自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第494回 「さくらがわまにあっくすの八十三 もうええ」

| コメント(5) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第494回 「さくらがわまにあっくすの八十三 もうええ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

第494回 平成28年5月26日 「さくらがわまにあっくすの八十三 もうええ」 23分46秒

 さあタケヤリさんと『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』を徹底的にくさしますよ!

 これまで散々愛していると言い続けて来た押井守とついに訣別だ!!

 今週の内容は…
  • もう駄目
  • 強くて綺麗な御姉さん達の映画
  • 何で作ったん?
  • 攻殻機動隊も不安
  • 世界観を広げようよ

平成28年4月23日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2019

コメント(5)

あらら、押井監督はやればできる子と仰っていたのに…。
パト劇場版や攻殻の辺りの押井監督からは、預言者のような透徹した視線が感じられて、それが大きな魅力だったと
思いますが、ここ近作からは停滞と頽廃とチープさと自分だけが笑ってるギャグが際立ってしまって、いちファンとして痛々しいというか…。自分ももう、マッドマックスのような逆転満塁ホームランは押井監督には期待しません。

なんということでしょう、桜川マキシムと言えばですよ、
12%くらいは押井守で出来ていたはずなのに。

劇場版1&2、攻殻機動隊の一つ目あたりで止まっている僕は幸せ者かもしれません。
あ、でも、イノセンスは面白かったけどなあ(笑)

見てないのでなんとも言いようがないのですが、聞いていて浮かんできてのは、
AKB48の『リバー』のPVなんですが(笑)

書いているうちに思い出したのですが、タイトルが『ミカド』だったかなんだったか、
大戦中の旧日本帝国軍の秘密兵器サイボーグみたいなのが暴れ回る映画があったような気がするのですが、あんなんだったりして。

恐いもの見たさで「パトレイバー 首都決戦」を観てみました。期待値ゼロで観たせいか、意外にも観れてしまいましたよ・・。

押井作品を素直に実写化すればこんな感じじゃないかなーと。例えば「攻殻」が当時評価されたのは「アニメーションの新しい表現手法」のようなところであって、話自体が面白いわけではなかったような。その「表現手法」の売りというのが「アニメーションなのに実写のような表現力」だったと思いますが、そのため実写でやるとそのアドバンテージが活かせないということではないかと思います。というのは完全に押井ファンじゃない者の意見ですが。

イングラムの扱いはあれでしたが、ヘリアクションは十分良かったし、「押井守だからもっとできるはず」というハードルを取り除けばそんなに悪い部類ではなかったと個人的には思うのですが。最近でも巨人の出てくる映画とか、ゴキブリの出てくる映画とかもっとひどそうなのがありますし。

90分の方ですか?120分の方でそう思われたなら致し方ないですね

 全ての皆様、御返事が遅くて大変申し訳ございません。
 今週、もういっぱいいっぱいでした(汗)


>ダイヤモンドキックさん

 やればできる子である事は今でも確かだと思うんですけどね…。とこんな事を書いてしまう辺り僕も未練たらたらですw

 預言者というか「俺だけが唯一実写とアニメの統合された姿が見えているんだ」という自信に満ち溢れてましたよね。
 その頃の彼に時代が追い付いたという言い方もできますが…。

 アニメに戻ってくれたらあるいは…。


>とっしゃんさん

 12%w
 まさしくそれくらいですね。

 と言うか、それは桜川マキシムの構成成分ではなくて僕の構成成分ですw

 イノセンスはまだ良かったんですよ。あれを観た時 我々は「これは振り子の振れ幅の一番上だ。ここから来るぞ!」と思ったもんですが…。

 『リバー』ってどんなんだろうって思って見てみました。これかw
 ちょっと兵器の魅せ方はセンス不足ですが、この頃の篠田麻里子いいですねw。ダンス下手だけどw

 『ミカドロイド』!
 僕は『ミカドロイド』とは縁のある人生でして、過去2回 深夜に放送しているのを最初のシーンから観ております。VHSも持っていた筈。あんまり覚えてませんがw
 個人的には『ミカドロイド』の方がきちんと歪で面白かったです。


>keizoさん

 おお、御覧になったんですね。

 押井作品を素直に実写化すればこうなるというのは納得です。
 ただ、やはりそれだけではこれまで追いかけて来た人間として受け入れられないんですよね。

 例に挙げて頂いた「攻殻」が良かったのって、昔から「普通に映像化してもファンが納得しない作品」であった漫画原作を、押井節前回だったにせよきちんと映像化してみせた事だったのと同じ様に、押井守実写作品が今や「トーキングヘッド」レベルでは許せないのですw

 もう、この辺ハードルが上がりまくってるせいってのもあるんですけどねw

 でも、十人並以下ではあると思うんですよね。


>匿名の方

 90分の方です。

 120分の方でも評価は変わらんと思うんです。その内 観ますが。