自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第492回 「さくらがわまにあっくすの八十二 JUSは『熱量と文字数』の第143回が許せない」

| コメント(3) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第492回 「さくらがわまにあっくすの八十二 JUSは『熱量と文字数』の第143回が許せない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

第492回 平成28年5月13日 「さくらがわまにあっくすの八十二 JUSは『熱量と文字数』の第143回が許せない」 41分57秒

 さあさあ、御立ち合い。
 Rickaさんを聞き手にしてJUSがまた悪口を言いますよ!

 今回は人気ポッドキャスト『熱量と文字数』でやってたガンダムトークを聞いたJUSが溢れる怒りを抑えきれずに言いたい事を言い倒します。

 まずは当該の番組を御聞きになってから本編を御聞き頂いた方が楽しいかもしれませんね!



 今週の内容は…
  • 聴いてみたんですけど
  • ちゃんと観てるか?
  • Ζに論壇を
  • 自分自身の話をせえ
  • ちゃんと告知しろ

平成28年4月13日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2014

コメント(3)

件の回を聞きました。
クリエイターとしての能力と、ファンとしての情報量、知識量は必ずしも比例するわけじゃないでしょうが、プロとして「感心した」「影響を受けた」「自作で反映させた」のか、ファンとして「ただ好きだ」「思い出に残っている」のか、というところの線引きが曖昧だったと感じました。
玄人なのか素人なのか、これってきっと、すべてのポッドキャストに諸刃の剣的に刺さってくるんでしょうね。

13機については、きっとただ言い間違いで、そんなに目くじら立てなくても、思いますが(笑)
僕も、Zが好きだ好きだといってもテレビ版を最後に見てから、15年くらい経ってるかも。
そんな僕ですが、Zの話は楽しみに待っています。

今回は、ほとんど劇場版しか記憶がない上に「ガンダムは最初のやつだけ観ておけば十分」と発言したことのある私には耳の痛い話です。「熱量と文字数」のほうは、私くらいの知識の者にはガンダム論の総括として聴きやすかったですよ。まあ確かに、どこかで聞いたような話を自分の意見のように話されると耳に障るというのは理解できますが。

またファーストガンダムの脚本演出について全員で褒めちぎっているのに、同じ監督の作品であるZについては誰もまともに評論できないのは不思議だとは思うのですが・・実は私もファースト好きで、Zを評価できない人間の一人なんですよね。
それについて考えてみたのですが、富野作品って本来ものすごく分かりにくくてアクの強いものじゃないかと思うのです。ファーストでは周りの人が偶然いい塩梅にそれを薄めてメジャーになり得たのですが、Zの時点では監督の力が大きくなりすぎていてアクを取らずに出した、その結果人を選ぶものになってしまった、ということではないかと思います。(これもどこかで見た意見かもしれませんが)

あと、一般的にファーストが好きと言っている人は無意識に「めぐりあい宇宙」を基準にしてないか?とも思います。ファースト以降のガンダム作品はあれと比べられる宿命にあるような。でもあれは奇跡的に出来のいい、しかも劇場作品ですからね。
ともあれ桜川マキシムでのZ論を私も楽しみにしています。

>とっしゃんさん

 さらりと怖いこと書いてはるw

 まさしくその通りで、いかに作品からのインプットを自らの活動でアウトプットしたのか、そしてそのインプット&アウトプットをトークとしてどうアウトプットするのか。
 何かの作品を語る時には紙に書いて壁に貼っておくべきですね。

 13機については、言い間違いの可能性も大ですが、あの場にいた誰もが突っ込めていない事も含めて許しませんw

 Ζは咀嚼しづらいのもあまり見返せない原因でしょうねー。
 頑張って咀嚼しやすくしてみせますw


>keizoさん

 まあファースト以外に手を出すと“沼”が待っているので、ファーストだけ教養として見ておけば良いというのは仕方がないのかなあと思ったりします。

 アクの強さは確かにあるんですよね。
 彼の、あの小説の文体の持っているアクと言うか、独善性みたいなものは作品全体に徹底して存在しますもんね。
 初期の押井守氏が周囲のスタッフのおかげでメジャーとなったのと同じ様に、富野氏もそういった周囲の力が大きかったのかもしれませんね。その辺も拾えるΖ論にしたいなぁ。

 「めぐりあい宇宙」は、あれ一種のアニメバブル期ですもんね。
 だって、何でか知らんけどダグラムが75話やれたりする時代。
 もうそれだけで良く判らん時代ですねw