自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第178回

| コメント(4) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第178回 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第178回 38分47秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 映画トークだ!
 今回はかねてより観なければならなかった『寄生獣 完結編』についてだ!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1983

コメント(4)

ドラマ「打てない警官」いいですよー、今のところ。大友さんの音楽がいいんですよ。是非ドラマで。
ロクヨンまだ見てない(読め!)なんですが、映画になるそうなので、それを待とうかな。
「邂逅の森」面白かった。途中すごい話になっていて、山本周五郎賞もびっくりだったんですが、最後は椋鳩十になって、フランダースの犬状態でした。
少年漫画にもなってるから、やはりいい作品なんでしょう。

「撃てない」でした。てへへ。

送水さんはレンタルじゃない時どうやって観賞されてるのだろうか・・・。
送水さんじゃないけど性交渉に力入りすぎてるもんだから主人公死ぬんかと思ったり、主人公が妄想こじらせてイキガッテル中高生にしか見えずホンワカしたり、お前が母親にとどめ刺すのかよ!っと突っ込んだり、色々残念でしたが、お二人が話していたように全体的に良くまとまったな~、と関心してました。
ただあれではマンガで描かれていた事が結構間違って伝わらないかな~とも。

寄生獣の種の保存・繁殖の話しとか無かったよな~と。

>のぶ茶さん

 その辺は色々あるのです。ネットレンタルで発送先をあれこれしたり。そもそも送水さんが持ってたり、或いは別のレンタルと併せて借りるタイミングだったり、的な。
 今回は「わざわざこれの為に借りに行った」という事かと。

 性交渉の部分で言うと、原作は割とすんなりした流れで入ってましたもんね。確かにこの映画版だと死亡フラグが立ってる様に見えます。
 母親のところは、一応は演出意図だったのかなーと思います。母親殺しを行った主人公と、母親として子供を守る為に死んだパラサイトという対比をやりたかったんだろうなぁ、と。

 全般的に、説明不足な部分と、変に饒舌過ぎておかしな部分とで、やっぱりアンバランスな作品にはなっちゃってましたね。