自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第489回 「めんどくさいひとたちのおはなし」

| コメント(5) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第489回 「めんどくさいひとたちのおはなし」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

第489回 平成28年4月21日 「めんどくさいひとたちのおはなし」 41分17秒

 久々トリイソーギー。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2008

コメント(5)

JUSさんは以前にも、「クリエイターなら批判、非難されて当然」といった趣旨のことをおしゃっていたように思います。

ええ、それは僕も当然だと思います、作り手はそういった覚悟が必要でしょう。

でも、批判、非難する側の姿勢についても思うところあって、
文語体と口語体の違いをどれくらい意識しているのかといったくらいにまで話を差し戻さなければならないのかなあ・・・と思ってみたりもします。
という僕がそこまで意識できているわけでもないですし、
「あれは面白かったですよ」と軽い気持ちで書いて、語彙力の少なさ、表現力の低さをあてこすりされたことがありますけどね(笑)
以前は、テキトーな本の感想を良く書いていましたが、その辺で自分自身にも反省するところあって、数年前にやめました。

出版業界における本屋大賞批判なんかにも一脈通じているような気がして、面白かったです。
ああ、また使ってしまいました。
それにしても、ノット・フォー・ミー。
すごく便利な言葉なんで、僕も使いたいと思います(笑)

>とっしゃんさん

 あんまり覚悟めいた話でもなくて、「言いたい放題 言われるもんなんだから、そこはほらしゃーない。嫌ならやめなー」的なニュアンス成分もあるんですけどねw
 実際、ネットラジオでも「え!?、おまえホンマに聞いてモノ言ってる?」って言いたくなる様なアレな発言をぶつけられたりもしますから…。
 発信側がそういった諸々に感傷的になる気持ちも理解出来なくなかったりもします。でも、そんなもんだよなー、と。

 そうした状況から今回のNOT FOR MEや、(小並感)という言い回しが生まれたりもしてるんでしょうね。
 そういうの付けなくてももっと自由にモノ言い合えばいいのにな、と思います。
 例えば僕も「桜川マキシムつまらなかったなー」くらいの感想でしたら「残念だなー。がんばろー」で終わりますし。これが「桜川マキシムってつまらないよねー」だったら「どこがやねん。ちゃんと理由を言え。っつうかホンマに理由あって言うとんのか。おまえそれで何か意見言うたつもりか」ってなりますけどw

 ちなみに、僕は本屋大賞より「この○○が凄い」の方が嫌いです。あれで1位とか言われても僕は全く面白くありません。あのランキングはノット・フォー・ミーです。

日本語は主語をぼやかして使う事ができるので「これは全体の総意ではなく私個人の意見であり、決して○○(が好きな人)を誹謗中傷するつもりはありません」というようなエクスキューズをわざわざお尻につける必然性が生まれやすいのかなと思いました。


なのでリッカさん・・・『怨讐星域』はノットフォーミー!
アンドギルティー!

うん。どうも自分の好みに部分的に同化する人が多く
自分の好きなモノを貶される=自分が貶される
的なことが日常ありふれてるので

「俺にとっては×だけど○な人もいるよねー」

ってのと、全然専門家じゃないし努力は認めんではないが
端的に言えばつまらん、だと解釈してます。

後者は逃げじゃないか?と言えばそうですが。

>ダンコンさん

 確かに、少なくとも英語よりは主語をぼかして使えますねー。
 イギリスなんかだと表現をぼかして厭味ったらしく嫌ごと言うたりしますけどw

 そう言えば先日、ツイッターでイギリス人とオランダ人が英語で会話するとニュアンスが伝わらんって話がありましたっけ。「それは新しいアイデアだねー」がイギリス人だと「アホが訳判らんこと言うてるー」になってオランダ人だと「お、ええこと言うやん」になるという。

 そうかーギルティかー。
 まぁ、SF者は割とわざと喧嘩になる様な物言いするのに慣れてるからいいんではないでしょうかw


>怪文さん

 個人的に変だなって思うんですが、部分的に同化する人の方がけなされると怒りますよね。

 僕みたいにガンダムが完全に思考の一部を作っている様な人間からすると、けなされても怒らないですもん。と言うか、率先してけなしてますけどw

 何か、ボドゲ界隈は逃げを打つタイプが多過ぎたり、変に気を使わされたりが多くて気持ち悪いのですはい。