自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第214回

| コメント(5) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第214回 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第214回 31分44秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 『野火』回の続き!

 いよいよ送水さんの真面目ボルテージが上がって参りましたよ!!

 あ、『桜川マキシム』10年経ちました。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2098

コメント(5)

送水さんは嫌な映画の方が内容についてちゃんと話してくれるんですね。ならば次回は「火垂るの墓」でお願いします。(笑)

私はこの映画を観ていないのですが、戦争映画に直接的な残酷表現を入れるかどうかというのはたしかに難しい問題ですね。
グロ耐性というのは人によって差が激しいので、そういう表現を入れた時点で映画の意図を正しくくみ取れるのは限られたゾーンの人だけということになりますから。
ただこの監督の「鉄男」を観た限りでは、この映画の意図が反戦であったにせよスプラッターであったにせよ、ゴア表現を抜きにして撮ることは最初から考えていなかったでしょ、と思いますが。

ともあれ塚本監督に限らず、戦争を知らない世代の人間が戦争の本質というものを感覚的に理解するのは非常に難しいと思うので、表現として視覚的なリアルさを追求したのは正攻法と言えるかもしれないな、と思いました。

あ、10周年おめでとうございます。

送水さん、ごじっさいだね。
JUSっちは、よそっじだね。
マキシムはじっさい、どうなのよ。

ほぃ。送水さんのマジな感想に「この映画すごい!」と観た時より衝撃を受けました。
是非「キャタピラー」などの若松孝二映画を観てもらいたくなったり。

野火の感想
今回塚本晋也・市川崑の両監督版観ました!偉い!!小説は読みません!!!

塚本晋也版-一時期安っぽいグロ映画を見すぎていたせいかグロい絵面に白ける自分…、というかグロ描写に逃げとらんか?
5日分の食料が手切れ金+交渉用道具なのが何とも現場っぽくて好き。
途中で飽きてくる。最後の食後の運動…それで狂人?っと。
直接見せるのと間接的に魅せるのをもう少し使い分けてもらえれば…。凡作ではないけどこれじゃない感。
私の大戦中の食人に対するイメージが合田一道のひかりごけ関連の書籍が基準となっているので仕方ないところも。

市川崑版-こちらの方が長いのに短く感じた。
良く出来てる。本当によく出来てる。
肉が食えない描写にホットする反面、歯が抜け落ちる程に弱っている事に戦慄する。
なんかもう、なんかもう!っと感じながら終わっていくのが凄かった。

どちらも映画館では観たくない映画でした(笑)

>keizoさん

 「火垂るの墓」は観てくれないだろうなぁ。
 むしろ松嶋菜々子版の方が観てくれるかもしれません。

 結局、グロ表現と感じるか必然と捉えるかというのは結果でしかないんでしょうね。
 そのシーンに至るまでの過程をきっちり描こうとすれば帰結として受け取ると思うんです。
 逆に、「ほらどうだ」って突き付けられるとグロと捉えてしまいます。

 その意味でもこの監督は「ほらどうだ」から抜けられないでしょうからねぇ。

 あとは、匂いなんかが表現出来ればむしろグロ表現からは上手く脱却出来たりするんですかね。
 でもやだなぁ、「野火 4DXマシマシ版」。


>ちんさん

 さすがに37になりますとアラフォーだなって思います。

 マキシムは仲良くやっとるんですよ?
 いやマジで。


>のぶ茶さん

 うわー。キャタピラー!
 もし送水さんが観てくれたら『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』以来の若松作品!

 塚本版はやっぱりグロに逃げてますよねぇ。
 全般的に心理描写がチープなのが、塚本作品らしいっちゃらしいかなと思います。

 市川版は、その点 真剣に作品を映像化しようと取り組んでいる感があって好感は持ちますね。
 ただ、こちらはむしろグロから逃げているというのも正直感じちゃいました。

 トータルでは僕は塚本版の方が…となった次第ですハイ。