、プロレスラー代表にしてええんですか?
 ドラゲー? 勢いは一番ですけど、「団体」として勢いがいいのであって、中の人たちが「プロレスラー代表」かといわれるとねぇ。
 大日本? 大阪プロレス? あそこの選手が「プロレスラー代表」?

 ……とか考えると、結局「鈴川」と五十歩百歩だと思うのですよ。
 もしくは、「鈴川」を代表としても他の選手を代表にしても、「結論」には大差ないかなぁ、と。

 この場合の「結論」とは、「今のプロレス、嫌い」「下品」といったご意見です。

 ・プロレスの未来

 たぶん、アテクシとJUSさんの一番の意見の相違点って、このあたりかなぁ、と思っています。
 イベントのとき、トモキンさんにもカマかけて、さっぱり通じてなかったのですがw
 横軸に「今のプロレス:好き・嫌い」を、縦軸に「プロレスの未来:ある・ない」をとった場合、
 JUSさんの立ち位置は「今のプロレス:嫌い」「プロレスの未来:ある」あたりではないか、と思っています。
 で、アテクシの場合は「今のプロレス:割とどーでもいい」「プロレスの未来:ない」だと思っています。

 まぁ、このあたりは「立ち位置の確認」であって、それ以上の意味はあまりないのですが(ヲイ)

 ・「歪み」

 ……とか書くと、えろげっぽくなるのですが。
(昔、そーいうタイトルのえろげがありまして)(知らんがな)

 個人的には、このあたりに一番「違和感」をかんじました。

 先ず、「プロレスラーって歪んでるでしょ?」というご意見に対しては「歪んでますが何か問題でも?」と思ってしまうのですが如何でしょうか。
 個人的に、「アントニオ猪木」とその世界観wが好きなので、「プロレスラーは歪んでてナンボ」「そんな連中が、愛憎入り混じって時に「シナリオ」を逸脱する展開」が大好物なのです。
 長州の「かませ犬」発言なんか、その好例ですね。
 アレがあったからこそ、プロレスラーとしては大したモンじゃない(と思う)藤波と長州の対決が「名勝負数え唄」とか言われるようになった、と思っているのです。
 なので、「歪み? むしろ大歓迎でス!」という立場なのですね。ええ悪質なので。

 あと、「プロレスラー以外も歪んでるんちゃいますん?」とも思ったりします。
 歪み度合いでいくなら、公共の場でマナーのかけらもないオッサンの方が、よっぽど「歪み」を抱えていると思うのですがw
 なので、ことさらに「プロレスラー」の「歪み」を取り上げて、どやさどやさ言う「意味」が、よくわからないのが正直なところです(プロレスラーの話題だから、という点を鑑みても)

 ・DQNの更生

 ちょっととらえ方が違うのかもしれませんがw
 「格闘家が格闘技を習って真人間に」という命題については、「その人次第」としか言えないのではないでしょうか。
 そして、それは「格闘技」に限らず、いわゆる「精神修養」ジャンル一般についても同様なのでは、と思っています。
 たとえば、「DQNが格闘技を習う」という行動に対して、「真人間になった!」「DQNのままだった!」というルートに分かれるとするなら、
 逆に「真人間が格闘技を習う」ことによって、「DQNになった!」「更に人間性が磨かれた!」というルートだって考えられると思うのです。
 で、各々のルートに分岐する条件としては、「その人間の資質」が、結局のところ、一番影響力が大きいんじゃないかと。

 というか、そもそも「成長」って何かネ、というギモンがあるのですけどね。
 DQN+格闘技=スーパーDQN、だって「成長」と言えなくもありませんしw

 以上、あいかわらず長文な割にまとまりのないあれこれでございました。すみませんすみません。
 後は、JUSさんがうまく切り分けて対処してくれると期待していますw

(あ、gyasya殿下の「カツゼツ」については、「すげーJUSさんすげー」と感心してしまいました。あの場にいた人間としてw)


 再びJIN@studio荒法師でございます。続けて申し訳ありません。
 ひとつツッコミ忘れていたので、その追加をさせてください。

 「プロレスを語るなら試合だけ語れ(大意)」についてです。
 それって、「ガンダム」や「歴史」を語るときに、滔々と「背景」について語っておられた方のゴイケンとしては惨いwと思うのですがどないでしょうか。
 「だったらユニコーンガンダム語るときも、ナンチャラいうMSだかMAだかの戦闘シーンを「Z」から語り起こすんじゃなくて、純粋に作画とかカットとかのみ語ってくださいYO!」とツッコみたくなってしまいます。

 結局、プロレスでもガンダムでも、「現象」だけでなく、そこに至る「道」を語ることもまた、おもしろい要素の1つだと思う次第です。

 というか、「今週の「おまえがいうな」スレはここですか?」ということでw

 以上、長い上に追加までして平身低頭でございます。

>JINさん

 いえいえ、いつでも古いエントリにコメント頂いてもよろしいのですよ?w
 一応、そういう場合でも僕にメールが飛んで来る仕様になっているので。時々エラーになってるっぽいですが。

 トモキンさん、アレでしれっとヒサシさん以上にあっち側に言っちゃう時がありますからねぇ。
 『だらプロ』を聞き直している僕としてはつとにそう思います。攻撃型MFですよ。
 あと、プル関連は僕の心の中のアレな辺りをくすぐるのであまりそういう嫌な例えに使われると嫌ですw。あれ?、『プリンセスプリンセスプリンセス』のCDはどこだ。

 悪質猪木信者ですか~。つまりプロレス論を語っている瞬間の僕にとってはだいぶん敵ですねw
 ま、僕自身もグレート巽を観ていて「ああ、キレイな猪木だ」って思ったりしますが。というか、カイザー武藤がいい感じの馬場ですよ。と、『餓狼伝』原作派として一言。

 僕も、鈴川というのはいいチョイスだとは思ってたんですよ。
 一部、コメント欄でも書いてましたが、結局、非プロレス者に訴求出来るプロレスラーって少ないんですよね。世の中の98%くらいにとっては髙田(←ちゃんと“はしごだか”にする辺りが偉いでしょ?)なんて「出て来いや!」って言ってた人でしょってなもんで、次点が「ああ、代理出産の」とかでしょうし。
 実際、三沢はまだしも川田だって非プロレス者に上手く説明出来ませんもんねぇ。
 そう考えると、プロレスってまだまだマイナー…と言うかどんどんマイナーですね。

 一般の方にも胸を張ってオススメ出来るレスラー・名試合って、面白いテーマだとは思いますがw

 プロレスの未来については僕としては「俺の言うとおりにしてたらあるかもしれない」って感じですけどねw
 古いプロレスとか観ると、ちょくちょく「お、これはコンテンツとして優秀だぞ」ってのもあるんですよね。野球よりはそういうコンテンツを産み出し易い存在だと思うんですよねぇ。

 で、「歪み」。
 一体 何が「(昔、そーいうタイトルのえろげがありまして)(知らんがな)」ですか。ふざけているのですか。僕のマイフェバリットエロゲーの名前を出しておいて「ありまして」はないでしょう。
 僕が一番好きなソフトメーカーがMBS TRUTHですよ。MBSっつったら毎日放送よりもメイビーソフトですよ。
 大体、何であのソフトはショートカットで水泳部で幼馴染なんていうキャラクターを出しておいてエロシーンがないんですか。ふざけているんですか。『真・脳力者』とか出すくらいだったら『真・歪み』を出すべきでしょうが。とりあえずMBS TRUTHの中の人に代わってjinさんが謝罪する事を要求しておきますw

 あ、やろうやろうと思ってた『PILcaseX』、やってない。あ~、無性に『学園ソドム』がやりたい。

 そして長州あたりについて。
 ん~、あの辺の歪みっぷりはいいんですよ。まだ。むしろゴルドーなんかについても割と許せるんですよ。
 でも、船木の殺人疑惑とかあの辺の後輩いじめは許せないんですよねぇ。この辺、微妙に言語化出来てないんですが。決して殺人と目玉掻き出しの行為の軽重じゃないんですよね~。

 更生については概ね同意です。
 結局、昔からアレな人間ってのは力でねじ伏せて行かないといけなくって、その為の方法論であると思います。
 だからそれを敷衍する事だけは勘弁な!というところえすかね。

 そして編集についてはもっと誉めて下さい。成長&増長しますんでw

 プロレスをガンダムに例えるのであれば、「プロレスの試合以外の事ばっかり語ってんじゃねえ!」は即ち「富野の奇人エピソードばっかり語ってんじゃねえ!」な感じじゃないですかね。
 作画とかカットについて語るのは技について語るのと似ている…、かな?w

もりくまです。別エントリーにコメントするからには、こちらの回にも
コメントするのがスジと思い、コメントさせていただきます。
まず、お礼から。私の発言に誠実に対応していただき、このような
放送に昇華させていただいたお二方、ゲストのトモキンさんには
感謝しております。ありがたく思い、何度も聴かせていただきました。
ありがとうございます。
そのわりに何の感想も書き込まなかったのは、私の言いたいことを
ほかの方がコメントしていただいため、言いたいことが無くなったこと
もありますが、正直、もうプロレス話は十分ではないかと思い、私の
コメントが議論になったり、またプロレス回が放送されないほうがいい、
と思ったからです。世の中にはプロレスの何が面白いか全く理解できない
人々が相当数いて、そういう方々にも申し訳ないですし。
プロレスラーがAV女優に例えられるように、プロレスを楽しむ行為も、
人を選ぶというか、性癖のようなものに思えてならないのです。
勃起する人もいれば、前立腺に刺激を感じる人もいるのです。もうこれは性癖です。
もっと言えば、私も前立腺に刺激を感じるような気がします。
プロレスラーが暴力的ということに対しては、未だに異論ありまくりですが、プロレスファンはどうかといえば、暴力的な部分は否定できません。
「折れ」だの「落とせ」だの平気で言いますし。歪なのは「演者」のレスラーではなく、「ファン」なのか。復讐するは我にあり、といったところでしょうか。
プロレスは演劇とのトモキンさんの発言はまさに、そのとおりであり、
試合外のパフォーマンスのスキルの低い選手に対するご意見は、全面的に
賛同できるものです。

>もりくまさん

 こちらこそありがとうございました。
 むしろああやってコメントを頂いた事でネタになったと、当日にトモキンさんとも申しておりました。
 やっぱり様々な思いが交差する方が発見も多いですから、今後とも何か気になったら仰って下さいませ。

 あと、プロレスについてはどんどんやっても問題ないと思ってます。
 極端に言えば、あんまり増えれば別番組したてちゃえばいいのでw

 “プロレスラーが暴力的”という部分については、ちょっと疑問が。正直、最初にコメントを拝見した時、「あれ?そんなこと言ったっけ?」ってなりまして。
 “格闘技をやっている人が歪”とは申し上げましたが、ちょっとニュアンスが違うかな、と。
 どちらかと言うと、“他人を害する行為を良しとする精神は、どこまで行っても思考としてはおかしい”って感じです。

 トモキンさんの発言はいいですよね。
 プロレスファンでありながら演劇に携わっておられるからこそ出て来るいいセリフだと思います。


第258回 平成23年2月17日 「S&Mスカイパーの六 桜川よ!私は帰って来たぁ!の三作目」 26分25秒

 さすがにラストの射導送水ゲスト回。

 ガンダム、ボトムズと来て今回は仮面ライダー。適当ぼんくらトークを御楽しみ下さい。

 途中、送水が突然の衝撃発言をするんでピーピー入ってます。ゆげ先生、ゴメンナサイ。



 今週の内容は…
  • ウルトラマンと仮面ライダーがたまらなく好き
  • リアルっぽい設定にやられちゃいます
  • 平成ライダーをゆる~く振り返る
  • 『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』
  • はしゃぐ四十二
  • まさかの告白

平成23年1月30日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/331

コメント(7)

JUSさん、お体の方いかがでしょうか?
土日祝日になると安心して体調を崩すラジオ好きから、お見舞い申し上げます。

>>仮面ライダー、ウルトラマン
お母さん狙いでイケメン俳優を起用。
お父さん狙いで昔のヒーローを再起用。
最近やりすぎ。
クリエイティブの欠片もない。
過去の遺産にしがみついてんじゃねーやい。
と思ってリンク先の動画を見たら、目頭が熱くなる事山の如し。
東映め・・・卑怯者!

>>はしゃぐ四十二
もこパレではしゃぐ送水に外れなし!
スカイプという拘束器具から解き放たれた彼を止めるものなし!

>>告白
コメント欄に書き込むと色々と差し障りがありますので、メールにて。

>ダンコンさん

 ようやっと60%という所でしょうか。飲酒復活です(またこれか)w

 そして、ダブル倉田てつをを観て目頭を熱くしている貴男にはこれを。
 結城凱が、ブライ兄さんが、仲代先生が、シュリケンジャーが…、みんな生きていたんだね!と妙に感動するいいシリーズです。

 はしゃぐ四十二のはしゃぎっぷりはこの日曜日からまた御送り出来るかと思いますよ!
 でも彼、はしゃぎ過ぎて最近、放送で使えない発言が多いんですよねw

 頂いたメールの内容についての御返事は近々放送内にてw

「普段は目上の僕のことすごくたててくれてるのに、『キッカワコウジってあんまり知らんわ』って言うた途端、カウンターから身を乗り出してきて、『それ、どういうことですか?え?どういうことですか?』ってすごい勢いで責められてん」という話を聞いたことがあるんですが・・・。

子供の頃から、仮面ライダーがあんまり好きでない理由が最近分かりました。
「いちいち変身せな、強くなれんのか!」みたいな乱暴な考えが僕を支配しているみたいなのです。
ダメなやつさ、俺は。

ぜんぜん無関係な僕でも最後のピーピー気になります(笑)

ピー音きになるなー。
あくまで推測ですがエラさんがらみでは・・・・

「告白」のピー音が気になります!
gyasyaさんの驚き方から推測すると、かなりスゴイ内容かと…?

送水さんがゲストだと桜川マキシムのテンションが変化しますね!
いつも落ち着いてる雰囲気のお二人がハイテンション↑↑
他のゲストさんの時は「お客様をお招きして…」な雰囲気だけど
送水さんの場合は「オチャメなおっさんがやってきたぁ!わぁ~い♪」
って感じです。←【注意】この雰囲気は大好きです!

またゲストで来られることを期待しています。

>>匿名のJUSさん
「この動画は、Toei Animation, LLC. さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました。申し訳ありません。」
・・・私が悪態ついたばっかりに。

>>42
送水さんは稀有なライブ向け人間です。
切ったり加えたりせず、そのまま生でご賞味するのが一番おいしく頂く方法なのではないかと存じ上げます。
直接見たことはないけれど。

>とっしゃんさん

 ぎゃははは。
 相方ならさもありなんですw
 番組内では僕を廻そうと常識人的に振舞いますがあれも一箇の変人ですからね~。
 ひとつあるのは、愛するアーティストでもその全てを押さえようとはしない人間ではある様ですよ。
 そして何だかスミマセンw

 ふむふむ。
 割とアメリカンな方の思考法に近いという事なんでしょうかね。
 彼らは変身というプロセスにあまり魅力を感じないといいますからね~。

 ピー音のフォローはまた次週、致しますw


>ジャザノバさん

 皆さんそこに行きますねぇ。
 その辺は上記の通り次週!w


>(=^(∞)^=)豚に真珠さん

 普通に笑えるお話ですので御安心をw

 ホント、送水さんとトークしていると彼の浮き足立ち感が伝播して来るんですよね。
 大人気ないけど子供には人気のある親戚のオッサンっていたりするじゃないですか。そんな感じですw

 また近々ゲストに呼びたいですね~。長くなるのが玉に瑕ですがw


>ダンコンさん

 記名忘れてましたね~。
 そして東映が仕事してますね~。
 なのでこちらをどうぞw

 そして送水さんについては仰る通りです。
 出来る限り生の送水さんを御届け出来る様、普段とは少々違う方針で編集しておりますよ。

 たまに舞台であがるけどw


第257回 平成23年2月10日 「S&Mスカイパーの六 桜川よ!私は帰って来たぁ!の二作目」 50分59秒

 何処の誰だ?送水を交えて一時間も喋ったら続きがあるだなんてとのたまわってなのは?
 まだまだ続くぜ、送水ワールド。
 見よ、このボトムズ適当トークを。



 今週の内容は…
  • 何故ガンダム!?
  • 俺がボトムズだ
  • 誰向けですのん?
  • 大人には薦めません

平成23年1月30日に収録
 さてさて、今週ですよ、もこパレ!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:500円(1ドリンク別)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/330

コメント(7)

スパロボにボトムズということで、「最後の敵はワイズマンやな、みんなで引き出し引っ張りだすんやな」と思いながら、しかし、『ペールゼン・ファイルズ』は劇場版をレンタルで済ませました、すいません。
好きなATはブラッド・サッカーです。
でも、グラントリー・ドッグはいや!

37歳の僕がボトムズ直撃世代でしょうか。ガンダムの洗礼を受けて、今日のいわゆるスーパーロボット系を「ださっ」と切り捨ててはみたものの、子供なんで、毎週見るのをいつしか怠りだし、「え?もう最終回?最後だけ見て、見ていたことにしよう」なんてしてきたやつは僕だけではないはず(笑)
VHSでダビングとなると時代的に高校生くらいにならないと難しかったので、もはやそこまでの意気込みには達せずに、「とりあえず、『ザ・ラスト・レッドショルダー』ってのを見ておこう」という展開でした。
だから、高二病にすら、到達していません(笑)
そんな俺にアームパンチ!

・・・い、いかん。何を書いているのやら。
そうそうボトムズTRPGってのがありまして、ちゃんとATのカスタマイズルールがあります。
持ってるだけで、遊んだことはないんですけど(笑)

>とっしゃんさん

 その様に、ボトムズと聞いて、“ワイズマンと言えば引き出し”なんて言っちゃう方には是非とも今すぐ『幻影篇』を観て頂いて、そしてズコーとこけて頂きたい物です。突っ込みどころ満載ですw

 ブラッド・サッカーは好きだけどグラントリー・ドッグは好きだって仰る気持ち、何となく判るなぁ。
 「『センチネル』好きだとは言うたけど、俺はΖプラスは認めてない」みたいな。違います?

 そうですね、直撃世代ですよね~。
 ま、とは言え、11・12歳でボトムズを全話欠かさず観てる方が圧倒的に不健全だとは思いますけどw
 そう言えばボトムズってガンダムと比べてVHS発売が早く、そしてレンタル屋に揃ってましたよね。総集編4本とか無駄に全TSUTAYAにあるイメージですw。大概『イクサー』とか『アムネジア』に挟まれて並んでる感じ。

 おお、ボトムズTRPG、楽しそうだ。
 異能生存体補正とかは…なさそうですねw

お久しぶりです。

あはははは、送水が入ると無条件にボンクラトークいなりますねww。こんだけ面白いんだから早くいい人見つかれば・・・・。会社以外で年齢の壁を越えてこういう交流ができるって素敵やん!

ボトムズをモチーフにした指輪がかなりイケてたという事位しか記憶にありませんが、機会あらば見たいですね。(でも相当つかれそうですがww)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B000B7CPLE/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=13299531&s=toys

P.S サイキッカーにはお馴染みの「山の牧場」の体験者である中山氏本人の語り!(実はリクエストしたの僕なんですよ)桜川マキシムでも「山の牧場」トークがききたいっス。
http://www.youtube.com/user/JunjiInagawaLove#p/c/6/Kw-MDcAm8MM

速水さん、素敵すぎる・・・
お独りなんですか? 
うーん、誰かいいひと・・・うーん、素敵すぎて釣り合う人が見当たりません。
まだしばらく独身貴族を楽しんでくださいね。

>ジャザノバさん

 お久しぶりでっす!

 見事なまでに全員が好きな事だけを喋るモードに突入しちゃいますね。場を乱す能力がある様でw
 でもそんな送水さんも「今回はこういう役割なんで○○に気を付けて喋って下さい」とか言うとガチガチになっちゃうそうで、本人も不思議がってはりましたよ。
 いい人の件は、↓の方で。

 ボトムズの指輪、いいですね~。でもこれを着けた状態でケンカしたら人死にが出そうw

 ありましたね~。山の牧場。
 明確な怖さが無くても怪談として成立するもんだなぁと感心しながら聞いた覚えがあります。
 怪談トークか~。無神論者が語る怪談トーク。凄えハードルが高いですねw


>ちんさん

 いい人ですねぇ。
 一応、もう秘密ではない筈ですが、その辺のトークはその内『さばラジオ』でネタにされるんではないかと思います。
 ま、白鯨内だとさんざっぱらネタにされると言うか先日のもこパレでは本人も…。そんな感じですよ。

 なので、送水さんに対しては「独身貴族を楽しんで欲しかったのに~!」てな感じでいじめてやって下さいw
 いや、まだ独身ですけどねw


 お久しぶりで御座います。JINでございます。現在、よーやく送水たんとのキャッキャウフフをタンノウ中です。もこパレ音声も楽しみにしております。何があったんやー<一部で話題になっていると聞き及んでたり。

 というわけで、第1回目でマンゾクしていたらまだ1時間w更に第3回wwwなんという俺得wといった状態です。

 なんといいましょうか「もう1滴も出ないよ~」とゴマンエツなところへ「まだまだ夜はこれからヨ(ニヤソ)」とほくそ笑むおねーちゃん、みたいな痴女系えろまんがを思い出してしまいました。なんだかよくわからない連想ですねすみません。

 と、そんな前フリはさておいて。

 個人的には、高橋監督と言えば「リアルバカ一代」といいましょうか、「常識人の皮を被ったヘンタイ」という認識なので、JUSさんとはかなりイメージが異なりますね。

 トミノ御大と比べれば、そりゃ常識的かもしれませんがw

 孫弟子(らしい)谷口悟朗からして「無限のリヴァイアス(SF版「蝿の王」)」やら「コードギアス(イケメン幼なじみに妹から皇女から寝取られて革命に走る喪男の話」)」やらですから、師匠たるや推して知るべしではないかと<かなり偏ったご意見。

 「タンスの引き出しをあけてボトムズごっこ」をやった世代の思い出話をすると、放送当時、関西では同時間帯に「魔法の天使クリーミーマミ」をやってまして、「SFリアルロボスキーvs萌え豚」という、ロクでもない争いが繰り広げられていたハズです。

 もっとも、ウィキペディア兄さんを参照すると、関西での放送はカブってないっぽいので、一部に記憶の混乱があるかもしれません。送水病ということでwww


 え? わたしですか?

 わたしはそのとき、曜日は違いますが「第1話冒頭からいきなり恋人とセクロス>父親に見つかって銃もて追われる>うわ! 時空トリップした!」というステキアニメ「超時空世紀オーガス」に夢中になっておりました。

 モームかわいいよモーム。

 「女性は一定年齢までに結婚して子供を産まないと、子供の産めない産業廃棄物扱い」という設定は、今だと田嶋陽子あたりがだまっていないと思われる作品でした。

 「ガサラキ」は、いわゆる「著名クリエイタァによる「オレならエヴァをこう作るね!」」作品の一つととらえています。ミサトさんとかロン毛とか出てきますしw

 エヴァ以後、こういった「おれエヴァ作品」が作られてはヘンな方向にさまよう、というオチが繰り返されていて、好事家としてはウハウハしていたオモイデがあります。

(例:ガサラキ(何故か能)、地球少女アルジュナ(何故かエコ)、天空のエスカフローネ(敵がキチガイ美少年だと思ったら妹だった))


 個人的には「時計仕掛けのオレンジ」よろしく、送水たんをシバりつけて「ガサラキ」全話を見せて感想をお聞きしたい所です。あるいは、いきなり「北斗の拳」になる「レイズナー」とかw

 射導送水登場! そしてお二方とgdgd、は是非とも継続していただきたい企画ですが、聞いてる方もしんどいwので、年に一度のお楽しみくらいがちょうどいいと思います~

>JINさん

 こちらこそ御無沙汰をしております。
 新しい御仕事が大変 御忙しそうですね。体調崩されません様、御自愛下さいませ。この放送がその一助となれば幸いでございます。

 どうやら、送水さんは僕と絡むといい具合に暴走されるみたいなのでこの放送を安定供給したいなぁと思う今日この頃です。乞う御期待でございます。

 「リアルバカ一代」w
 なるほど。リアル方面にアレだと理解すればいい訳か~。確かに、そう言われればおかしな人だなぁw
 どうしても、富野・押井というアレな人々と日々触れ続けているせいで、高橋良輔が凄くまともに見れちゃうんですよね~。

 谷口悟朗は高橋良輔よりも師匠の影響じゃないでしょうか。どうやらカワッセ・グーとそして、あの、今川泰弘が師匠らしいので。そりゃあ、ねぇ。

 「タンスの引き出しをあけてボトムズごっこ」をやった世代wせまwやりてえw「やめろ、キリコ。やめ…ろ…」w
 僕も「クリーミーマミ」好きなんですけど、って事は遂に僕も今 流行の萌え豚の仲間入りですね。ビバ蝉時雨w

 「オーガス」観てないなぁ。リアルタイムである4歳当時にそのタイトルを聞いた覚えすらなかったんですよね~。何でだろう。多分、キン肉マンと伊賀野カバ丸に心奪われ過ぎてたのかしら。

 ありましたね~。「おれエヴァ」。
 エスカフローネよりはラーゼフォンの方が「おれエヴァ」な気もします。あ、あれは「おれライディーン」かw
 あと、わざわざ思い出をカタカナで書かないw

 「ガサラキ」全話はきついなぁw
 「レイズナー」はまだ楽しめるでしょ~。ゴステロとか、ゴステロとか、あと、ゴステロとか。オカマキャラを演じている生き生きとした三ツ矢雄二とかw



第256回 平成23年2月3日 「S&Mスカイパーの六 桜川よ!私は帰って来たぁ!の一作目」 65分47秒

 ついにあの男が帰って来た!満を辞しての登場だ!!
 そう、『さばラジオ』の射導送水だ~!!!

 てな訳でようやっとのお待たせで福井の可愛いおっちゃんことグチサカさんが出て下さいました。
 御題は『劇場版 機動戦士ガンダム00 ―A wakening of the Trailblazer―』!
 超ネタバレトークなので御注意あれ~。



 今週の内容は…
  • サッカーとさだ
  • 一年ぶりの射導送水登場!
  • 観てる人と知らなくて観た人と途中まで観た人
  • 『00』対『SEED』
  • 泣く為には

平成23年1月30日に収録
 さてさて、結構前の収録でしたが、JUSが射導送水さんと『インターネットラジオAV人生相談』にまた出た回がアップされておりますよ!
 いやぁ、五太郎さんの編集のおかげでグダグダっぷりがなくなってますなw

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/329

コメント(3)

ボトムズを語る予定+ゲスト企画。
「これは福島のおっちゃんが来るに違いない!」と予想したら、ビンゴ的中大当たり。
そしてやっぱり案の定、1円にもならないオッサン三人のぐだ喋りがたっぷり一時間。
ギャップ埋まってないよ!
リベンジなってないよ!
JUSさん、例えが例えとして機能してないよ!ごく一部の人しかわからないよ!
でもすっげー面白いよ!
廉価版をケンカ版と読み、事ある毎に話の腰をバッキバキ折るいい感じの面白ポンコツおしゃべりマシーン射導送水ここにあり。
それにしてもgyasyaさんの得意不得手分野がいまだ掴めておりません。
{パタリロをはじめとしたチョイ昔の漫画}{小説}{映画}{演劇}オタクでよろしいですか?

>>ガンダム
送水さんとgyasyaさんの反応が「今日ターンAの最終回だからみれ」と言われて見た結果、ポカーンとなったかつての自分と重なります。
ガンダムが好きです!と一言で片付けられないくらいファン間に深くて大きな溝がありすぎですね。
私は「スパロボから入って中途半端に齧ってそのまんま」、なJUSさんが嫌悪するタイプの人種です。
アニメはゲームの間を埋める物、という姿勢でガッツリ又はちょいちょいつまみ食いしてました。
そのゲームをやる事もなくなった結果、アニメ見る機会も自然減。
昨年唯一みたUCも、それ単品というより‘JUSさんの解説込み‘で楽しみました。
OOは、いや~、見る気起きません。
腐女子のズリネタをぶら下げられているようで・・・とここまで言うと偏見が過ぎますね。
あれ、チンチンない人どうやってタチネコさせるんだ!?

だから、僕は・・・ラーディッシュのクルーが「エマ中尉を見捨ててはおけません」っていうところで・・・とはいいつつ、すっかり業が抜け落ちてきてしまいました。
でも、そのジェリドはいい。
超訳Zやりましょう。

前にも書きましたが、ダブルオーは乗り切れないまま、第一部の数話だけ見て終わりました(あ、最終回だけは見た)。
送水さんと同じで機体もキャラもデザインがあまり好きでないです。
普段、あんまりガンダムを見ない人が見ていた印象です。

SEEDはなんだかんだで結構見ました。
卑怯だ卑怯だと思いつつ、インフィニットジャスティスガンダムから目が離せなくなりました。
あんなにいやらしい機体はいかんです!

バーン・バニングスかあ・・・。

>ダンコンさん

 ダンコンさん、彼、福島やない、福井や!w
 そんなに近かったらそれこそレギュラーかってくらいに出てそうですw

 そして高評価を頂きましてありがとうございました。
 まぁ、送水さんを御呼びした時点でこうなっちゃうのは当然でしたね。まことに面白ポンコツおしゃべりマシーン。
 あと、「ケンカ版」という発言、実は意味が判ってなかったんですが、「廉価版」の事だったんですねぇ。あのポンコツめw

 gyasyaの得意分野、確かに判りにくいかもですね。
 漫画ですと『パタリロ』と『奇面組』が彼のツートップですね。あと、音楽はかなり好きかな、と。
 総じて華々しくてタレントフルな物が好きな様ですよ。

 確かに、ターンAの最終回とかぶる物がある話かもですね。そりゃぁ初めて観れば置いてかれちゃうだろうってもんですね。あっちは繭でしたがこっちは…、ネタバレなんでやめときます。

 僕が嫌いなのは「スパロボから入って中途半端に齧ってそのまんま」とはちょっと違いまして「スパロボで触れただけなのに知ってる様に振舞う」ですね。
 しょっちゅう「嘘でも俺の前では『まだ観ていない』って言え」って言うてましたw

 『00』、意外と観れますよ~。『W』よりはズリネタ臭が少ないと思いますよ。
 タチネコさせるにおいては問題ないんじゃないかと。腐女子どもは平然と性転換させますからねぇ。片方の男性キャラが何故か女性化して、出産したりとか想像の斜め上な自体に行ってたりしますからw


>とっしゃんさん

 そうそう、ああいうシーンでグッと来ますよね。
 でも個人的にはあそこで「オマエの恋愛に他人巻き込むなよ…」って思っちゃったんですがw

 新訳Ζならぬ超訳Ζw
 明るいイデオンがありましたけど、それと同じくらいのはっちゃけっぷりでひたすら燃えるΖもいいですね。『イボルブ』枠でやってくれないかなぁ。ジョニー・ライデンをΖに乗せたりしたんですからねぇ。

 確かに、00は普段とは違う層が受け入れていた気がしますね。
 そういう意味では普通にコードギアスの層が観ていたのかも。
 個人的にはSDガンダムで慣れてたので、あのメカデザも大丈夫でした。

 でも送水さんもSEEDははまってた訳で、インフィニットジャスティスはありなんですね。個人的には00とあんまり変わらん気もしますが…w
 あ、変形する機体としては00よりSEEDの方が良かった、ですね。

第244回 平成22年11月11日 「S&Mスカイパーの五 ちんさんが地球の裏側からこんにちは…改めましてこんにちはの二発目」 48分21秒

 さあさあ打って変わって今回は艶っぽいお話目白押しですよ!
 ポッドキャストでもこれだけの回数、女性の口からセックスだのフェラチオだの飛び出す放送はなかなかありますまい。

 あと、前回 何の反応もなかったので僕のコーラス成分をちょっと強めておきましたw

 最後になりましたが、ちんさん、御出演誠にありがとうございました!
 この回もまた、当番組を良き方向に流れを変える事になると思いますです、はい。

 今週の内容は…
  • アメリカ行きてぇなぁ
  • アメリカの性のリアル
  • 『SEX AND THE CITY』
  • 何でレズにならないんですか?
  • どこにいるんだ肉食系

平成22年9月26日に収録
 今回の関連エントリ

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/303

コメント(5)

皆様、驚かれましたでしょうか。私の喋りの下手さに。
もっとすっきり話せればいいのですが、なんかすっごい舞い上がっていて、同じフレーズを繰り返したり、話の流れが統一できてなかったりと、なんとも恥ずかしいやら、悔しいやらです。もっと上手にできたのに、フェラチオって発音。

JUSさん、gyasyaさん、ありがとうございました。
また胸を借りに参ります。ペコリ。

今回はいったい、どんなコメント残したらええのんやろ(笑)

「クロワッサン症候群のセカンド・フリーセックスなわけですな!」とか(なんだよ、クロワッサン症候群て)。

「セックス・アンド・ザ・シティ」は映画版(かな?)をテレビでやってたのを見たんですが、「つまんねんなあ」と思って、途中でチャンネル変えちゃいました。
ブリちゃんが標準なのか・・・怖いな(笑)

うちの一族はハゲ家系なんですが、どうだろう、ボク、性欲強いのかしら。もう何年も対外的(?)に試したことがないので分からないですな(笑)

とっしゃんさん、困らせてしまってすみません。
出演者として、返信いたします。

人は考えてから喋る人と、考える前に喋ってしまう人と二通りあると思いますが、私は後者で、アホと呼ばれております。

「白人男性中心主義社会」という言葉を繰り返しましたが、それは「既得権益者」と置き換えて頂くと、より主旨がお分かりいただけるかと。
それがもしパンダであるなら「パンダ中心主義社会」になろうかと思います。

「気持ち的に男になる」という発言は、フェミニストを自称する私としましては、痛恨の失言暴言。全くの的外れです。「ジェンダーから解放される」と訂正しておきます。

あと「男に対するガッカリ感」というのも失言ですね。「既得権益者への反抗心の表れ」とでも受け取ってください。

放送を聞き直して、人は自己主張を繰り返しながらその生を全うしていくものなのだと、改めて自覚いたしました。私、なんか歪んでますね。

セックスは生の核であり、源であると思います。
私も照れがあるので、こんな風におちゃらけて喋ってましたが、きちんと語れるようにもっと勇気をもって向き合いたいと思います。

愛だよ、愛。愛がなけりゃぁ、男じゃないね。

またしても「男」と限定してしまいました。「パンダ」にしておいてください。

 何だか御返事が遅れてしまってすみません。パソコンに向かえる時間が全然無くって(言い訳)

>ちんさん

 いえいえ、とっても刺激的でしたし面白かったですよ~。
 フェラチオのもっと上手い発音には興味深々ですけどw
 次回にはその辺も、是非w

 そしてそして、僕も考える前に喋ってしまうんですよ。ネットラジオを始めて段々と“喋りながら軌道修正をする”って技を覚えて来てる感じです。そして編集w
 ジェンダーやセックスの話は次回に御出演して頂く際にまた深く御聞きしたいなぁ。
 既得権益者への反抗心ってのは、男性の“フェミニストの主張に対する違和感”を埋めるいい論点かもとも思いますし。
 いかがでしょうか。


>とっしゃんさん

 ありましたね~、クロワッサン症候群。正直、「それを乗り越えるから不惑っつうんだろうが。昔っからある話じゃねえか」とか思っちゃってましたがw

 そうそう、SFとかサスペンスとかミステリ系のドラマをよく見るタイプにはちょっと縁遠く思っちゃいますよね、セックス・アンド・ザ・シティ。

 結局のところ、性欲が強いかどうかって体外的に試す気の問題な気もしますw
 最近はどっちかって言うと、性欲が強いかどうかとかあっちが強いかどうかより、自分が敏感な方が幸せかも、とか思っちゃいますw

☆ちんさん
いえいえいえ、とても面白かったですよ!
もう少し落ちついてコメントを書けばよかった。
寝オチ寸前だったもので(笑)

僕は「視点を増やしたい」という欲望があるようなのです。
一つの事象が、一人の人間の意見で、ぜんぜん別の風景が見えてきたりする瞬間が好きです。自分の知らないことを肌で感じてきたり、経験したりしてきた人の話はそれだけで楽しいです。
今回のちんさんの話もそういった意味で興味深く、感心しながら聞いてました。

自己主張を繰り返しながらその生をまっとうしていく、って名言ですね。


アメリカンドリームが
やって来る

第243回 平成22年11月4日 「S&Mスカイパーの五 ちんさんが地球の裏側からこんにちは…改めましてこんにちはの一発目」 34分10秒

 改めましてちんさんゲスト企画でございます!

 今回は日本にいるとなかなか聞けないアメリカのミニマムな政治の話・自治会から始まって中間選挙で盛り上がる大統領選までを眺めます。

 最初の方、出来ればヘッドフォンで聞いてみて下さいねw

 今週の内容は…
  • 改めましてピンクのちんさん
  • アメリカの自治会って?
  • 日系人会って?
  • 大変そうだねオバマ君
  • 中間選挙ですね!

平成22年9月26日に収録
 今回の関連エントリ
 次の『もこパレ』は来週の11月10日の木曜日ですよ!
 トリカゴさんも来るぞ!!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:無料

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/301

コメント(7)

大敗しましたね(笑)
いや、皮一枚はつながっているのかな・・・。

なるほど、この時期に狙いをつけての、満を持してのちんさん登場だったわけですね。
今回は「へえ」と呟きっぱなしでした。
あと、「変えたらええやん」や「親中でも自立したほうがいい」あたりにピクっとなりました。

ヒラリーか・・・。
もし、ビル・クリントンが大統領になったら、そのへんにさばけていて、且つモニカ以上に繊細なテクニックを持った方を送り込んで、骨抜きにしちゃえばいいんじゃないかと思ってしまいました。
ごめんなさい。

全ては独学である、って僕も使っていいでしょうか。
キートンは「大臣でも黙りなさい」って言ってましたねえ(笑)

 尖閣ビデオ流出か~。どうなるんだ、この国w

>とっしゃんさん

 ビックリするくらい負けましたね~。

 タイミングについては“素晴らしいでしょ?”と言いたいところなんですが、全くの偶然でございますw
 ホントにたまたま中間選挙に上手くかぶりました。

 「変えたらええやん」と「親中でも自立したほうがいい」は僕もビクンビクンと反応してしまいましたよ。特に「親中でも」は、今、敢えてそれを言う政治家がいたらちょっとなびいてしまいそうなくらいですw

 ハニートラップについては、小沢や谷垣も前科者な訳でw

 「大臣でも黙りなさい」言うてましたねぇ。
 みんなで「全ては独学だ」っつって、御行儀の良い東大生をいじめませうw

お粗末様でございます。

ものすごく気楽に発言したのですが、刺激がございましたか。
その発言の基本は、やはりアメリカの現実主義の姿勢です。
アメリカは200数十年の歴史しかありませんが、その間大きな国家の屋台骨をゆるがすような変革の起こらなかった、新しくて古い国です。それをなしえた要因は、現実に即した変化の積み重ねがあるからだと思います。

そして現実主義を貫くアメリカに追随するばかりではなく、理想主義に陥る轍を避け、理想を実現させることにこそ意義を見いだし、現実主義に合わせて自らステップを踏む事で、今の混迷する国際社会を、それこそ「日本国」として生き抜くことが出来るのではないかと思うのですが。

敗戦から65年。そろそろ「出藍の誉れ」と言われてもいい頃ではないかと。我々はそれ以上の代価を払い続けているます。

ブログに書こうか、メールで話そうかとも思ったんですが、ここでの発言に端を発しているのでここに投稿します。

えーちょっと思い出して読み直しているのですが、『アメリカを支配するパワーエリート解体新書』by田中安彦(副島国家戦略研究所研究員!?)によりますと、オバマの後見人として名前があがっている人物の一人に、三極委員会事務局長ズビグネフ・ブレンジスキー コロンビア大学教授・元国務省スタッフ・カーター時代国家安全保障担当主席補佐官・反共・対ソ強硬派・アフガニスタンの反共武装組織「ムジャヒディン」への支援を自ら陣頭に立って行ったこともある(あちゃっ)民主党員。政治評論家によると「オバマは不レンジスキーがコロンビア大学時代から育てた政治家であり、その狙いは中央アジアでアメリカとロシアとの対決をやらせることだ」という事だそうです。鵜呑みにすると。

もともとオバマが全米デビュー2004年の民主党大会でのスピーチを聞いて、この人共和党でもいいんちゃうん?と言う人もいましたしね。民主党と共和党の差が無くなったとも言われていましたし。

それを念頭においてその後の彼のノーベル平和賞受賞とアフガニスタン増派兵などの流れを合わせて考えてみると、なるほどさもありなんなんですが、仮想敵国ソ連の崩壊により一応東西冷戦は終わった今でも「反共」という理念は残っておりますので、恐らくアジアにおける冷戦の亡霊「中国共産党」が仮想敵国としてターゲットになりつつあるかもしれませんね。

中国共産党はソ連とは袂を分かっておりますし、西側に切実に入りたがっているので、ロシアは我関せずでしょう。

あのね、面白いんだけど、旧ソ連出身者ほど反共に走りたがる傾向がある。
やはり「人はパンのみに生くるにあらず」はペザンツには理解できないと見た。

ということで「中国寄りでもいいから上手く立ち回って欲しい」という発言は不適切であったという結論ですね。今の大きな流れの中では「中国寄りでは上手く立ち回れないから、三国軍事同盟、パールハーバーの二の舞は踏むな」と言わざるを得ないと言う事ですね。小沢、読み違えたな。ヒラリーも悔しいだろう。

奇しくも小泉がWに頭をなでてもらいに行った首相卒業旅行でプレスリーの物真似をして、イスラエルを訪問していたのが思い出されますね。

>ちんさん

 いえいえ、大変御馳走様でございました。

 特に「親中でも」ってのは今の日本にいてますと中々に過激発言ですよ~。特にこの数日間w

 アメリカの現実主義の姿勢ってのは、日本にとっては手が届きそうで遠い存在に見えます。
 日本って万世一系とか言いつつ、実際に世界最古の王朝を有している癖にあまりにも大きな敗戦とそれにまつわるエトセトラのせいで歴史が断絶している古くて新しい国ですもんね。
 何だか素人童貞みたいな、そんな感じなんですよね、現状。もう一発何かを期待する心情は厳に戒めつつ、変革を真剣に考える必要はあるなぁと思います。特にこの数日間w

 反共についてはフムフムな感じです。
 確かに、オバマの出現期って、民主党と共和党の差が小さくなったって言われてましたねぇ。

 日本にとっての戦争がいつまでも喉に突き刺さった小骨の様に神経をさいなむ様に、アメリカにとっては反共というスタンスがそれと同じように働いている感じなんでしょうかね。
 これまた日本に住んでいると想像しにくいアメリカの見えにくい部分ですねぇ。凄く面白いです。どうですか、このネタでもう一回ゲストとしてw

 対中国って面で言うとそろそろスタンスを決めつつ、それでいて軟着陸の出来るポイントを探す時期になってるんだろうなと思います。
 確かに、パールハーバーは避けたいですもんね。そして小沢w
 個人的には“近くて遠い隣人”にしておくべきって感じですかね~。

反共とか民主化とか体裁の良いこと言ってますが、本音は、中国市場開放、利権争奪、どさくさにまぎれて借金棒引きだと思いますよ。
アヘン戦争よ再びじゃないですか? きっと。

>ちんさん

 なるほど~。借金棒引きになるんだったら日本も乗っかりたいなぁw

 結局のところ日本の景気なんて朝鮮特需の食い潰しだって言ってた人もいますからねぇ。

第242回 平成22年10月28日 「S&Mスカイパーの五 ちんさんが地球の裏側からこんにちは…だけど土の人たちの続編のニ個目(一旦完結)」 28分3秒

 待った?w

 いやぁ、改めて聞いてみると、やっぱり二回に分けて正解でしたね。分けてないとちょっと胃もたれ起こしちゃいますw

 てな訳で、前回の続きで自治会の臨時総会レポートでっす。
 さあ、御楽しみあれ~。

 今週の内容は…
  • マイクを握ったJUS君
  • そして強行採決
  • 次の会長?
  • 義憤に燃えてます
  • 燃え過ぎてファイヤー
  • 自治会に絡んでゲットマネー

平成22年9月26日に収録
 今回の関連エントリ
 今回のネタに絡んであの!ちゆき女史がウチを紹介して下さってますよ!嬉しい!!
   『ちゆきのネットラジオ大好き!』 「土の人たち(桜川マキシムより)」
 そして前回の『もこパレ』音声を配信すると共に『さんだ☆へたれいでぃお』で当日の様子もレポートして下さってます。何気に聞いててめちゃくちゃ誉められてて電車の中でちょっと照れましたw


 そしてそして、『青春あるでひど』にJUSがまたゲストで出ています。
 こちらは10月度の『もこパレ』時に収録の物。これまたドゾー。


 あれ?って言うか、5年目突入?w

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/299

コメント(7)

お、ついに5年目ですか。
おめでとうございます。

『気分はもう戦争』といえば、「これは大人の漫画だからきっとエッチなシーンがあるに違いない・・・うーん、なんだか、この大友って人の絵は男か女か、よーわからーん」と思った小学生のあの日を反省しています。

一年後、MBSの憤懣本舗(?)あたりに取り上げられているような気がしてきました(笑)
JUSの奥さんの内助の功はあるわ、NYからクロスボールが飛んでくるわ、ネットに流されてるわ、相手は予想もしていないでしょうなあ・・・。
そのうち、JUSさんの家に、取り込み交渉に来ると思うな。「ここは男同士、腹割って、飲みながら話しようや」みたいな感じで(笑)

5年目おめでとうございます。益々のご発展を心よりお祈り申し上げております。

改めて聞かせて頂くと問題点が明確になりますね。

お二人って、敵にすると怖い。

ありがとうございました。楽しかったです。また呼んでね。
NYから神戸新聞頼んでも洗剤くれるのかなぁ。その事の方が気にかかる今日この頃。

>とっしゃんさん

 それもこれもとっしゃんさんを筆頭に、ちんさんや…って挙げると切りがないですがリスナーさんの応援があってこそでございます。
 感謝感謝でございます!

 おそらくオートモにエッチなシーンを求めてモニョモニョするってのは、彼の絵のあの独特の色気の無さ加減が原因なんでしょうね。
 オートモにはもうちょっと士郎正宗の色気を分けてあげたら二人とももう少しいいバランスになる気がしますw

 憤懣本舗w
 取り込み交渉に来られたらそれこそ録音して晒し物にしてやりますよ。
 しかも録音場所が僕の自宅ですから、堂々と世界中に発信してやりますw


>ちんさん

 それもこれもとっしゃんさんを筆頭に(以下略)w
 いや、本当に感謝感謝でございます!

 敵にすると怖いって仰って頂くからには結果を出さないといかんですね。
 リスナーさんからも攻め口を指摘頂いたりで、それはまた御報告致します。

 こちらこそ楽しかったですよ~。
 って言うか、この後に公開される音源も段々と編集が仕上がりつつあります。面白いですよw
 是非ともまた、御願い致します。

 NYに来ないですか?神戸新聞の勧誘。ファミリーランドの入場券とか持ってw

30万か・・・町議会議員でいいじゃないですか?JUSさんw

>@kumaさん

 ボーナス別だったらいいんですけどね~。
 数年後に職を失う可能性を考えるとちょっと微妙じゃありません?w

ほら!ボーナスはあるでしょう?色々とwねぇ。
数年ごとにレベルアップチャンスが確実に来ますね。1か0か
それこそ、元〇〇議員の肩書きがあれば、ライターや講演活動にも生かせるしw
でも、権力に魅力を感じる野心家でないとやらないかなぁ。
そして権力は握らせてもらえない。と

>@kumaさん

 確かにボーナスだw
 じゃあやっぱり町議会議員からどんどんクラスアップしていかなあきませんね。
 講演活動も魅力的だなぁ。そして講演内容をまたポッドキャストに落とし込んで行こう、と。

 野心については色々と持ち合わせてまして、今後も色々と動こうとはしてるんですけどね~。政治とは別方向ですが。ええ、金儲けですけどw


NYと言えばこの方
第241回 平成22年10月21日 「S&Mスカイパーの五 ちんさんが地球の裏側からこんにちは…だけど土の人たちの続編の一個目」 18分47秒

 やあ、みんな、待ちくたびれちゃったかい?
 週二回更新でまさか蔵出が間に入るとは思わなかっただろう?
 でも、ようやく、自治会トラブルの話の続きだよ!
 しかも、今回からはゲスト企画も兼ねてるのさ。ゲストとして出て下さったのはそう!あの方!トップ・オブ・マキシマーの一人、ちんさんだ~!!!

 二回に分けてるので、またちょっと焦らすよ~w
 間にイベント音声挟むよ~。

 今週の内容は…
  • 桜川マキシムのモモレンジャー
  • 行って来ました臨時総会
  • 議長選出から大揉め
  • ディスカッション開始
  • やっぱり敵

平成22年9月26日に収録
 今回の関連エントリ

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/297

コメント(11)

その ちんさんの反対側に今います。
タイ古式マッサージの使い手です♪

いいヒートアップぶりで、そして

「ええええ!!ここで次回に続くの!!!」と、
のけぞってしまいましたw

ドラゴンボールぐらい次回が気になる構成w

え?1500万の工事を以前にしていた。。。
ブハー。。。


それよりも、当時、築10年数年ぐらいですよね? それで、シロアリが指摘される事って、本当なんですかね。。

全然想像がつかないので、適当に予想してで、申し訳ないんですが、築10数年ぐらいでシロアリが来る家って、シロアリが好きそうな立地で、さらに、床下が本当に通気性が悪い所でないと、シロアリも住めないハズですけどね。。

次のアップの頃には日本です。

も、もう限界。。
このスピード。。

次回も楽しみにしてます♪

どうも。コメント欄ではご無沙汰してます。今アメリカにおります。こちらは午前 2:00。時差ボケでまったく寝れません。

ICレコーダー・トリカゴ1号が活躍しているようですね。嬉しい限りです。

この回は衝撃的。来週が楽しみ過ぎます。


>>ちんさん

明日から New Yorkです。オススメの古本屋と床屋がありましたら教えてください。

え?もう終わり?
めちゃくちゃええところで終わってるじゃないですか!(笑)

JUSさんにしても、相手にしても「意外な犯人」を見たような感じでしょうか。
しかし、3000万も持ってるっていうのはすごいなあ。
図に乗りますな、それは。
でも、「戦ってきた人」ではなく「戦いそびれた人」たちのような気がします(笑)

それにしても、ちんさん、こんな声してはるんですね。
ええなあ(笑)

>タイ古式マッサージの使い手さん

 次にコメント頂いたトリカゴさんもそうですが、コメント欄も含めて異常にインターナショナルですねwすげえw

 ジャンプ漫画みたいでしょ~。でも、ここで続くにしたのには重大な、そして誰しもが「なるほど」と言ってしまうある理由があるのです。
 それは、「編集が間に合ってない」から!

 スミマセンw

 一応、シロアリについては喰われている場所も見たので確かではあります。
 実はこの集会所、周りより土地が低くて窪地になっていて、また、周囲が森になっていて川もあるという、おそらくシロアリにとっては超素敵立地なんです。ホント、もう集会所なんて要らないですw

 回線速度って日本、ダントツ世界一ですもんね。格差が半端ないっすよねw
 続編は快適に御聞き下さいませませw


>トリカゴさん

 これはこれは。今回の放送の大功労者、トリカゴさんではありませんか。大感謝でございます。今後もトラブル音声を録りまくりますよ!w

 そちらはもうかなり御寒いと思います。何とか睡眠を取って御自愛下さいませ~。


>とっしゃんさん

 上でも書いてますが、そういう理由なんです。3人収録の音声の編集って、2人収録の倍以上かかるんですよね。言い訳ばっかりですね。スミマセンw

 あの、ええ年したおっさんが目を合わせる度に少しキョドるのが楽しかったですwざまあみろ、でしたw
 3000万はいかついでしょ~。あいつら、「ワシらが死ぬ前に使っちゃる!」って思ってますよ、絶対。

 そうそう、「戦いそびれた人」だと思いますよ。何せ弱かったんでw

 ちんさんの声、色っぽいでしょ?
 現在、『AV人生相談』のナレーションをされている方と並んでポッドキャスト界の色っぽい声ツートップだと思いますw

お二人様、お相手&編集おつかれさまでございます。
皆様、お恥ずかしい限りです。
前回の蔵出マキシム「誉められると嬉しい、貶されると楽しい」がいい前ふりでございました。お心遣い痛み入ります。

古書店は、趣味の
Argosy Book Store
http://www.argosybooks.com/shop/argosy/index.html
116 E 59th St
New York, NY 10022-1395
(212) 753-4455

トートバッグが人気の
Strand Book Store
http://www.strandbooks.com/
828 Broadway
(between 12th St & 13th St)
New York, NY 10003
がお薦めです。

Barberなら、Upper Eastのエレガントな老舗
Mole Paul Barber Shop
1031 Lexington Ave # 1, New York, NY 10021-3525
(212) 988-9176
はいかがでしょう。

St.Marks / Astor Placeあたりに行くと、日系美容室が結構あります。

NYは少し冷えてきましたがお天気にめぐまれそうです。楽しんでください!

>>ちんさん

ありがとうございました!早速明日行ってきます!
NYは思っていた以上に寒くてビビッています。
取り急ぎお礼まで。

>ちんさん

 こちらこそありがとうございました!
 最初は恥ずかしいですけど、慣れて来ると楽しいですよ!どうですか、継続時にw

 しかし、英語の住所がコメント欄に入るだけで一気に御洒落に。行きてえなぁ!

うは
早速盛り上がってますねw
自治会アナドルなかれ。
次々と明らかにされる謎と巨額の資産、そして因縁の敵との遭遇

なにやら
宗教ネタに引き続き、キラーコンテンツ誕生の予感がひしひしと…

ローカルネタをグローバルに展開中 すげぇえ
次回、NYからのリポートを楽しみにしております。

ミステリみたいでおもしろいですなw
ところで、どの怒鳴り声がJUSさんなんです?

こんばんは、続きが気になるなあ。この言葉が内容に適切なのか怪しいのですが、聞いててこの単語が浮かびました。「老害」。

>ウシヲさん

 そして明かされる衝撃の事実!

 「I'm your father.」
 「Nooooooooooooo!!」

 いや、オトンいてますけどねw
 っつうか、腕切り落とされるのイヤですしw

 宗教と政治。あとは野球でキラーコンテンツを打ち立てれば番組の方向性が説明し易くなりますね。
 次回はこの続きなので、NYリポートは更にその次回です~。


>@kumaさん

 解決出来るかどうか判らないミステリ、それは現実!w

 この部分はまだ序盤なのでニヤニヤして眺めておりましたw


>bunaさん

 尊敬出来る御老人も多々おられますし、そういう人とは仲良くする気満々なんですけどね。
 こういう連中には年金1円も渡したくないもんですねw

第230回 平成22年8月26日 「S&Mスカイパーの四 江戸っ子さんの御講義を拝聴・B part」 46分59秒

 今回も面白いぜと大絶賛のゲスト企画、江戸っ子さんの貴重な体験を御聞きするその後半を御届け致します。
 前回はそのディスカッションの流れを御聞きしましたが今回はそれを踏まえてのクロストーク。こんなにまったり真剣に宗教を語っているポッドキャストなんて他にはないぜ?

 またまたちょいと長めですが、どうぞ御楽しみ下さいませませ~。

 今週の内容は...
  • ディスカッションの前後の変化は
  • 人間は特別なのか
  • 神学者たちの目的は
  • ランダムネスと決定論
  • 神を見る機能

平成22年8月8日に収録
 今回の関連エントリ
 gyasyaどもがミッチーについて語るアレの第4回目前半がアップされとります。どぞよろ~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/19

第229回 平成22年8月19日 「S&Mスカイパーの四 江戸っ子さんの御講義を拝聴・A part」 52分40秒

 猛暑!
 こんなに暑い時にはやっぱり宗教の話ですよね!

 てな訳でゲスト企画 第4弾はまたもやモップンさんから送り込まれて来た刺客 江戸っ子さんを御迎えしてその貴重な体験を御聞きします。
 江戸っ子さん、そしてモップンさんには本当に大感謝です!

 さてさてその江戸っ子さん、現在も生物学を研究されており専門は進化学。
 過去に研究でアメリカの某有名大学におられた際にとある会合への参加を求められたとの事。そこで行われたああでもないこうでもないの御話を拝聴しました。

 次回も続きますよ!

 今週の内容は...
  • イベント御疲れさまでした!
  • 江戸っ子さんの御登場!
  • 宗教者とのクロストーク
  • 模索される神のかたち
  • 科学者はランダム教に入っている!?
  • 自由意志の取り扱い
  • アメリカでの進化論教育

平成22年8月8日に収録
 今回の関連エントリ
 さあてお知らせ!

 以前から御伝えしております、gyasyaのミッチープロジェクトの第3回目がアップされてますよん。
 是非とも~。


 もういっちょ!

 トリカ五太郎さんと加藤タニゾー先生の『インターネットラジオAV人生相談』に『さばらじお』の射導送水さんと出演しております。
 今回もアホアホで面白いぜ!!


 最後に『もこパレ』!

 先日のイベント音声を8月23日から毎週一本ずつ全四回、アップして行きます。
 面白いので御楽しみに!
 個人的には二本目がサイコー。もう10回くらい聞いてます。何度聞いても面白い。俺達、面白いなぁ!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/20


モテそうなUFO愛好家

第220回 平成22年6月21日 「S&Mスカイパーの三 とうもろこしの会の吉田さんと対決の3/3」 55分36秒

 続き~!!

 怪談サークル・とうもろこしの会を主宰されているライターの吉田悠軌さんとの収録も遂に最終回。
 今回は吉田さんにオカルトというジャンルについて聞いたり、唐突に『Vガンダム』の話をしたり、外国人地方参政権の話をしたり。
 厳密には"対決"にはなってないですね。

 それにしても、吉田さん御出演、誠にありがとうございました!!

 吉田さんのポッドキャスト三番組はコチラ↓。


 吉田さんが寄稿された『ナックルズSPECIAL アンタッチャブルVol.02』が発売中です。amazonリンクも見てみて下さいね~。

 今週の内容は...
  • どこまでがオカルトなんですか?
  • オカルトでモテる方法
  • 実話会談についてどう思う?
  • 面白い討論と無粋な討論
  • 外国人地方参政権についてどう思う?
  • 母集団をどこと認識するか
  • 時期尚早?

平成22年5月23日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/35


呼んだ?

第219回 平成22年6月17日 「S&Mスカイパーの三 とうもろこしの会の吉田さんと対決の2/3」 36分45秒

 続き~!!

 今回も怪談サークル・とうもろこしの会を主宰されているライターの吉田悠軌さんとのコンフリクトwを御届けします。
 全三回を予定している内の第ニ回。実は宗教編はココまで。次回は政治w
 大人げない大人どもの言い合いをさあ楽しむが良い!

 いざ自分で聞いてみて"そこは不可逆性って言わないとチープに聞こえるだろう"とか後悔しきり...。

 吉田さんのポッドキャスト三番組はコチラ↓。


 吉田さんが寄稿された『ナックルズSPECIAL アンタッチャブルVol.02』が発売中です。amazonリンクので正解でした~。

 今週の内容は...
  • 宗教戦争をどう捉えるのか
  • 宗教と原理主義
  • 仮説としての神の存在
  • 自分の考えを疑う姿勢
  • 何を以て宗教とする

平成22年5月23日に収録
 次回は6/21に更新致します~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/36


ウチの神さんがね...





第218回 平成22年6月10日 「S&Mスカイパーの三 とうもろこしの会の吉田さんと対決の1/3」 50分8秒

 さあさあ皆様お待ちかねもお待ちかね!
 宗教の時間ですよ!!

 今回は怪談サークル・とうもろこしの会を主宰されているライターの吉田悠軌さんと空中戦を繰り広げます。
 全三回を予定している内の第一回。長丁場だ!

 吉田さんはポッドキャスターでもあります。下記三番組を御紹介。


 ちょうどタンピンサンシキさんの『キーボードで昇龍拳』で、ウチと『僕は怖くない』がオススメられていてタイムリー。

 なお、吉田さんが寄稿された『ナックルズSPECIAL アンタッチャブルVol.02』が6/14に発売になります。
 amazonリンクにあるのが多分それ...、なんですけど間違ってるかも。間違ってたらスメンなさい。
 この書籍の話も後々出て参りますよ~。

 今週の内容は...
  • とうもろこしの会の吉田さん、登場!!
  • 科学とは何か、宗教とは何か
  • 原始仏教の捉え方
  • 考えを言葉で表現するという事
  • 宗教者のレベル
  • 多様性と原理主義
  • 神の実在
  • 祈りの構造

平成22年5月23日に収録
 実は『桜川マキシム』のURLが変わります。って言うかドメイン取りました。
 http://sgmx.info/になります。
 勿論、従来のURLでもアクセス出来るんですが、多分ひょっとしたらその内アクセス出来なくなるかもしれません。
 この辺、また放送内でも御知らせ致します~。
 『白鯨ラジオもっこもこパレード』、今週ですよん。
 6月12日(土)はこぞってどうぞ。

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始 入場料:無料

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/37

第216回 平成22年5月27日 「S&Mスカイパーの二 ひまじんさんに師事の後半」 33分23秒

 ゲスト企画第二弾の後半戦でございます。

 今回はミヒャエル・エンデと幻想文学について、またもやひまじんさんに御講義願います。
 一般に持たれているファンタジーの世界の、その別の性質とは!?

 今回も面白ですよ~。ぜひスルメの様に味わって下さい。

 今週の内容は...
  • 『果てしない物語』と『ネバー・エンディング・ストーリー』
  • メタファンタジー
  • 幻想文学の流行期
  • 神殺しの儀式
  • エンデ好きって言いにくいんです
  • 本出して下さいよ
  • 発表の場

平成22年5月1日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/39

第215回 平成22年5月24日 「S&Mスカイパーの二 ひまじんさんに師事の前半」 36分27秒

 ようやっとお待たせ致しました!
 ゲスト企画の第二弾でござます。

 今回はゲストにひまじんさんを御迎えして、"貨幣経済とは貨幣を神とする神話である"をテーマにクロストーク。非常に意義深い講義となっていると思いますよ。喋ってて楽しかった~。

 ひまじんさん、並びにひまじんさんを御紹介頂いたモップンさんには本当に感謝です!

 次回もひまじんさんとのトークを御届けします。次は文学篇。お楽しみに!


 今週の内容は...
  • ひまじんさん、登場
  • 神に成り代わる貨幣
  • 貨幣の呪い
  • 神殺しの儀式
  • 貨幣の不死性の問題点
  • 資本主義の実体性の無さ
  • 減価貨幣
  • 金にすがる心

平成22年5月1日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/40


確か休刊してたよね
第206回 平成22年4月1日 「S&Mスカイパーの一 『さばラジオ』の射導送水さんを召喚」 57分7秒

 "S"は桜川、"M"はマキシムで"さくらがわまきしむすかいぱあ"と読んで下さいね。

 さて、そんな某専門誌のタイトルをパクった新企画の第一回目はさばラジオの射導送水さんをゲストに迎えて映画話を繰り広げます。
 ちょっと盛り上がっちゃってついつい一時間程 喋っちゃってます。長いです。ゴメンナサイね。

 今週の内容は...
  • 射導送水、登場!
  • ええ加減なおっさん、そして福井
  • 鯖江ファンタスティック映画祭とは
  • 青春とチンピラ
  • しんどいのはイヤ
  • ジャパニーズホラーが怖くない
  • 山本竜二先生
  • 角川映画
  • 軍事モノ
  • ババ泣きしたいんです
  • 青春ワンスアゲイン
  • 最後はやっぱり下ネタ


平成22年3月14日に収録

とれたてぴちぴち
 さてさて、恒例の(w)お知らせ!

 今回 御登場頂きました射導送水さんのポッドキャスト『さばラジオ』では来たる平成22年4月4日に公録イベントを行われます。
 前にもウチの放送内で申しておりました通り、『さばラジオ』は一度見てみなはったら倍 楽しめまっせ!見ときなはれ!!
 てな感じで御暇な方は絶対行くべし!
 僕は結婚記念日だから無理!!w

さばラジオに灼熱の2周年!
おっさん達の時間は過ぎるのが早い!ゲキ熱の公開録音!

場所:大阪なんば『ライブシアター白鯨』 にて

日時:4/4(日)
時間:13:00~16:00
料金:¥1,500(ワンドリンク)
 そうそう、『さばラジオ』の最新放送ではJUSのメールが読まれてます。こちらも聞いてね~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/51