自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第184回

| コメント(4) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第184回 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第184回 26分45秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 『夜叉』トークのラスト!

 今回はいよいよ興が乗ってきましたので調子よくしゃべっとりまっせ!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1995

コメント(4)

次回は「マリン・エクスプレス」(予定)!いいですね。
調べてみたところYouTubeで全編アップされていますが、あいにく何語なのか知りませんが、「アスタラビスタ・ベイベー」的な言語に吹き替えられていました。でもセリフがないと全然理解できないほど複雑な話ではないので、あらすじはそれで分かるかもしれません。
あとバンダイチャンネルで公開されていますね。(「海底超特急 マリン・エクスプレス」7日間¥324だそうです)

名前を聞くまで長年忘れていたが、言われてみればすごく心に引っかかっているあの作品がお二人によって語られることを楽しみにしています。


>keizoさん

 YouTubeじゃなくてDailyMotionならあった気も…。

 とは言え、結局 GEOのネットレンタルで見付かりました。
 あ、今は貸し出し中なので借りれませんよ!。GEOのやつは僕んちにありますからw

 こういう、忘れられた作品や、僕や送水さんの心に影響を与えている作品にはもっと触れて行きたいですねー。

夜叉の汗ビはノリノリでしたねwww
今回の内容は映画観た身として笑いすぎて。

これ…3・4ヶ月の間で起きた話しなのかな?
あれかな、ダイジェスト風で問題は冬に起きてる的ななんかこー。
後、この街には駐在さん居らんのかい。

一応感想
JUSさんみたいにこう言った映画を観れる自分に加齢を感じる。
しけった冬の日本海を見ながら「海のような大きい男になれ」と子供にいう母親に狂気を感じる。
ボコボコに殴られてもすぐ復活する小林稔侍。健さん弱すぎないか?
一瞬で覚醒剤が蔓延する漁村怖い。妙にリアルで怖い。
落ちのあれはたけしの子供か健さんの子供か・・・、田中裕子の笑いが怖い。
あれは女夜叉の誕生を…暗示して無いか。

>のぶ茶さん

 良かった、御覧になった方にちゃんと受けててw

 多分、11月の終わりくらいが映画の始まりで、2月終盤に映画が終わっている、ということにすればどうにかずっと冬であることの説明も付くんでしょうか。
 でも、ミナミはそんなに真冬感なかったですけどねw

 駐在さんについては、おそらく福井県には警察組織はないのではないかと思われますw

 しかしホント、こういうおっさん映画ってだんだん観れる様になってきましたよね。そして『ハンガーゲーム』とかはもう一生観れないのでしょうw

 田中裕子については、「彼女自身もまた夜叉だったのだ」ってことだと思います。そもそも夜叉って、女性ですから。
 「高倉健との子であることを無根拠に確信し喜んでいる」という狂気なんでしょうね。