自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第216回

| コメント(5) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第216回 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第216回 27分12秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 一週相手の更新だ!

 遅れておりまして申し訳ありません。

 という訳で雑談ですよ!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2103

コメント(5)

うーん・・・ちょっとこの回はビミョーでした。
特に劇団に対する坂口さんの主張。
まぁ真正面から坂口さんにぶつかるのが考え物なのはアレとして・・・w

もちろん、話の流れのような劇団もあります。
ただ成功している劇団もたくさんあり、劇団から出た俳優もたくさんいます。
なにを目指しているのか?と言われれば「アクター」でしょうし
比較的成功例の多い分野だと思います。

ひっかかったもうひとつの理由は
「ネットラジオなんて文化祭の延長」
「なに目指してるかわからん」
と言われたらいろんな意味で私自身がカチンとくるな、と思ったので。
坂口さんなら「そうや!なんも目指してへんがな!」
・・・といいそうですがww

------
【プチネタ振り】
Adobeからなんやそれ!が発表になりましたね。
ttps://www.google.co.jp/amp/gigazine.net/amp/20161108-adobe-voco

おもろい反面めんどくさ恐いシロモノ。
これで一本は広がらなそうなのでひっかけられるタイミングがあれば話が聞いてみたいです。

いやー、選挙が終わってもう2週間たっちゃってて、いろんな人のこめんとやら暴露話やら出てて、一番面白かったのは、関西弁のキリスト教のおっちゃんのヒラリーのメール問題の解説でした。
べんじゃみんも面白いんだけど、冒頭の太刀回しが気になって、気になって。

しかし、もう乱暴なことが言えなくなったです。だって、乱暴なこと言う人が主流になってしまったので、冗談じゃなくなりました。
合理的に話すって、つまんないんだよね。

>怪文さん

 おそらくは坂口さん、いわゆる劇団への評価が僕の影響下にある筈なのでその責任も感じておりますw

 ああいった劇団系ワナビの描く終着点が「アクター」であるというのは僕も賛同するところなんですが、それでもやはり坂口さんがああいった感想を描くのはその成功率の低さだと思うんですよね。
 とある人は俳優で喰える人は千人に一人と言ってましたし…。
 ま、バンドマンも似た様な成功率だと考えると殊更 俳優をあげつらうのもおかしくはありますが…。

 ネットラジオについては、ほら、僕らサラリーマンの余暇でやってますし…と言い訳をw

 VOCOですねー。
 伊集院光に先に取り上げられちゃったんですよねー。
 実は、子音と母音を上手くつなげて別の音にする、くらいの事は僕は普段の編集でやってるんですよ?w


>ちんさん

 関西弁のキリスト教のおっちゃんとべんじゃみんが誰か判りませんw
 あ、ベンジャミン・フルフォードですかね?

 合理的に話しつつ面白いを目指しますw

表現を生業にしたい世界だとまぁ地域・市場・分母の違いながら
大成するってそれくらいが「楽観的な数字」かなぁ?と思います。
さらには舞台なら出演じゃなくても潰しとして
脚本家・舞台設置・音効・特効まで考えると
さらに楽観していい分野かと。
意外と「食える」ようになる世界なんですよ。劇団って。
・・・ってことが少しひっかかったので。

…話の流れに乗ると・・・(のるんかい)
私には「ダンサー」がその虫食い問題にハマったり。
あの世界の『あがり』が私にはよくわかりません。
インストラクター?振り付け?ブロードウェイ?

>怪文さん

 その辺の話になって来ると、広瀬すずじゃないんですが「そこがアガリ?」っていうのもあったりするんじゃないでしょうか。
 まぁ、意外とギョーカイで喰えたりするからこそそこに向かう人がいるんだなぁというのは納得です。

 ダンサーは、あれは少し競技感があるから余計ぶれますよねぇ。
 概ね講師くらいでしかない気がしますもんねぇ。