自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第498回 「さくらがわまにあっくすの八十四 不安なファン」

| コメント(6) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第498回 「さくらがわまにあっくすの八十四 不安なファン」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

第498回 平成28年6月25日 「さくらがわまにあっくすの八十四 不安なファン」 30分56秒

 今回は酔っ払い二人が『シン・ゴジラ』についての不安感を只々表明しますよ!

 楽しいお酒でしたよ?

 今週の内容は…
  • デフレ酒!
  • 豪華俳優が不安!
  • コンセプトが不安!
  • やらかしが不安!
  • 燃える展開

平成28年4月23日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2030

コメント(6)

夢見がちな大人です。
確かに、普通の方に「どのゴジラ映画なら面白い?」と言われると、ファンの立場でも答えに窮するのが難しいところでして、そうなると、やっぱりビオランテとGMKになるかなと。
JUSさんの胸熱ストーリーは、ところどころうろ覚えのどこかで見たシーンの寄せ集めなので却下です(笑)。
私自身は、長期休止してからの再開作は結構空回りする傾向があるので過度な期待は禁物ですが、今のこのコンビで
しか、ゴジラを撮らせて期待を持てる人は居ないでしょうと思っております。
そうは言っても怪獣映画は出るまでが楽しいので、公開初日に観たあともう一度観たいと思わせてくれる映画になっていてくれるのを祈るばかりです。進撃の巨人は色んな意味でヒドかったですから。

もう、ダメです。
ボンテージに身を包んだ女秘密捜査官が、ご無体な訓練を受ける映像しか浮かんできません。
でも、石原さとみは、僕が選ぶ美女日本代表24人の中に入ってません。

余計な心配をしなくてすむぶん、ゴジラファンでなくてよかった(笑)

あと、すいません。
ビオランテ見てません。
『まだ』と付け加えておきます。

私、メカものは好きなのですが怪獣ものは面白さが分からないので、シンゴジラは地上波放送されるまで観ないと思いますが、一応予告とか前評判を見た上での感想を述べます。

タイトルについて
「シンの意味は新か?真か?神か?」などと、エヴァンゲリオンの次回作が「シン・エヴェンゲリオン」だと発表された時と同じリアクションをしている人がいます。でもそんなのは説明されないと言っておきます。

内容について
「ゴジラに対抗できる唯一の存在は巨神兵」「その召喚には赤い瞳の少女が必要」のような感じでナウシカ・ゴジラ・エヴァの世界観が繋がっていることが台詞のみで示唆されます。というのはもちろん私の妄想ですが、もし他にこういうことを言ってる人がいなくて、なおかつ当たってたら誉めてください。

映像について
ハリウッド映画に比べると予算が取れないのは如何ともしがたいので、ゴジラが「パトレイバー首都決戦」のイングラムより動いたら合格点でいいと思います。

以上、「ゴジラはいいからエヴァ作れよ」と思っている者の意見でした。

コジラに対して、戦車よりも自走砲のほうが効果的なのではというご指摘がありましたが、現代の自走砲はほとんが対人用に広範囲に面制圧するための榴弾砲であり、装甲、いや、体皮の厚いゴジラに対してはほとんど効果がないと思われます。予告編でMLRS多連装ロケット砲も出ていましたが、これも同じように表面に軽い火傷を負わせるぐらいでしょう。
戦車の砲弾は、分厚い戦車の装甲を抜くための徹甲弾ですが、100mを超える巨大生物に対してどれほどの効果なのか。針でつついたぐらい程度じゃないでしょうか。ちなみに体長数十cmしかないアルマジロの体皮でも拳銃弾を弾くと言われてます。

加えて申し上げますと、戦車を碁盤の目のように並べていましたが、あんなことやったらコジラが向かってきた時に混乱して逃げ遅れ踏み潰される戦車が多数出ます。戦術としてリスクが大きく好ましくありません。
F-2とP-3Cにありったけのハープーンを積んで一斉攻撃の方がマシです。

ゴジラ!といわれると
☆斉藤由貴のコンサート中に襲来するゴジラ
☆超笑顔で逃げ惑うオーディエンス
という絵しか思い浮かびません。はい。日本版での話ですが。
そしてそれがどの作品かすらよくわからない、っていうね・・・。

>ダイヤモンドキックさん

 どうも。現実を見たくなくなって来たおっさんです。熱も出て来ました。もう駄目ですw

 どのゴジラ映画、についてはあとはもう初代ですかねー。
 意外と作品としてはエメリッヒ版も嫌いじゃなかったりするんですけどねw

 そうかー。胸熱ストーリー却下かー。麻生司令官見たかったんだけどなーw

 期待を持てる人、ホント難しいですね。
 案外 細田守辺りにやらしてみてわ?とか思ったりしますw


>とっしゃんさん

 それはアレですね。『ルパン三世』第一期の第1話の不二子ちゃんがライダースーツをピリピリ破かれるのと同じ種類の映像ですね?w
 あと、とっしゃんさんが選ぶと日本代表なのにバタ臭くなるのでランキングが歪むと思いますがいかがでしょうか。

 ビオランテはマストですよー。
 まだ真面目に日本映画界がSFを撮れると思ってる残滓がそこにw


>keizoさん

 「シンの意味」については、なかなか純粋な方々もおられるもので。童貞かw

 巨神兵や赤い瞳の少女については案外ありそう…。呉爾羅のくだりでやりそうですw
 当たってたら…、三千円以内の何かをぷれぜんとしますw

 「首都決戦」と比べるのはさすがに失礼なんでわ…。庵野氏にw


>町村中尉さん

 ここにも中尉さんがw

 大型の、それも生物である目標に対してのダメージを、ということであればハープーンもいいかと思うんですがバンカーバスターとかが結構イヤな感じに効きそうですね。見た目がグロ過ぎそうですがw

 N2爆雷とかやりそうですねー。


>怪文さん

 うわー、それ何か見覚えあるわー。でも斉藤由貴出てたかなぁと思って調べたらそれこそビオランテじゃないですかw

 改めて見てみましたら、ノンクレジットで音声でだけ斉藤由貴が「みなさーん、コンサートの途中ですがゴジラが来まーす」的に喋ってましたw