自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第187回

| コメント(5) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第187回 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第187回 30分18秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 さあ課題映画だ!
 今回は24時間テレビで放映された手塚アニメ第2弾『海底超特急マリンエクスプレス』だ!!

 とは言え、あんまり作品の話をしていないぞ!!!
 と思ったらちょっぴりレア(?)な情報も!!!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/2001

コメント(5)

私にとってはこの作品、あの時代の空気感も込みで印象に残っているのです。
当時は大阪万博の後~神戸ポートピア博覧会の前という華やかな時代で、人々が未来の科学技術に大きな夢を持っていましたから、海底超特急というコンセプトが良かったんですよね。透明なチューブの中を走る未来の乗り物なんて、当時空想されていた未来世界そのままじゃないですか。

それに夏休みの一大イベントである24時間テレビに、神様手塚治虫が特別に作ったアニメというお祭り感だけでわくわくしたものです。実際通常のテレビアニメとは一線を画すくらい絵がきれいでしたし。だからリアルタイムで見たかどうかというのはわりと評価に影響を与えると思います。

脚本が雑というのはその通りだと思いますが、当時の子供なんて適当にチャンネルを回して途中から番組を見るような感じでしたから(少なくとも私は)、緻密に伏線を張っても意味ないのです。冒頭は見逃してますから。

個々の内容については、トークが来週に続くようなのでそれを聞いてから感想を述べたいと思います。

最近ツイッターの方がおもしろいですね。
本編はこれから聴きまーす!

>keizoさん

 やれ海底都市の建設だとかも真面目に言われてましたよねーって産まれてませんがw
 その辺の未来への渇望みたいなものを掬い取ることについては手塚治虫は本当に天才だなぁと思います。って祖父が昔言ってましたw

 当時のテレビアニメはまだまだ程度が低かったですよね。まだ白黒テレビも相当残っていた時代ですし、そう考えるとあの動画枚数は驚異的だなぁと思います。
 『ドラゴンボール超』とかはこの時代程度のクオリティですけどw

 子供は本当に見方が雑ですねー。僕もよく、映画館に着いたらとりあえず入っちゃって、最初に観出した辺りまで来たら帰るっていう酷い観方してましたっけ。ゴジラとかドラえもんとかw


>ちんさん

 コメントを返すためにきちんとPCに座ったりしなきゃいけないのに、色々あってそれが出来ないストレスをぶつけているのですw

この作品、子供の頃、二回見たように記憶しています。
初めて見たのが24時間テレビだったのかどうか分かりませんが、再放送はあったようななかったような。

アトムくらいは知っていたんでしょうが、子供の頃の僕としても手塚先生は「昔のえらい人」くらいのイメージでした。

ラストが子供には衝撃的で、わびしいというかせつないというか変な気持ちになりました。
という意味で、印象に残っています。

>とっしゃんさん

 再放送はたまーにやってた気がしますね。
 NHKあたりでやってた様な…。

 とっしゃんさんの年齢でも「昔のえらい人」という扱いだったんですね。
 そう考えると手塚治虫を現役で観ていた世代って、相当 昔ですよね。そりゃあ、手塚本人がオートモに嫉妬する訳でw

 ラストのわびしさは良かったですね。
 あの辺は手塚マインドが上手く活きていた気がします。