自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

桜川名画座の最近のブログ記事

第378回 平成25年8月29日 「桜川名画座の二十 とりあえず何をおいても『パシフィック・リム』について語ろうの会」 1時間2分55秒

 緊急収録!

 本来は予定になかったのですが、今回は急遽 収録を行いましたのでその音声を御届け致します。
 何故なら、二人ともが『パシフィック・リム』を観てしまったからです!

 という訳で、二人のオッサンがとにかく言いたい事を言い放ち続けるという音声を御聞き下さいませ。

 いやー、編集しがいのある音源だったぜー。

 今週の内容は…
  • 何でみんな録らへんの?
  • 互いのロボ・怪獣遍歴
  • リスペクトの元はどこにある
  • 御返しをせなあきません
  • 観て!

平成25年8月24日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1492

コメント(6)

いやぁジャスさんと押井作品の話したいw

いやぁ…ドバイから帰国したら
Podcastはパシフィックリム一色でして…。
なんの洗脳キャンペーンかと(←コラ

こういう「見たかったものを見せてくれる」
のは映画の醍醐味なんだろうと思うと共に
基礎体力が全くない私なんかからすれば羨ましい限り。

放送中でも触れておられた通り
これを起爆剤として「本家の意地」が見たいと思うことしきり。
原作…要る??って状況がありますから。
ガッチャマ○とか…
ガッ○ャマンとか…w

ボク、ジェットジャガー、好きでした。
メガロと戦ったんでしたっけ?

『風立ちぬ』を観に行ったら、『パシフィック・リム』が公開したばかりで、一瞬悩んだんですが、初志貫徹で宮崎アニメを見てしまいました。子供をキョウリュウジャー(とウィザード)の映画に観に連れていった時に、まかり間違って、「『パシフィック・リム』が見たい」とか言わねえかなあ、と思ったけど、ダメでした。
ポスターを見たら、スカルガンナーとか細身のカプールとかがいたような気がします。
あの、パイルバンカーとかガリアンソードとかで出てくるのでしょうか。
ああ、観たい。
でも、いま観に行ったら負けのような気がする。

それと、麻里子様のことは僕の顔に免じて許してやってください。

>大輔さん

 なかなか実生活でオシイストには出会わないですからねぇ。

 でも、最近 押井関連作品が少なくて、記憶が薄れて来ておりますw


>怪文さん

 確かにキャンペーンかっつうくらいに色んなところで語られてましたね。
 適度な粗さの映画でもあったので語りたくもなるっちゅうもんでしたw

 冒頭でも喋っていた通り、基礎体力がなくても楽しめる映画でしたよー。
 現に、ウチは夫婦で行ってましたけど二人とも楽しんでました。
 まぁ、鑑賞後の僕のトークが若干うざそうでしたけどw

 ガッチャマンはマジで酷いみたいですね。
 岡田斗司夫は昔「原作のあるアニメは見ない」って言ってましたけど、消費者側でそういうことを言うていく方がいいのかもしれませんねー。


>とっしゃんさん

 そうそう、あとガイガンとか。
 凄いデザインでしたよねぇ。

 おお、『風立ちぬ』。それはそれで御感想を御聞きしたい気もします。『キョウリュウジャー』と『パシフィック・リム』ではお子さんは『キョウリュウジャー』選ぶでしょーw。デスリュウジャー気になるしw

 そして細身のカプールw
 確かに、ストライカー・エウレカはそう見えますw

 で、今観に行ったら負けな気がするという事ですが、今観に行かなかったら、それこそ負けですよ?w
 3Dでぜひともw
 麻里子様のことは許しますからw

パシフィックリムの回面白かったです
ロケットパンチのことは杉田さんのラジオで配給会社のお偉いさんが急きょ言い出したって言ってました。CM吹き替えではエルボー???って言っているらしいですよ
文化放送「アニゲラディドゥーーン」115回(8月22日放送)の冒頭です
どっかに落ちています 聞いてみてください

>ちひろ(男)さん

ども、番組の「右音声」中の人です。

ご報告感謝。
聞いて下さってありがとうございます。
楽しんで頂けて何よりです。

私もアニゲラ聞いてますよー。
確かに言ってましたね、私もその回で知りました。

悔しいかな、それ聞いたのが収録後だったのですよw


第317回 平成24年3月22日 「桜川名画座の十九 燦々」 1時間4分28秒

 長え!
 今回は通常の配信としては最長不到記録かもしれませんね。

 内容は映画ではなく映画館!
 最近、gyasyaがハマっているとある映画館とは!というところでロングトーク!
 後半からは意外!?な展開。

 噂の塚口サンサン劇場のtwitterはこちら。



 今週の内容は…
  • 映画を求めて出生の地に帰還するgyasya
  • 映画館として魅力を感じるラインナップ
  • 楽しんでやってそうですよね
  • まさかのFAQに突入

平成24年3月18日に収録
 4月11日の水曜日!。イベント月!!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時30分開始
入場料:500円(1ドリンク別)
 そうそう、『トリカゴ放送』最新回にJUSがアニワギ博士と一緒に出ておりまっす。
 テンションが若干ウザめですがw

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/720

コメント(4)

映画愛のある映画館っていいですねぇ。
ここんとこちっちゃい車載画面でしかみてません。
・・・ま、それで済む映画しか見てない、って話ですがw

映画を通してしか味わえない体験って確かにあると思うのですが
それを口で説明することは難しいし
それらの体験を健全性の内に享受できた世代って
以外にも少ないんだと思います。
多分・・・今の40歳くらいが上限じゃないかなぁ?

かくいう私もガキの頃ドラえもんを見に行った隣では
「ポルノ3本立て」をやってたと言う・・・。
2連続でポルノ映画の話してるな、俺w

ミニシアター系が増益なことは正直意外でした。
意外でもなんでも、愛情もってされている方が
それなりに評価を受けれる状態ってのはうれしいもんですね。

24時間頭の中で、ダ・カーポがダンスするんですね。

昔、駅からも商店街からも遠い、それこそ場末のパチンコ屋の2階に映画館があって、そこで『哀・戦士』と『のび太の恐竜』を見ました。あそこが僕の「映画館」原風景。

あと何年かして、子供にドラえもんの映画が見たいと言われて、「なんで、お前、アリオでやってるときにそれ言わへんかってん。一応、調べるけど、もうどこでもやってへんぞ。・・・あ、やってるとこあるわ。塚口?サンサン劇場?どこやそれ?んー、でも、なんか名前聞いたことあるなあ」ってなことになりそう。
10年後くらいに『マイ・ブルーベリーナイト』をやってて欲しいな。
その時が来るまでに、観るのはやめておきます。

それにしてもミニシアター系ってまだまだ残ってるんですね。

映画館愛にグッときて、思わず初コメントです。
今回から聴いてファンになりますた。

大阪だとやっぱ、いまはなき大毎地下劇場でハラハラドキドキしたことを思い出しちゃいますが、子どもの頃いってた、故郷の広島県呉市の「呉シネマ」が昨年閉館したことを知り、ウルウル。当時は2本立てが当たり前だったし、朝から夜までずーっと野球帽にベビースターラーメン注いでポリポリしながら何回も見ていたのを思い出します。

で、広島といえば、地元のニュースでは日本一の映画館と呼ばれる「八丁座」と、日本一大きいシートの「サロンシネマ」があります。この春になんとか見に行こうと計画中。
http://www.saloncinema-cinetwin.jp/

あと、広島には「広島市映像文化ライブラリー」という昔の映画が好きなだけ見られる施設があって(最近は違うかも)。よく予備校さぼって昔の映画見てました。

それと、いまはもうないかもしれませんが、昔の映画パンフの新品(1980年〜、古い物はプレミア価格)が定価でいつでも買える映画雑貨ショップがあって、いつも買いそびれたパンフ買ってました。

なんか好きな映画館とかって、一生もんですなぁ。

>怪文さん

 僕もついつい色んなものを携帯で持ち歩いてはバス内とかで観る習慣が付いちゃって何だかもう。人間 安きに流れますねぇ。
 とは言いながら、じゃあ観に行かなきゃいけない大画面・大音量 必死の映画って何だってなるととりあえず思い浮かぶのが『EPISODE Ⅰ』という…。何で『Ⅳ』からやらないんだ…。

 映画館でのあのちょい昔の独特の雰囲気って確かに最近は失われてますね。とは言いながら、32歳の僕も味わってないかなぁ。
 最近の映画館はとかくアミューズメント施設になってて、昔の雑多なわくわく感にはちょっと出合いにくくはなってますね…。

 ミニシアター系が増益かどうかで言うと微妙なんだと思うんです。
 おそらく、塚口サンサン劇場さん(やっぱりさんとか付けちゃいますねw)はメジャーとミニシアター系がハイブリッドで上映出来てることと、そして劇場関係者の努力なんじゃないでしょうか、ときれいにまとめてみましたがどうでしょうw


>とっしゃんさん

 ええ、ええ。そうなんです。
 ジブリ苦手な僕が唯一 昔から愛せた作品なものでどうしてもそこにばっかり頭が行ってしまいます。

 と思いながら『名探偵ホームズ』のOP観たくなってYOU TUBE行ったらそこにあったコメントが、『名探偵ホームズ』を誉めたいばっかりに「ロボット玩具を売りたいだけの宣伝番組なんて」とか書いてて「こいつ何も判ってねえな」と思ったのは別の話ですw

 しかし、パチンコ屋の上での『哀・戦士』と『のび太の恐竜』を観る経験は素敵だなぁ。それは原風景になりますね。
 そういう空間、どこかで貸していないですかね。借りて上映会とかしたいなぁ。

 ミニシアター系は東京だとかえって難しいのかもしれませんね。
 関西の方が過当競争にもならず、人口もある程度 集中しているのでやり易いのかもしれません。


>たむさん

 ありがとうございます!
 普段は酷い話もしているので、御耳に合わなかったらすみません。特に再来週とか…w

 そうそうそう、昔は入れ替え制じゃ無かったってのも多いですよね。
 子供心に「もう一回観るぜ!」とか意気込んでも途中で頭が痛くなっちゃって抜け出るとかよくありました。

 そう言えば広島は映画県でしたね。なるほど、そういう施設も豊富なのか…。人生歪ませちゃいそうですねw
 パンフとかも昔は絶対買ってたなぁ。実は今回の放送の中で触れていた『人狼』のパンフレットが800円とかなのに8ページくらいなのでアホらしくなって買う習慣がなくなっちゃったんですけどねw
 今はシネコンだから観てない映画でも買えちゃいますから隔世の感ですね。

 とりあえず僕はとっととサンサン劇場行ってきますw

第315回 平成24年3月8日 「桜川名画座の十八 負け戦」 24分26秒

 映画!!
 今回は今更『バラッド 名もなき恋のうた』を観ての感想です。
 多分、皆さんの予想通りの感想ですw

 しかし、途中で受けたgyasyaからの指摘は完全に盲点でした。う~ん、重症だなw

 今週の内容は…
  • 今さら観ました『バラッド』!
  • 有機的に絡み付いた部分をばっさり
  • 2作における構造的な欠陥
  • もともとハードルが高え
  • 減点法で100点

平成24年2月26日に収録
 4月11日の水曜日!。イベントでっせ!!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時30分開始
入場料:500円(1ドリンク別)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/698

コメント(7)

『バラッド』辛いなー(笑)
テレビでやってても見ないだろうなー(笑)

僕もクレヨンしんちゃんのほうは、これまで見たアニメ映画の中で、ベスト1に押したいくらい好きです。余りも足りないところもない作品じゃないかと。
卑怯なくらいフォーマットが出来上がってますしねえ。そこからギャップみたいなのを意識して作って成功したのが、大人帝国と戦国なんじゃないでしょうか。
「春日部住民、野原一家、義によって助太刀いたす!」あたりがね、忘れられません。「ぶつかっても、保険はおりねえぞ!」とか。

好きだ好きだといいながら、セリフとかうろ覚えなんですけどね(笑)

綾瀬はるかのひみつのアッコちゃんには期待していますよ。
ええもう、彼女に関しては僕は恐ろしくハードルが低いです。
絶対におっぱいを見せるはずがない「おっぱいバレー」でもモンモンしましたから(笑)

でもなあ、ガッキーのショートカットはどうもなあ・・・。

>とっしゃんさん

 最近コメントの御返事をするのが遅かった事を反省して極端に早く返信してみました。JUSです。

 『バラッド』は、まあ御想像の通り劣化再生産版なので、単に2回観るのがつらいというのにクオリティが相まって、まぁ大概アレですw
 ぼんやり観てると意外とラストまで行けますけどねw

 そして、いいですよね、戦国大合戦。ホント足りないところがぱっと思い付かない感じです。御約束も一通りこなしてますし。
 あのフォーマットの出来上がりはやはり『嵐を呼ぶジャングル』だと思います。個人的には戦国>ジャングル>大人帝国なくらいで。以前にも話題にしてましたがw
 そして、そうです!。そのシーンです!!。『バラッド』では「保険はおりねえぞ」というセリフはあっても「義によって助太刀いたす」がないんですよ。あれって対比となるセリフじゃないですか。無理を推して名乗りを上げたのにどこまで行っても小市民…、でも逆に言えばそんな小市民が名乗りを上げてキリングゾーンに突入するという覚悟…、という。その辺を理解してないから片方のセリフを抜いちゃうんですよね…。

 「おっぱいバレー」か…。ソフトオンデマンド版パロディAVは観たんですがw
 とりあえずオリジナルも観てみますw

 ガッキーのショートカット、ダメですかね…。いいと思うんですがw

 ひみつのアッコちゃんを実写化するんだったらミンキーモモもやって欲しいんですよね。
 あのショートカットが僕の原点なので。そしてフォウとプルが中興の祖ですw

う、うむ・・・
出てくる全作品をみてないのでなんとも言えないw
そしてJUSさん論を推しても
「テレビでも見ない可能性大」
ディレクトリから出ることなく・・・。
多分山崎貴との相性が相当悪いんだろうなぁ、と。
ヤン・デ・ボンか山崎貴かくらい。

そーいや映画
"仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦"
まもなくですが、やはりあのアイドルと!??w

書き忘れ。
どうでもいいことなんですが、JUSさんなら『カーズ』で泣けるはず。
見たことがなければ、暇な時にでも。

あれも『1』でフォーマットを作って、『2』で好き勝手やってます。

>怪文さん

 とりあえず『戦国大合戦』は観ましょう!
 でも、期待していない状態から観る方が面白いんですよねぇ。そう考えると忘れかけた頃に観て頂くのがベストでしょうかw
 ヤン・デ・ボンは僕も合性わろしです。山崎貴は相性と言うか出来もアレですがw

 そしてスーパーヒーロー大戦については…、何で判ったんですか?w
 勿論 彼と行くんですが、メンツはもっと増やしてもいいかなぁと思ってたりします。募集しましょうかねw

 ちなみに、前回 映画観賞後音声第二弾は忘れられてるんじゃなくて、多分 次回くらいにアップされるんじゃないかとw

 コメントについてはよく判りませんね。すみません&ありがとうございます!

>とっしゃんさん

 おお、『ビーストウォーズ』的なやつですねw
 観てみます!!

少し遅れ気味に、ようやくこの回を聞きました。
山崎貴、なるほどなるほど。『バラッド」は見なくても良いなと思ったけど、「Always」に感じてた違和感はそう言うことだったんだなと納得出来た感じ。あれもいかにも昭和の懐かしさを売りにしてるけど、その辺りの時代に生まれた自分には、どこか違和感が拭えなくて二作目以降は見なくてもいいやと思ってました。テレビ放映も、見始めて居心地悪くて直ぐ見るの止めちゃったし。
そうか、あれもCGとセットでいわばジオラマ造って満足して終わってるから、居心地の悪さを感じるんだなと納得。
そんなもん一切使っていない山田洋次の映画のワンシーンの方が、かつての東京の空気感なんかは遥かに上手に描けていたりするわけです。山田洋次好きじゃないけど、その辺りは上手いと認めざるを得ない。

という辺り、聞き終えてスッキリした気分でありました。

>kenmatsuさん

 おおおおお、山田洋次との対比はいいですね。素晴らしいですね。
 僕自身も山田洋次好きじゃないですが、確かに上手いですよね。
 山崎貴の描く東京はテーマパークの様に…それもオトナ帝国と同様な感じでぽつんと存在していそうな気がしますが、寅さんのいる東京は自分のいるところと地続きの様に思えますもんね。でも好きじゃないですがw

 そう思うと、山崎貴には魅力的な箱庭を描かせる方がいいのかもしれませんね。向き・不向きな気もしないでもないです。
 旭山動物園の映画とかありましたけど、ああいう方が合ってるんだと思います。

第310回 平成24年2月2日 「桜川名画座の十七 桜川マキシムは肉体派を目指す」 1時間32分52秒

 皆さん、『恋愛VOYAGE』聴きました?
 緊張してましたね~w
 ダンコンさんにもブログで触れて頂いていたりしましたが。
   『11分で書いて出す』 「うろ覚えで振り返る『桜川マキシム』地上派デビュー戦!」

 さてさて、今回はマッチョイズムを取り上げます。
 病身のgyasyaが観た映画から。ちなみにJUSは今現在 病身です。ぐぬぬ。

 今週の内容は…
  • 風邪引いててこんな映画観てました
  • ユタをバカにしないでよ~
  • 日本スポーツとステロイド
  • アメコミヒーローとマッチョイズムの源泉
  • 長い長いオマケ音声

平成24年1月9日に収録
 2月8日(水)にイベント!
 ぼちぼち企画を固めんと!w

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時30分開始

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/654

files">ダウンロードして聞く files");var elem_a = elem_p.getElementsByTagName("a")[0];va... 続きを読む

コメント(5)

お二人そろって増量中なんですね。私もですw
丁度ベスト体重より5kg載ってる状態なので、今月から減量を始めたところです。3ヶ月以内に5kg落とせるんじゃないかと甘く見積もっています。高々4〜3万kcalでしょ…。一日マイナス400kcalだったら簡単ちゃうのか…。
アメリカのマッチョ好きは男根主義的なものもあるんでしょうけど、もっと切実な問題があるらしいです。日本人男性のような細身で軟弱だと、女性にモテないどころか、あっという間にゲイに狙われるとのことです。アンチ・ゲイのサインとして手っ取り早いのが筋肉なんだとすると、日本とは若干事情が違いますかね…。

へぇ・・・JUSさんってカップクがいいんだ・・・。
なんかイメージ違うw。

マッチョイズムか・・・。
イメージ的には「うほ」直結な文法で語られてるのって
なんでしょうね。アメリカ文法と言われると
あーなんとなく・・・とも思うけど
それって「ウホ」がオープンで語られていいのがアメリカで
他所には他所の偏向があるのかなぁ、とも。
例えば日本ってむしろ・・・コホンw失礼。
それこそカップクのよろしい方にそういう傾向があるような。

ダイエット勝負については目安箱に書いておくべきですねw


---
送水さんに直接言うべきだろうか・・・
ってかそういう御仁だしな・・・w
とりあえず「公開責任」っつーことでお願いします。

送水様、真田広之は「ザ・コア」ちがう!
「サンシャイン2057」や!
オイオイコラコラ感で混同するけどもっ!w

まこともって申し訳ないことに、あの・・・寝てしまいまして・・・。
起きたら、3時だったんですが・・・。
どこかに音声がアップされたりしないかなあ、とか。

よし、過ちは過ちで、明日から強く生きていこうと思います。

キャプテンアメリカは初出はいつなんでしょうか。そういや、スパイダーマンも努力して強くなったわけじゃないですよね?
なんとなくですが、「黒人に負けてられるか」みたいなところも加味されているような気がします。
現在の日本と照らしあわせると、韓流男性アイドルに押されっぱなし(みたいな印象)のジャニーズ軍団といった感じに近しいのかと。

そして、後半のオマケ音声ですが、どう聴いてもトリカゴさんが横にいるような気がしてなりません(笑)

長いっ。嬉しいっ。オモシロいっ!
ネットラジオ最大長所は、「時間配分の自由さ」にあると痛感しました。

>>ステロイド合衆国
映画評論家の町山さんがMXTVでやられていた番組で見ました。ムキムキ、私は少し憧れますねぇ。太る事ができない体質なので、私がいくら鍛えても隆々には決してならない事が分かっているだけに。尚更。まぁ無理に体をでかくする必要もないので、やりませんけどね。マチョメンになっても特に利する場面はないだろうし。かえってガタが来そうだし。映画の中では「ステロイドに害はない」という事でしけれど、後日談として監督の兄弟(どちらか忘れました)が亡くなられた事に触れられてて・・・まぁ、だろうなと。

>>モルモン教
ロムニーさん、どうなんでしょーか。

>モップンさん

 増量中なのもそうなんですが、ここに来て明らかに体力が減衰してる気がします。そろそろこの辺で一度、体を作りなおさなきゃいけないなぁ、このままだと22世紀まで持たないとちょっと真剣に考えているところです。
 ベスト体重…。とんと御無沙汰な単語ですねw

 アンチ・ゲイか~。
 卵が先か鶏が先か的に言うとマッチョイズムの方が先にありきな気もしますが、当の本人からするとそれがきっかけでもあるかもしれませんね~。ふむふむ。色々と深刻な国だなぁw


>怪文さん

 Ustreamに映像が残っちゃったりしてますが、かなりむっちり系ですよw
 もうすぐシャープになる予定ですがw

 日本だとマッチョな方がホモっぽいイメージ強いですよね。なんでしょうね、この正反対の展開w

 「サンシャイン2057」って書いて頂いて、「あれ、出てたっけ?。メカデザインがシド・ミードの奴よね?。最後、高熱のエンジンルームに入って行ってメンテナンスする…」って思ってたんですが、それは「クライシス2050」でしたw


>とっしゃんさん

 音声アップだなんて!。そんな遵法意識の低い事を仰ってはいけません!
 その辺を御諫めするメッセージをmixiで御送りしましたので、御一読下さいませw

 キャプテン・アメリカは意外と新しいですね。1966年が初出の様です。マッチョイズムの浸透にはこいつが一役買ってる気もしますね。スパイダーマンは事故的に強くなってますが、キャプアメは愛国心から志願してドーピングで強くなってますからねぇ(苦笑)。
 対黒人ってのはちょっと目からうろこでした。すげえ。

 トリカゴさんが横にいる気がする原因は、この音声の前にトリカゴさんについて延々喋っていたからでしょう。内容は到底言えませんがw


>ダンコンさん

 楽しんで頂けて幸いです。かなりボンクラトークだったのでw
 時間配分の自由さについては上手くその長所だけを使って行きたいですね。というのはプロの仕事を見たからこそ強く思います。

 『ステロイド合衆国』はDVD自体も町山氏の番組の企画で発売されているみたいですね。
 そしてマッチョへの憧れがあるんですねw。ダンコン主義ですねw
 ちなみに僕自身は割にすぐ筋肉が付きやすい体質・家系なんですが、運動が嫌いなので全くつかないという…。バイトで体力使っていた頃は前腕がやたら太くなっちゃって「素手で人殺ししたいの?」とか言われたこともあったんですが今や…。頑張ります。

 ロムニーはここに来てカルト台頭への懸念が引っかかってたりでしんどいみたいですねぇ。しかし日本のテレビニュースではその辺をやらんですねぇ…。

第291回 平成23年9月22日 「桜川名画座の十六 リアル・オア・フェイク」 27分18秒

 今回は今更ながらですがDVDで観たので喋りたい映画『冷たい熱帯魚』について喋りたいので喋ります。
 ひょっとしたら園子温を大絶賛な方からするとアレな内容かもしれませんのでスミマセン。あと、一応、ネタバレは大丈夫。かな。

 しかし、喋ってる時はまだ聞いてなかったので気付いてませんでしたが、相方が『ザ・シネマハスラー』の影響下にある気がするというのに、収録後に聞いた事によって気付きました。
 やっぱり人間、引っ張られちゃうもんですねぇ。



 今週の内容は…
  • 民主党衆議院議員・平智之
  • 園子温作品の二作目
  • 技術の人
  • 俳優陣はいい

平成23年8月21日に収録
 さて、番組のラストにCMが入ってますが、遂に『ファッカー電撃隊』が開始の運びとなってますよ!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/523

コメント(9)

今レバー食ってました。牛ですけど。

友人の友人が越前屋俵太の嫁さんでした。よくJR天満、天神橋筋商店街辺りでつるんでいたそうです。

園子温はこちらでは人気です。カルト的に。

三池崇評はいつもながらあまりの的確さに聞き流してしまいそうになりました。しっかり頭に残っていますが。

トリカゴさんのCMおっさんぽくていいですね。お強いんでしょうねぇ〜

ということで、箇条書きになりましたが、とりあえず感想まで。

「太郎ちゃんはね、やれば出来る子なんですよぉ」
と先生に言われる。
園 子温は私にとってこんな感じです。

ほら、クローズZERO IIを見て
「あ~、三池さんってこんなのか・・・」
と思ったら間違えますやん?w

なんか言い訳必死だな・・・私(苦笑
園 子温作品は
紀子の食卓→気球クラブ、その後→自殺クラブ
→愛のむきだし→ちゃんと伝える
と来てる感じですが正直x2申しますと
「紀子の食卓を越えるものがない・・・」という感じ。
あ、ちなみにグロ耐性は相当低いです。
ドーンオブザデットで爆笑、くらいの耐性です・・・。

カウチポテトムービー。なんとなくわかるような。
でも「園君はやれば出来る子。次頑張ろ?」という目で
見てしまうんですよねぇ・・・。

いや、私より頑張ってるのはよくわかっとりますが(苦笑

----
しかしながらJusさんの園子温と父性愛への着目。
やっぱりこの人怖いわぁ・・・。マジモンやわぁ・・・。
紀子の食卓もそこにフォーカスがあるように思われ
見ることがあれば印象をまたの機会に教えてください。

あぁ、でも入り口違うと印象も違うのかなぁ・・・?
私、洗脳下なのかなぁ・・・わからん(苦笑

僕は今日初めて、「そのしおん」って読むことを知りました(笑)

>ちんさん

 僕は案外豚レバー好きです。くさくて。

 友人の友人が越前屋俵太の嫁さんってのは、ローカルタレントとしてのいい距離感ですね。僕の佐川満男が親戚ってのといい勝負ではないでしょうかw

 園子温が欧米で受けるのは何となく判ります。何だか日本を感じれるんだろうなぁ、とか。逆に堤幸彦はあんまり受けなさそうですね。

 三池崇評は、あの瞬間に思い付いたのでテキトーに喋った結果なんですが、案外 言いえて妙だったなと自画自賛中ですw

 トリカゴさんは色々強いです。ネットラジオ界でもかなりオス感のある人です。素敵です。

 とりあえず僕も箇条書きにしてみましたw


>怪文さん

 判りますわ~。基本的な技術が素地としてあるのが判るからこそ、もう一歩というのを要求してしまいそうになりますね。

 「紀子の食卓」は次に観ます。観たらまたネタにするかも、です。そうか、トップなのか~。
 どうにかして父性以外の着目点を持てる様に頑張って観ますw

 今回、喋っていて一個判ったんですが、ハッキリと言語化されていないテーマとかモチーフとかが見え隠れする作品に対して僕が辛口になっちゃうみたいで。
 例えば「モニター越しに戦争を見る事をモチーフとして、日本人の戦争観の虚実を浮き彫りにする」とかハッキリしてれば絶賛なんですけど、「○○事件を通して現代家族の病巣を描ければいいかなぁ」とかだと反感を覚えちゃうんですよね。
 そういう意味では園子温、向いてませんねw


>とっしゃんさん

 本当にシオンから取った名前かは未確認ですけどねw
 子門真人がシモン真人だっていうのは確認済みですがw


 とっしゃんさんへ

 (・∀・)人(・∀・)ナカーマ

 アレですよ「内田樹」の読みはなかなか覚えないのに、ちゃんと「園子温」は読めるあたりに、JUSさんの愛情が垣間見えるのではないかとw

 あと、普段は煽り役に徹するのに、今回に限っては一拍おいたかんじで「うーんちょっと異議ありやけど話の流れ止めるほどでもないから煽っとこか」となっていそうなgyasya殿下が見所かと。


 ちなみにアテクシは、ツイッターで水道橋博士がごっつ褒めてるのを見て「おもしろそうやけどすぐには見ないでおk」フォルダに放り込んでおります。

 「ノーカントリー」と同じ区分けなのですがあってますでしょうか<節子それ単に奇妙な人殺しが出てくるところしか共通項あらへん。

 三池崇史といえば「Dead or Alive」の最初のやつですね。かーめーはーめーはー!

 と、録画番組整理の合間にちょこっとだけ。

 

>>ちなみにアテクシは、ツイッターで水道橋博士がごっつ褒めてるのを見て「おもしろそうやけどすぐには見ないでおk」フォルダに放り込んでおります。

めちゃめちゃよくわかります。
水道橋博士が褒めたり押しているモノって実のところ・・・ってのが多くて。
千原ジュニア著「すなわち、便所は宇宙である」を大絶賛している辺りで、個人的に趣向が決定的に合わないのだと去年ようやっと気づきました。我ながら鈍い。
「愛のむきだし」をビートたけしに激押ししたのも確か水道橋博士。
ううむ。
というわけで「冷たい熱帯魚」も遠巻きに眺めています。

>JINさん

 そうそう。判ります。
 水道橋博士の、こちらとは微妙に位相が違う、それでいてリスペクトしたくない感覚を覚えるあの違和感はなんでしょうね。


>ダンコンさん

 「冷たい熱帯魚」は一見の価値はありますよ。時間を無駄にはしないでっす。

 ポッドキャストづくりと同じくらい有益な時間ですよw

心身ともにくたびれている中「冷たい熱帯魚」観ました。
グロは全く問題ないのですが・・・でんでんや、渡辺哲の強引さ。ねちっこい恫喝と暴力が怖かった。いやだいやだ。
私がシャモトだったらどのタイミングで逃れられただろうかと、ぶるってました。ずーっと。抵抗できないだろうなぁ。
主従関係の移り変わりもいやだったなぁ。あーいやだ。いやもいやよも好きのうち。あーいやだ。
JUSさん仰られる所の「非常に合理的なカットワークをする」「まかせると4時間の映画になる」はピンと来ませんでした。
まー何いうた所で神楽坂恵のオッパイオッパイ。大満足です。ありがとうオッパイ。
渡辺哲が死んだ、あの体勢で今夜はグッスリです。

>ダンコンさん

 そうそうそう。反抗心が萎えている時にみると染みるでしょ~。
 或いはそういう時に観るのがこの映画の本当の楽しみ方なのかもしれませんねw
 となると僕としてはもっと弱ってる時にこそ観るべきだったのかなぁw

 ちなみに、個人的には渡辺哲が父親と少し似ておりまして。なのであのタイプに逆らうのはあんまり不得意じゃありませんw
 その辺でもイマイチどっぷりいけなかったのかもって気もしますね。

 「合理的なカットワーク」については、言い代えると「カットワークで変な事しない」って事でもありますね。
 時系列を素直になぞりつつ、人間の視点を意識しつつ淡々と情景をうつしとっていくって感じでしょうか。ザ・オーソドックスな。

 「4時間の映画」については上とは逆にどんどんアイデアをほり込んでいってストーリーがディテールで飽和しそうになってる事から感じたんですよね。
 例えばチャラい運転手だとか、刑事だとか。あの辺だけでも小一時間作れそうという。

 まぁとにもかくにも神楽坂恵ですね。いい具合に大きめの乳輪でございました。

第282回 平成23年7月28日 「桜川名画座の十五 とらトレ!」 28分54秒

 今回は『トランスフォーマー3 ダークサイドムーン』と『トイレット』。
 久々軽い話題!

 何か、前した話題をぶり返してる気がします…。

 今週の内容は…
  • 『トランスフォーマー3 ダークサイドムーン』の客層
  • コンボイの謎
  • 長い映画とインターミッション
  • ダメ映画『トイレット』
  • ふんわり会議

平成23年7月24日に収録
 『もっこもこチャンネル』で公開されている『アルミカン高橋の計算少女』にJUSが出さされてますよ!
 僕は酔っ払っててよく覚えてませんw

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/436

コメント(5)

せやけど、僕の周りでは、『告白』は原作も映画も人気でしたよ。
え?僕ですか?
原作は読みましたよ。
感想は(以下略)

うちの嫁が『かもめ食堂』を好きなんですが、同じのりで『めがね』を見て、「嫌いじゃないけど・・・」と微妙な気持ちになっていました。
「考えるな、感じろ」と言ったら、なんとなく納得してました。
『マザー・ウォーター』は一応観たいみたいです。
もたいさんのところは、オクレ兄さんでもいいような気がします。
そのほうが映像が映える、かもしれない・・・。

トランスフォーマーは、なんかこう、複雑な気持ちになるなあ(笑)


JUSっちすごーい! ギリシア演劇まで知っているのね。
両方どころかどれもこれも観ていません。
「生理重そう・・・」ほんまや・・・
やはり人間、わが身に降り掛からないと分からないと言う、真理を言い当てていますね。
JUSっちに生理が来ますように!

「市民ケーン」を「ドリッピー」に引き摺り下ろす様な所業・・・大好物や!
そう言えばドギマギして考えると何も手につかなくなるような映画、今年は特にないなぁ。
映像作品としては、AD笠原さんのNHK出演とブラックコンドルが楽しみでなりません。
特に後者はちょっと頭に浮かべるだけで血圧があがります。
リアルタイムで観てた時はあんなに嫌いだったのになぁ。「ぼくのホワイト」に手を出す最低野朗だったのになぁ。
今は消されちゃってますがYOUTUBEにあがっていた最終話のエンディング。
階段を下りる結城凱→ブラック、の世界一かっこいいハードボイルドシーンにやられちゃったんだなぁ。たまんないなぁ。
あっ。
映画版ゴーカイジャーは観られなかったんですか?


>>ガンダム the ORIGIN映像観るまで死ねない
私はハンタが終わるまで死ねません。
長生きしそうです。


>>アルミカン高橋の計算少女
JUSさんの声がいつもと違って聞こえるのはマイクが違うからでしょうか?
高橋さん、いいオッサンぶつけるといいボール投げてきますねぇ。
1~2回聞いた程度で偉そうに決めてかかって感想なんて書くもんじゃないですね。
わーん!

あかん…全部周辺事情はおさえてるのに
映画そのものは未見…。
最近映画から離れつつあるなぁ。

映画は見ずに語るな、とよく言われます。
確かにそうだと思います。
が、「トイレット」と「食堂かたつむり」はいいと思います。
だって全日本森ガール協会推奨だろうしw

そういえばJUSさん、園子温的なのはアウトですか?
なかなか夫婦/カップルで見るものでもないでしょうけど。
紀子の食卓、意外にありだと思います。
グロ版クワイエットルームへようこそ、みたいな。

>とっしゃんさん

 でしたね。大人気。でも、映画については鑑劇眼があるなぁというイメージを持った方は誉めてなかったなぁ。
 映画のいいところは基本的に原作の物だと思っていたので、ちょっと期待していたんですけどね。そうか、とっしゃんさんは(以下略)なのか~。でも読んでみようかしら。

 確かに、『めがね』は微妙でしたね。
 何が凄いって、観ている側がふんわりした物を求めていると思っちゃってるんで、ふんわりした物を提供されている限り「面白くない」とは言いにくいんですよね。
 実は、ふんわりしつつもストーリーがちゃんと展開する物を求めてるんですけどね。多分。

 オクレ兄さん…。それは凄い。そっちの『トイレット』観たい。そして女子が観ないw

 トランスフォーマーは、ねぇ。突き抜けてる分、違和感ないんですけどね。


>ちんさん

 実は押井守がどこかで書いたのきっかけで知ったんですけどねw
 その後、演劇用語を見るってんで色々本読んだったんだと思います。

 生理か~。血は出ますよ。しかも意外と重いw


>ダンコンさん

 よくよく考えると『家出のドリッピー』と『コインの冒険』が混じっちゃってましたね。
 笠原さんのはともかくw、確かにブラックコンドル、いいですね。また刺されたりすると鼻血出そうですw
 「ぼくのホワイト」って意味では僕はチェンジマーメイドでした。チェンジペガサスと結婚したって聞いてくそうと思ったんですが、今調べるとガセだったみたいですねw
 映画版ゴーカイジャーは結局、劇場には観に行ってないんですよ。何だか忙しさにかまけてしまって。ダメなファンです。

 ハンタは…、あれは作者が「死ぬまでに完結させればいいや」、あるいは「完結前に死んでもいいや」って思ってそうでw

 計算少女での声は、マイクやらの環境の他に、酔っ払ってるせいもあるかと思います。
 高橋さんのボールは、いい速度でストレートなんですが基本的にビーンボールなんですよねぇ。面白いんですけど、出てる人間のプレッシャーが凄いw


>怪文さん

 あの映画は、“PV撮ってる様なヤツが撮った映画”の極地ですから、御覧になるのお勧めですよw

 おお、「食堂かたつむり」もありましたね。
 観なきゃ。
 「トイレット」は森ガールより少しサブカル好きよりかなぁと思います。

 園子温は『自殺サークル』は観たんですが、語るには他も観なきゃなで止まってますね。確か『自殺サークル』と『紀子の食卓』が繋がってるんでしたっけ。宿題ですね~。



第266回 平成23年4月14日 「桜川名画座の十四 おいど蹴り」 21分39秒

 通常営業!

 てな訳で皆様に色々と御心配やらおかけしてしまったので軽い話題で行きますよ。
 今更『KICK ASS』を振り返るぜ!

 今週の内容は…
  • 2011年度・暫定一位
  • 意外と御行儀が宜しい
  • どっかで観た様な
  • 今、時代はポール・バーホーベン
  • やっぱ『ブレイド』

平成23年3月27日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/345

コメント(4)

『KICKASS』、噂を聞けば聞くほど、モータルコンバットみたいな映画のような気がしてきました。
キル・ビルとも違うんですよね?
よし、僕はブレイド観ます。
って、やっとUCの一話を観たって程度の男がいつ観るねん、と。

ロボコップを観たのは、いつだった忘れましたが、とにかく今より純真な頃で、そのいやーな空気というのは感じられなかったです。
ただ、次の展開はこうやろうな、と思ったら、その通りになる映画だったような気がします。

ミステリでもよく、「これ、傑作やで」と聞いて、ハードルあげまくってから読んでしまい、「えー、そうでもないような」となることがありますが、この映画はどっちなんでしょう?

>とっしゃんさん

 モータルコンバットよりはメジャー感がありますし、キル・ビルよりも正直な映画ですね(判りにくいw)。

 ブレイドはいいですよ。本当にいいですよ。
 ただ、心のどこかで「所詮ウェズリー・スナイプス主演やし、有名な俳優なんて一人も出てないし、B級バカアクションムービーやろ?」と蔑んだ眼で観る事を忘れないで下さいね。その方がきっと幸せな映像体験になるかと思います。
 あと、UCはちゃんと観ましょうw

 そうなんですよね。ロボコップって単純過ぎて嫌さ加減に気付きにくい映画にはなってるんですよね。
 とは言う物の、ターミネーターとかエイリアン2とか観ててキャメロンが強い女のタンクトップが好きだって事に気付くよりは観ていて気付くと思いますけどw
 多分、僕がロボコップの嫌さ加減に気付き易かったのは、小学生の内にロボコップ2のノベライズを読んでから1・2の映画に触れたからだと思います。“脳髄”がどうした、とかちゃんと書いてあって、悪意の存在に気付けたって言いますかw

 キックアスは、いわゆる佳作なんで、事前情報は少ない方がいいかもしれませんね。忘れた頃に御覧になるのがいいかもしれません。

キックアス、評判高いですねぇ。
桜川マキシム、裏切りませんねぇ。
JUSさん、gyasyaさんにシャマランをベタ褒めしてほしいですねぇ・・・え?w

ロボコップ、バーホーベンだったんですねぇ・・・。
どうりで8mm厚の発泡スチロールで
側頭部を往復ヒットされたようななんだかなぁ感な
えもいわれぬ違和感だけ残る作品なわけです。
またこれも見てみよう・・・。

追伸:人生のパートナーがいつも
「ポール・バンホーテン」と言うので
ココアの甘さがこみ上げる苦々しい思いにさいなまれますw

>怪文さん

 いやぁ、面白いのは面白いんですけどね~。巡り会わせが悪うございましたw
 シャマランか~。実は『シックスセンス』しか観ていないなぁ。テレビを点けたら『サイン』のラストシーンだったって凄い不幸に見舞われた事はありましたがw

 そうそう。疝痛の様な気色悪さがありますよね。
 クローネンバーグよりももう少しダメージの少ない感じでw
 大人になって観ると印象が一気に変わりますね~。

 そしてバンホーテンw
 ほのかな苦味で繋がっちゃうんですかねw


久し振りだね
ヤマトの諸君

第248回 平成22年12月9日 「桜川名画座の十三 ヤマトに祝電を」 54分11秒

 長くなっちゃったw

 さぁさぁ、予告の通り観て参りましたよ『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』!
 放送中でも申しておりますが、前半はネタばれ配慮編、後半がネタばれ全開編ですのでご注意を~。

 今週の内容は…
  • 2人とも観て来ましたよ!
  • 8回泣いただと!?
  • 設定が変わった点
  • 良かった俳優は
  • 彼への評価

平成22年12月5日に収録
 今回の関連エントリ
 先日の12月度の『もこパレ』音声の編集がまだなのでしばらくは週一更新です~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/313

コメント(5)

そういうわけなら、今日はあえて最後まで聴きません!(笑)
何年後かに後半を聴きたいと思います。
最近は1年後くらいにテレビでやったりしますけども。

僕もヤマト世代ではないですね。
テレビでは何度か見たし、古い劇場版もこれまたテレビで見ました。
ガンダムのように継続性はなく、大人になってからは一度も見ていません。
ヒロインが何度も甦るアニメというイメージです、はい。
黒木メイサといえば、以前にもCM何か森雪のコスプレをしてましたよね。
あとは松本零士もうさんくさいが、最近死んだあの人はもっとうさんくさい、とか・・・。

意外に評価が高いのにびっくりなんですが、後半を聴いたら変わるんでしょうか(笑)

あ~~~~ぁあーーー↑♪
に誰も突っ込まなかったらまたJUSさんが拗ねてしまうので書き込みさせて頂きます。
俺は好きですよ!
ただ、万人受けはしないと言っておきますよ!

数年前のこと。
ヤマトのスキャットを歌っていた方が、偶々聞きに行ったクラシックコンサートにゲスト参加されてました。
?を頭の上から出し問い詰めるアニメを全く知らない友人。
松本零士豆知識を混ぜ混ぜ、必死に誤魔化すヤマト偏差値42程度の私。
「ヤマトだったらバリトンのおっさんじゃないの?」
「いや、それはそれこれはこれなんだよ」
「やーまーとー!っていわないジャン」
「だから、俺も強くは言えないけれどスキャットって書いてあるジャン」
そんなこんなでアーアー↑が終了。
アーアー↑にそれなりの歌詞がついていて、それを高らかに歌い上げるものだとその場のほとんどの紳士淑女は勘違いをしていた模様。
何処となくみんな、肩透かしを食らっているみたい。
拍手しても良いものなのか、悪いのか。
何ともいえない空気の中、手を叩く。
そしてサクラが誘導して引っ張り出したアンコールに答えて彼女が歌ったのは
「ブルーライトヨコハマ」
おかしい・・・。
俺たちはクラシックコンサートを聞きにきたはずなのに。
優しい口付けもう一度、ってあんた。


追記
キムタクのドラえもん最高です。

「ドラえもんできるんちゃうん?」で吹きました

最初に謝っておきます、ごめんなさい!

JUSさんとぎゃしゃさんの流暢なおしゃべりに聞惚れてたら
まもなくエンディング…

ん??なんか…聞こえる??

携帯でも鳴ってるのかな?とヘッドホンをはずして確認するも
私の部屋は静寂…

あれ?じゃあ、やっぱりヘッドホンから?と再度ヘッドホン装着。

よく恐怖映画とかで有名な「入れてないはずのBGM」か??と
ビクビクしながら聴いてたらだんだん音量が上がってきて
あ~これってヤマトの…と納得したのでした。

編集王JUSさんの技術を幽霊の声と間違えた私は大バカモノです。
すいませんでした~~~!!m(。_。;))m ペコペコ…

>とっしゃんさん

 そうですね~。最近は一年経たない内に地上波に登場しちゃったりしますから、その際に御聞き頂ければと思います。その頃にはお子さんもだいぶ大きくなられていると思いますのでいい幼児教育になるのではないでしょうかw

 意外と狭いんですよね、ヤマト世代。本放送が1974年なのでその頃に10代だった人って感じですかね。なのでいわゆるアラフィフがそうでしょうか。
 どうしてもあの当時のクオリティのアニメ…、と言うより、それ以降のアニメのクオリティを引き上げる起爆剤となった作品なので、どうしても『ヤマト』自体のクオリティはアレなんですよね。
 そうそう、森雪といい、沖田艦長といい、って言うか古代進といい、一体どこで死んだのが正しいのか、ちゃんと追っかけている人にしか判らないアニメでしたねぇw

 黒木メイサがコスプレしていたのは初耳でした。それがきっかけなんですかね?

 あの人は凄い人生ですよね。うさんくさい人は死に方までうさんくさいとはw

 後半でも基本的には誉めてます。でもいっぱい突っ込んでますw
 ダイジョブです、作品はマジで観る価値あると思います!


>ダンコンさん

 ありがとうございます。おかげ様で精神的均衡が保たれましたw
 今回も、あの部分だけで40分はかかっておりますw

 確かに、万人受けはしないですね~。
 ただ、楽しむ気満々で望むとどこかしら楽しめる映像だとは思うんですけどね。けなす気で観ればそれ以上にけなせますがw

 川島和子!
 生で聞けるなんて幸せな体験だと思うけどなぁw
 でも確かに拍手はしにくいですね。また、アーアー↑は同じメロディーの繰り返しですからねぇ。実は僕のアーアー↑も同じ収録部分のリピートだったりしますがw
 そして「ブルーライトヨコハマ」w。いや、合うてるやろうけれどもw

 キムタクについては今日また話のネタを拾ったのでお楽しみに!


>risuさん

 きっとオバQだって出来ますねw
 出来ればジャングル黒べえとかwウラウラw


>(=^(∞)^=)豚に真珠さん

 いやいや、それこそ狙いの一つではありますw
 すぐにあの曲だと気づけなかった事こそ、著作権に配慮した僕の高度な技の結果なのです。決して、川島和子ほど声量がないせいで声が震えたり息が続かなかったり、そもそも音程がグダグダだったりするせいではないのですw

 何だか最近、何か曲を入れ込まないといかん気がしてきていたりしますw





第228回 平成22年8月12日 「桜川名画座の十ニ 夏映画は『特攻野郎Aチーム the Movie』で決まり!!」 34分53秒

 皆さん、気になってるでしょ?、『特攻野郎Aチーム the Movie』の出来上がりが。それを早速JUSとgyasyaが観て参りましたので御聞き下さいませ!
 コレだけ語りたくなる映画はなかなかないぜ!!

 えと、『特攻野郎Aチーム』を流していたのは『金曜ロードショー』じゃなくて『日曜映画劇場』なので淀川先生でしたね。脳内補完で名前を入れ替えて下されば違和感ないと思いますんでどぞよろしう。

 今週の内容は...
  • ゲスト企画を御楽しみに!
  • デーデレッデーン!
  • リメイクするべき映画とは
  • 各キャラクターを演じる俳優について
  • 日本は推さないですよね

平成22年8月8日に収録
 今回の関連エントリ
 そうそう、去る8月7日は『白鯨ラジオもっこもこパレード』の第1回イベントでございました。御来場頂きました皆々様、心より御礼申し上げます。
 御蔭様を持ちましてなかなか良いイベントに仕上がったのではないかと自惚れてしまっておりますw
 近々音声をアップさせて頂こうと考えておりますので、そちらも御楽しみにして下さいませませ。
 御来場頂きましたJINさんにはブログに詳細なレポートを書いて頂いたり。うれし~!!

 さて、その『もこパレ』にも御出演だった射導送水さんの『さばラジオ』。白鯨での公録イベントがございますよ。8月13日の金曜!是非!!

あの熱きおっさん達がまたここへ戻ってくるさばらじお夏の公開録音決定! 『さばラジオ超変形合体スペシャル!夏の公開録音!』
ご先祖様もご一緒にどうぞ!

場所:なんば『ライブシアター白鯨』
http://hakugei.net/
時間:19:00~22:00
料金:1,500円(ワンドリンク)
今回は夜のナンバ
さばラジオメンバーほぼ全員集合であなたのお盆を頂きます!
もちラジオでながさない部分ありでなんやかんやと喋ります
しかも今回は終了後そのまま白鯨で呑み会開催!
もはや場所を変える事もなしなし!
もうお盆独りで悶える必要も無いぞ!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/23


お椀がガーンと

第224回 平成22年7月15日 「桜川名画座の十一 『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』について意外と普通に感想を述べる」 39分40秒

 公開から10日程 経ちました『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』をJUSが観て来ましたのでその話をするんですが、この映画を観に行って来たと言うと必ず意外だという反応をされてしまいますw
 たまには普通に観に行ったりするのよん。

 途中で取り上げていたブログ記事はコチラ↓
   『ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!』 「馬場康夫[監督]『波の数だけ抱きしめて』(1991年)、DVD&Blu-rayで発売中。」

 今週の内容は...
  • また映画観て来ましてん
  • 意外と『踊る』観てますねん
  • 伊集院とフッくんと水野美樹
  • 相も変わらぬ織田裕二
  • ひゃくおくえん
  • 脚本の質は...

平成22年7月11日に収録
 前々回の『白鯨ラジオもっこもこパレード』で収録された『帝、の「だが、それがいい!!」』が最新回として『さばラジオ』の射導送水さんと出演しております。
 ゲーム・AV・宗教の話をしてるんですが、途中でJUSがエネルギー切れに陥るという体たらく。酷えw


 次の『白鯨ラジオもっこもこパレード』はイベント形式になるらしいですよ!
 何をやるのか決めないと!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:1000円(予定)
 こないだの『白鯨ラジオもっこもこパレード』の音声は月曜日に御案内のアップしますね~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/31


たまに生き返ります



第221回 平成22年6月24日 「桜川名画座の十 『宇宙ショーへようこそ』の宇宙葬」 40分20秒

 さあ、通常放送に戻って参りました!

 今回はJUSとgyasyaが6/26(土)から公開される『宇宙ショーへようこそ』をいち早く観ましたのでその論評をば致します。

 予告編はコチラ↓


 最近、放送が長くなる傾向にありますね。気を付けます~。

 今週の内容は...
  • 最近 仲が良いんですかね?
  • お金はかかってます
  • 解禁!
  • 戦犯は誰?
  • 脚本家・倉田英之
  • 寝るなよ

平成22年6月20日に収録
 次の『白鯨ラジオもっこもこパレード』の日程が決まりましたよ。7月6日の火曜日!
 何か録ります。動きます。

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始 入場料:無料

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/34


やっぱこっちの方が
第214回 平成22年5月20日 「桜川名画座の九 鉄男の旅」 41分43秒

 ごめんなさい。ゲスト企画のアップは5/24まで待って下さいね。編集時間が足りないぜ...。

 さてさて、今回の内容ですが映画ネタです。カルト映画の鬼才...と言われてるのだけはよく聞く塚本晋也監督の最新作『鉄男 THE BULLET MAN』をJUSとgyasyaが観て来ましたので頑張ってほめようとしてみましたが、さて。


 今週の内容は...
  • 久々の『鉄男』、その内容
  • 音圧!
  • 感性!
  • ああいうのん好きなんやねえ
  • 少年Zさんからのメールから、3D技術は映画を変えるのか
  • マジ高さんのマネタイズ

平成22年5月16日に収録
 告知!。『青春あるでひど』!。
 先週 告知してましたが、『白鯨ラジオもっこもこパレード』で収録された『青春あるでひど』の二本の内の一本が公開されてます。酔っ払いのぶっかけ好きが喋ってますよ。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/41


エビまっしぐら



第210回 平成22年4月22日 「桜川名画座の八 AB」 30分53秒

 観て参りました『第9地区』!
 偶然にもJUSとgyasyaが同じ日に観に行っているというこの奇跡の作品を誉めたり誉めなかったりしますよ。 

 今週の内容は...
  • JUSとgyasya、仲良くはありません
  • 評価が真っ二つな『第9地区』
  • 悪意をちゃんと含んでますね
  • ロボット演出の日本とそれ以外の特徴
  • GAGAらしさと日本の配給会社事情

平成22年4月18日に収録
 また週一更新に戻りま~す。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/46


この人もどこかに
出てた気がします
第198回 平成22年2月4日 「桜川名画座の七 ディジタル新世紀!」 38分

 今更『アバター』見て来ましたのでその話。
 珍しくwええ話してると思いますよ。某日本人監督に対して以外は。

 放送中で喋ってました3D対応アイトレックセットは本当に商品化してくれないかなぁ。そういう商品を作れる様な国でないと競争負けちゃうと思うんだけどなぁ。ROLLYは要らんけどw

 『アバター』を推薦していたのは、この二番組。





 今週の内容は...
  • 『アバター』観て来たよ!
  • JUSの映画観を変えた三本とは
  • これまでの3D映画と『アバター』の違い
  • 新技術から想像出来る映画の未来像
  • サディスティックな芸能人とマゾヒスティックな芸能人



平成22年1月30日に収録
 そうそう、イベントについては色々と固まって来ました。
 気が付くと豪華ゲストなイベントに!

 竹馬の友やお隣さんや、終生のライバルや竿兄弟や、
 内縁の妻や隠し子や、生き別れのお父さんや血の繋がらない妹など、
 兄弟縁者こぞってどうぞ!
 貴重な御時間を2時間程分けて下さいませ!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/67

第108回 平成20年8月21日 「桜川名画座の六 恐怖蝙蝠男」 14分5秒

 映画ネタが続きますね...。

 現在 大絶賛公開中の『ダーク・ナイト』を試写会で観たgyasyaが頑張らなくても褒めちぎります。

 で、またしばらく週二回更新致しま~す。


 平成20年8月5日に収録。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/175

第63回 平成19年11月8日 「桜川名画座の五 出来がアンフェア」 11分51秒

 先日、DVDが発売されました『アンフェア the movie』をJUSが観てしまいました。

 その余りにも余りな出来に驚愕しましたというお話。

 激しくネタバレなので、観るのを楽しみにしている方は御注意下さい。
 ま、楽しみにしてたとしても、どうせ...。

 平成19年10月20日に収録。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/221

第53回 平成19年8月30日 「桜川名画座の四 『映画監督って何だ!』って何だ!」 33分15秒


在りし日の鈴木清順監督
(死んでません)
 今回は2006年に公開された伊藤俊也監督作品『映画監督って何だ!』について。

 日本映画監督協会の誕生70周年を記念して、日本の映画業界と監督との間に横たわる著作権問題を冗談めかしつつも真面目に扱った作品...って事なんですけどねぇ...。まあ、聞いてみてやって下さい。
 勿論、映画自体を観てから聞いて頂けた方が判り易いと思います。

 平成19年8月10日に収録。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/231

第32回 平成19年4月17日 「桜川名画座の三 エリミネーターズ VS ソサイエティー VS DDS」 14分48秒

 今回も三本立て。

 まずは小ネタのキーボード話。話に出て来た赤外線投射型キーボードの画像はコチラ

 本題は映画について。皆さんの心に残る気持ちの悪い一本と言えば何ですか?

 最後に、21世紀に実在したヒーローのお話。JUSの友人が元ネタにしていたのは、どうやらココの様ですね。

 平成19年3月9日に収録。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/255

第30回 平成19年4月10日 「桜川名画座の二 ジョジョと日本と沈没たち」 15分31秒

 ジョジョファンの心理と、ジョジョファンに触れ合う者たちの心理の乖離についての考察と、新『日本沈没』が描きたかった物は何だろうの巻。

 『日本沈没』については軽いネタバレがございますので取扱要注意。

 平成19年3月9日に収録。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/257

第26回 平成19年3月15日 「桜川名画座の一」 22分10秒

 JUSが見かけた映画のオープニング→映画鑑賞強化月間のテーマ→怖い物という美しいトークの流れ。

 皆さんの怖い物って何ですか?。大募集。

 平成19年2月2日に収録。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/262