自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

2016年1月アーカイブ



第477回 平成28年1月28日 「N-1グランプリ(仮称)の二十八 『HOTCAST』を聞きました!」 49分55秒

 いつものトリーイソーギー。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1982

コメント(2)

『HOTCAST』を何本か聞いてみました。うーむ雑談ですね。しかも「汗ビ」みたいな笑いどころのある雑談ではなく、ガチに世間話と言うか。
Rickaさんの言われる「FMラジオで曲と曲の間に挟むような話」というのは的を射た表現だと思います。私なりの表現で言うと、「保険の勧誘員の人が本題に入る前にするような話」でしょうか。分かりにくい例えですが。

などと辛辣なことを言うのは、いきなり推薦回から聞いて「ポッドキャストのリスナーはタダで聞いているくせにクレームだけは付けてくる」と言われて傷ついたから(笑)

>keizoさん

 あはは。
 意外とそういう「ポッドキャストのリスナーは」という様な部分は毒を含んでいたりするんですよね。
 僕は個人的に、そういう唐突な毒が好きなんだと思うんですが、ビックリしちゃうのもさもありなんでございますねw



第009回 平成28年1月21日 「勧めれば金の五 『怨讐星域』vs『花もて語れ』」&「ニッポンジン」 1時間16分54秒

 えーと、本来なら『桜川マキシム』本編をアップするべきなんですが、仕事の途中で嘔吐したり40時間程 何も食べれていなかったりと酷い有様なので、順番を繰り上げてサブをアップしちゃいます!
 途中まではRickaさんとALさんの『勧めれば金』で、JUSの独りトークを挟んで、ひろしさん&JUSがとある方からのメールについて喋ります。

 今週の内容は…
  • サブでも勧めるぜ!
  • Rickaさんからの御推薦
  • ALさんからの御推薦
  • JUSからのおはなし
  • ひろしさんとJUSの暴言

平成27年10月21日・平成27年10月31日に収録
 肝心のAmazonリンクはこちら。
 興味があったらポチってみて下さいませ~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1981

コメント(3)

感想1.「怨讐星域」、設定は物語の都合による強引な部分もあるようですが、それを補って余りある勢いを持った興味深いストーリーですね。お二人の勝負には貢献できないのが申し訳ないですが、機会があったら手に取ってみたいです。

感想2.いつかお目にかかりたいと思っていますが、現在は関西に行く時間が取れないので残念ながら新年会は断念致します。それより、体調を押してラジオを更新されているようで心配です。更新を楽しみにしているリスナーとしては「少し休まれては・・」という一言が言いづらいのですが、くれぐれもお体にお気を付けください。

感想3.外国人に対して意外とニュートラルなJUSさんの意見が聞けて面白かったです。本当に自信のある人は、例えば発展途上国だからという理由で他国を見下したりしないはずで、逆に積極的に相手の良いところを認める余裕があるはずで、対外評価を気にする人に日本人としての自信のなさを見てしまうから嫌なんだと個人的には思います。

「日本人の劣化」については、私は「変質」あるいは「取捨選択」という言葉に置き換えていて、あまり優劣を考えないようにしています。失われた文化の中には美徳もあったでしょうが、単に必要ないから捨てられたものもあったはずで、極端な例ですが「昔の結婚は家同士が決めていた」というのも、そんな不幸を生み出すような仕組みはなくなってよかったと思いますしね。

日本人がどう、血液型がどう、という個別括りというよりは
思考の根っことしての
「帰属意識の高さ」「マジョリティであることの安心感」
というようなことにはことあるごとになんだかなぁ感を感じています。
(こんな話でも極端に言えば『日本人論』の端っこなんだろうか・・・?)

そしてこうなりやすいことの因子のひとつは
「ホントに多いテレビ視聴者」
「ホントに少ないテレビチャンネル」
があると思うんです。

ひとつの意見を強く刷り込まれると結構な割合の人が
「それに賛成」「それに反対」という1軸の話に終始してしまい
新しい切り口では語られなくなったり
語ったところで「そんな話ではない」ってなることが多い気がします。

千原せいじ氏。ジュニアに「残念な兄貴」「残念な兄貴」と言われ続けた果てに
独特な位置につけてますねw

>keizoさん

 御返事が遅くてすみません。

 いやー、「怨讐星域」については僕も興味津々で。「花もて語れ」もですけどねw
 意外にRICKAさんもALさんも、作品チョイスがセンスオブワンダーを大事にされてて凄いなぁと思います。
 その辺、僕なんかオススメ作品のチョイスが「俺がおもろかったから」しかないのでw

 御心配頂きましてありがとうございます。
 その後の更新でも触れておりましたが、着実におっさん化の一途をたどっているというだけですのでw
 ぼちぼち節制せんとあきませんね!
 御目にかかりたい、についてはぜひとも!、とは言いながら距離が良く判ってませんがw

 外国人については、あれなんです。僕の敵は多くの場合日本人なので、外国人はあまり気にしていないのですw

 変質・取捨選択については良く判ります。僕もそちら寄りなんですよね。
 ただ、それでもある程度 心の中に保守的な部分も残っていて。その辺が、祖父の代くらいの価値観が最上とどこかに思っている、ってやつでした。
 そういう意識を持っていても変質して行くもんだと思いますし、逆にそういう意識を持っていない人の言う変質って、どこか身勝手な物言いだとも思うのです。


>怪文さん

 どうなんでしょうね。「帰属意識の高さ」「マジョリティであることの安心感」ってアメリカ人とかフランス人とかドイツ人とか、まぁまぁあの辺の外圧かけ気味の国家全般に言えることの様にも…。

 むしろ、日本人が特異だという言い方が出来るとすれば、政治的な命題に対する回答権を“おかみ”に委ね易くって、その窓口としてのテレビが機能しまくりってところなのかなぁという気がします。

 残念な兄貴については、寿司屋で「大将!、まぐろ!!」って言おうとして「大将!、もぐら!!」って言った話が、初めて聞いてから20年経つ今でも思い出し笑いしてしまいます。



オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第177回 28分15秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 新年二つ目も雑談!

 初詣トークやら音楽トークやら!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1980

コメント(8)

撃てない警官  安東能明 WOWOWで見てます。
面白いですね。
とっしゃんさんはどうです?

先ほどのコメントはちんでした。

わあ、一冊も読んだことない(笑)
WOWOWも見れない(笑)

一応・・・本人の名誉の為(別にそんな義理立てはないけど)。

春畑道哉・Gr(TUBE)は高校時代にはもう噂になるレベルの人でしたよ。
何故そんなことをいうかと言えば親類縁者が彼のバンド仲間だったわけで。
当時子供ながらにその腕前には驚いたことを覚えています。

笑 笑 笑

ロクヨンはどうですか? これからアーカイブでみます。

>怪文さん

 で…ですよね?w

 いやぁ、送水さんから聞きながら「えー?それ、別の人でわ…」とか思いながら、しかし知識がないままに受け入れておりましたw

本件送水さんには指摘なしでお願いできれば…。
瑣末なことで送水さんのはっちゃけに影響したら病むにやまれず。
世界中のファンからフルボッコにされそうなので(わりかし本気)。

……
………まぁ彼はほどの才能だと要らぬ心配かw

>怪文さん

 あはははは。何を仰いますやら!
 伝わったとしても送水さんのあの面白さは些かも揺るがないでしょう!!w



第476回 平成28年1月14日 「ジジネタの九十四 今更 秋の音源 まつらない」 26分42秒

 今回はひろしさん!

 少し前の音源ですが、ハロウィンとあの政治運動に見る人間の根源的な嫌悪感についてだ!

 今週の内容は…
  • ハロウィンを憎む感情と向き合え
  • 岸和田、気持ち悪い
  • あれも一緒
  • 寄り添われちゃうと

平成27年10月31日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1979

コメント(6)

ハロウィンと言えば、リア・ディゾンの・・・というのはいつかも書いたので横に置いておいて、僕は今日、腑に落ちました。
コンセンサスが取れていないのに、取れているかのようにふるまわれるのがいやだったんです。
ハロウィンもクリスマスも地元の祭りも、個人的にはどうでもいいのですが、子供がいるとなし崩し的に容認しなくちゃいけなくなるんですよ(笑)

SEALDsに関しては、ラップをするより、火炎瓶投げて欲しいです!
・・・じゃなくて、かつての学生運動の末路みたいなものが既にあるわけで、このあとどうなるのか、好き嫌いはともかく気になります。

ハロウィンむかつく問題。
ん~。この辺はなんとなく同意しかねたり。
まぁ日常の外、どっか遠いところの話だから、ってのもあります。
というより「まぁもう文化になりかけかな?」ってことで
参加こそしないものの結構理解を示す時期に入りつつあったり。

ってか端的に
「女子のちょいエロコスプレお披露目会」でしょ?あれ。
あ、言うてもーた。まーええわ(投げやり)

今あるむかつきは
「TRICK or TREAT?『お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞ!』って言えボケ」
くらいのもんで全てですw

ちなアメリカでも仮装して練り歩くっての、ありますよ。
ハリウッドに住んでる頃ハリウッド大通りを埋め尽くす大群の3割程度がやってました。
その頃の仮装衣装ってトイショップで物色(私の場合はステージ衣装)しましたが
軒並み怖いんですよね・・・全然かわいくない。
狂気しか感じませんでしたw

SELDSはなんとも言えないです。
デモ自体に否定的な意見もよくわかりますし
「若者が騒いでいる=バカ」って先入観もあると思います。
その反面「政治は若い世代にどんどんバトンタッチしていくべき」とも思うので
若い世代が声を挙げたことについて評価しているのと
自分自身の立ち位置が今時点で彼らに近しいってのもあり。

まぁ・・・おっさんが言えるのはたった一言。
「『踊らされている』って自覚だけは持って踊りましょう」
ですかね。

正直やねぇ〜。どす黒いものが噴出してくるんだよねぇ。それがハロウィーンだヨォ。しかしあんなものを子供の頃から教え込んでいいのだろうか。お菓子をくれなきゃイタズラするぞなんて恫喝やんけ。キリスト教が殺戮してきた異教徒たちの怨念を封じ込めるために与えられた一晩ですね。残りの1年を静かにしいやぁって。
だんじりは怖いよねぇ。南海電車で岸和田あたりを通り抜ける時、空気変わるもんねぇ。お嬢さんをできるだけ早く避難させてください。
SEALDsにむかついたりしないのは、あまり目にしていないからだろうね。小林よしのりが結構真面目に相手にしていたのが感動的だったね。
携帯電話は、電波を受信するため、ペースメーカーなどをつけていらしゃる方には、生命に関わることもありますので、マナー違反なんてやわなことを言っていますが、やめていただきたいのです。
あいかわらずひろしさんとの息ぴったりで、私も安心しながら聞けました。
なんで今頃ハロウィーンやねん!

そうそう。
>>反政府的・左派的行動が『干される』原因のタレント様。
これ、ちょっと最近懐疑的な気がしてきました。
ってことは逆に「親政府・右派的な行動はとても重宝される」ってならなきゃ変なわけで。
・・・鳥肌実ってみないなー(極端)

反政府、というよりもイメージがない段階でどちらかに寄った政治的な言行動に至ることによって一定数を敵に回す→多数の中から『難あり』物件を使う必要がない
→「干される」というより「使えなくなる」
・・・って感じかなぁ、と。
現に爆笑問題とか別に干されてない←もうそういうことを言うキャラ

という感じなのかもなぁ・・・と思い始めてます。
結果として干された状態には変わりないのかもですが
「あいつを干すんだ!!」的なフィクサーはいないだろう、と。

>>「左翼はお花畑、という批判が多いような気がする」
当然に右にも左にもオブラートに包めば考え無しな、率直に言ってバカな意見があります。頭がいいからリベラルに、知能指数が高いから保守に、といったような思想傾倒がなされるわけではないので。ここからは私見なのですが、右のバカは同じなんですよ。型が同じ(例:二言目には在日認定をするようなプロセスを踏まないと相手を否定できない→考えていない→バカ)。みんな結構飽きていると思うんです。切っても切っても出てくるのは同タイプのバカばかりで相手にするのは意味がない。時間の無駄。比べて左のバカは、こちらも極端なレッテル張りをするような事もしますが(安保賛成したらレイシスト、みたいな)結構バラエティに富んでおり、階級が「上」の知識人と称されている方々も沢山おられるので、少なくとも右のバカをバカにするのよりか楽しいんだと思います。が故に、楽しいから盛り上がって、盛り上がるから「批判が多いような気がする」のかと。批判する側にも、まともな人~すごい考えている人~感情に任せて反応してるだけの人~バカ~と濃淡おりまぜている中で、己が反対意見に反応するのは、暇を持て余した後ろの二者。感情に任せて反応している人、バカ、がネット界隈ではどうしても多くなってしまう。議論は成り立たず、双方お互いに唾棄し合って〆。残るは端にも棒にも引っかからない「批判」ログだけ。いやぁもっとみんな考えようよー。私ができてるとは口がさけても言えないけれども。考える事、これ自体が目的とする事は避けつつ、それでも考えて考えて調べて調べて悩んで悩んで根拠を出して論理を一個一個積み重ねてぶつけ合う・・・事でしか前に進めないと思います。安易なレッテル張りはそういった過程をすっとばす、「バカになる最短の道」なんだけどなぁ。ううむ。なんかすごい偉そうな事、私、書き込んでますね。語っちゃって、ますよね。まぁいいか。JUSさんの負担が増えるだけだし(にっこり)。

>とっしゃんさん

 1年前はまだ、そういやリア・ディゾンって何してるんだろう的な感じでしたが、今やそれすらなくなっちゃいましたね。去る者は日々に疎し…。

 コンセンサス、重要ですよねぇ。
 以前、隣人が「自治会抜けると子供会も抜けることになるのが意味判らん」と嘆いておられましたが、その辺も含めてぐっちゃぐちゃですもんね。学会員ですら「公明党にはクリスチャンもいるように、創価学会の組織ではありません」とか言うのに、ああした地縁に絡む連中のコンセンサスへの無理解はどうしたものでしょうか。

 火炎瓶。千葉真子。警察官。焼死。というお話ですよね?w


>怪文さん

 おおっと、もう文化になりかけてますか。
 一過性なものに戻ったりもしそうかと思うんですけどね。
 それこそちょいエロコスプレお披露目会路線を続けてると文化にはなりづらいのかなぁ、と。やっぱり子供巻き込まないと、と思います。
 日本語化する問題については「菓子くれんやつぁいねがぁ」でいい気もします。

 アメリカの衣装、かわいくないですよね。
 あの辺、連中のゴア好きなところと地続きな感があります。

 SEALDSについては、彼らへの評価で何だか立ち位置が見えて来ますね。僕と怪文は多分、リベラル度合いが同じ辺りなんだろうなぁという気がします。

 踊らされている自覚はないだろなぁw

 干される干されない、については…多分、芸のレベルにまで達していないというのが大きいんでしょうね。と言うと爆笑問題のあれが芸なのかどうかという点もありますが。
 石田純一の場合は、そんなことしなさそう過ぎて変な色付いちゃうんでしょう。
 これが中山千夏だと「はいはいいつもの」で済むんでしょうし。


>ちんさん

 異教徒たちの怨念もそうですけど、多神教を希求する感情の発露みたいなものも感じたりもします。
 超自然的な有象無象がうごめいている世界観に浸る楽しさを味わう日、みたいな。

 だんじり…、怖いのもあるんですが奇妙なんですよね。相容れなさが凄いです。

 携帯電話は…僕はあのペースメーカーを持ち出すことに一番 腹が立ちます。というのは以前の放送でも言ってましたねw
 本気でペースメーカーへの影響を心配するなら、あんな高出力のモーターを搭載した車両に乗っちゃいかんと本気で伝えるべきだと思いますはい。

 今頃ハロウィーンな理由は…、編集の都合でございますw


>ダンコンさん

 確かに、どこぞのチャーチルじゃありませんが左翼思想にかぶれてみたりしないのは短絡的な人だって傾向はある感じがありますね。
 ただ、左側には基本理念とかはそれなりにちゃんとしているっぽく思えたのに掘り下げてみるとびっくりするくらい底が浅かったり、単に感情やら怨念やらで動いているだけだったりしてげんなりすることが多い気がします。

 とりあえず今のネット界に必要なのは「司会役」これだと思います。
 これに徹することのできる人材がいればネット言論もまだやっていけるんじゃないかなぁ。

 僕はヤですけどw



オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第176回 30分3秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 雑談だ!
 今回はあけましておめでとうございます!という事で正月トークやらパチンコトークやら!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1978

コメント(3)

JUSさんと送水さんのパチンコトーク好きです!
まだお二人はパチンコのTV見てはるんでしょうか?
それと、送水さんがまだパチンコ好きじゃなくて良かったなと思います。

本年もよろしくお願いします!

エヴァンゲリオンのループ説のお話が出ていたので、ループ説について調べてみました。
結果、ループ説だけで少なくとも3パターンが予想されていることが分かりました。さらに調べれば、ループ説以外のありとあらゆる考察・予想も存在しているものと思われます。
この状態ではファンの期待を上回るものを作るのは実質無理というくらい難しく、明後日の方向に予想を外すか、そもそも制作しないかくらいしか選択肢がないと思われます。(前者はQでやったし、後者は今まさにやっていますね)
ファンの情熱がむしろ制作のハードルを上げているという状況、エヴァとは特異な作品ですね。

>流さん

 僕自身は最近はパチンコ番組から遠ざかり気味ですね…。
 深夜に気が付くと落ちちゃっていることが多くて、パチンコ番組とすれ違い生活ですw


>keizoさん

 結局それでもみんなエヴァに考察せずにいられなくなっているのが何というかかわいらしいw

 ファンの期待を上回るのは難しいですよね。虚をつくのも、その後 色んなパターン出ちゃってるしなぁ。
 その点、スタートレックはハードルが上がりまくっても平然と普通の作品を投げてくるあたり作品世界の重みが違いますね!w



第475回 平成28年1月7日 「さくらがわまにあっくすの八十 Δチケ」 29分44秒

 今回もタケヤリさんだ!

 実はもう一周早目にお届けして何とか『マクロスデルタ』開始に先んじたかったんですが…、全開の特別編のせいでこの羽目にw

 二部構成の後半は怪文さんのメールに御返事です!

 実は一部のJUS音声が破損してしまい、タケヤリさんの音声に合わせて追加収録をしてこの形になっております。しんどかった…。

 今週の内容は…
  • 4作目!
  • シリーズの思い出
  • 大西良昌
  • 何であかんのん?
  • プロレスは安い

平成27年11月8日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1977

コメント(6)

インフィニット・ストラトスのパチスロについては、そのあまりの出なさ加減に「ついにISの日本攻撃か」とスロ板界隈で話題になりました。

>OBK48さん

 門外漢なものでパチンコとパチスロが一緒くたです。申し訳ございません(汗)

 そしてISだけにw
 グラブルといい、何でああなっちゃうんでしょうね…。

子供の頃、モスピーダに出てくるロボットって、バルキリーみたいだなあ、と思ってました。
同じような話というと、ガンダムも結局、すごい才能を持った主人公+ヒロインはお姫様に集約されるような(笑)

マクロスは、最初の作品を小学生の時に見だだけで、あとは知らない間に始まって、知らない間に終わっていました(でも、バトルテックには少し触れました)。
なんだろう、いまでも一条輝が早瀬さんに走った気持ちが分からない(笑)

しかし、追加収録ってすごいですね。
江戸川乱歩が聞いたら、泣いて喜ぶようなトリックじゃないですか。

・マクロスパート
はい。いつも通りですみません。わからんです・・・。
しかし参考アフィ(?)見るとすごいですね・・・萌え萌えですやんかいさ。
昔のマクロスって劇画タッチに近かったと記憶しとるのですが・・・。
あとは「板野サーカス」って単語だけ知ってます。博学でしょ?えっへん。

・転売erパート
まずはお取上げ頂き感謝感激。
なのにプロレスー!わからーん!ズコー!
ちなこの正月にはこんなことも起こって(怒って)いました。

「スタバ福袋買い占め」は転売目的だった? ネットで人物の特定が進み、批判も高まる
http://www.j-cast.com/2016/01/06254902.html
まぁ全部売れ残して大赤字になってもらえばいいんじゃね?としか思いません。

内容はわからなかったものの
「まーどっちでも」的な空気感があったのでちょっと安心しました。
しかし人気アーティストともなると結構な額のファンクラブ会費とチケット代、交通費
場合によっては宿泊費まで払って転売品と間違われたりすると大損害だなぁ、とか。
チケット代って「何に対する対価」なんだろう・・?

<本編とは全く関係ないお話>
今更ながら荒川弘『百姓貴族』を読んで、タケヤリさんの謎タケヤリな要素が少しタケヤリできました。北の大地は殺傷能力の高い竹林を育む滋養にとんでいるようです。是非ご一読のほどを。
</本編とは全く関係ないお話>

>とっしゃんさん

 モスピーダ…て言うかレギオスは潔いくらいそのまんまでしたね。イマイの意向なんでしょうけど…少しは変えろよという。

 ガンダムにおける主人公の特殊性とか長浜的なヒロイン像については、それに抗ったのは唯一『0080』って事になるんでしょうかね。

 マクロスにはあんまり触れていないのにバトルテックには触れてるというのも珍しいw
 早瀬少尉に行く理由は、少なくともテレビ版では全くもって不明ですね。劇場版だとほら、ヤッてもーたしw

 追加収録っつってもあれですよ?
 何喋ったか思い起こしつつ、細かい部分をぶった切りつつ、エンディングトークに無理やりつなげただけですよ?
 それでも、精神的な負荷が凄かったですがw


>怪文さん

 劇画タッチ!
 マクロスといえば80年代アニメ絵の一つの極北である美樹本晴彦の代表作な訳ですが劇画という印象を御持ちとは!
 と思ったんですが、言われてみれば劇画に登場する女性っぽくもありますねw

 板野サーカスの次は金田飛び(かなだとび)。これ覚えちゃいましょうw

 プロレスに話が行っちゃったのはスミマセン。

 スタバの福袋については、聞くところによると先頭集団がだいぶアレな連中だったらしく恫喝めいた言動を取っていた様ですね。
 スタバ店員も、どうやら買占めをさせないという意向だったようですが結局 負けちゃったんだとか。
 ま、その恫喝に負けてたんなら一緒な訳で、スタバ側も相当に間抜けだとしか言いようがありませんが…。

 何に対する対価か…。
 結局 そこに付加価値を見出す人がいるからこその需要ですもんねぇ。
 難しい…。


>ダンコンさん

 読みますー!



オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第175回 31分43秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 ようやく映画の話!

 今回はたこ坊さんからの推薦を受けて『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を見て話しますよ!

 しれっと一週間程 更新が空いてしまってすみません。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1976

コメント(2)

映画楽しめましたけど、LIFE!の時にも感じた、どうしようもない違和感?疎外感?は何なんだろうな~。

>のぶ茶さん

 感情移入する対象のいない映画ですもんね、この『シェフ』って。
 何だかすごく傍観者な感じ。

 LIFE!ですと、主人公に感情移入できるかどうかにかかってるんではないかと思います。
 あの主人公に自分を重ね合わせることが出来なければ、ちょっと環境ビデオみたいに見えちゃう気がします。