自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第471回 「さくらがわマニアックスの七十七 アルテイシアサンダーΖΖ」

| コメント(3) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第471回 「さくらがわマニアックスの七十七 アルテイシアサンダーΖΖ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第471回 平成27年11月28日 「さくらがわマニアックスの七十七 アルテイシアサンダーΖΖ」 31分8秒

 とりあえず急ぎ更新!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1969

コメント(3)

オリジンは、昨日、レンタルで『青い瞳のキャスバル』を見ました。
子供に説明するのが大変でした。
なんか演出が昭和だなあ、なんて思ってみたりして。
あのガンタンクの存在意義がさっぱりわからん、とか(笑)
あ、池田秀一は洋画の吹き替えで高校生の役をやってましたよ。

サンダーボルトは、結局、漫画に手を出してないのですが、話を聞くたびに、
子供に見せちゃいけない系に思えて仕方ありません(笑)
で、ふと思ったんですけど、ファースト・ガンダムだけ見て、あとは知らんって人多いんじゃないでしょうか。ファーストを最新の情報として、新しく話を組み上げるので、一年戦争レベルで、スペックのインフレーションが始まってしまう、というのはどうでしょう?

そんなわけで、うちの子供は、ガンプラビルダーズ(でしたっけ?)とUC7話冒頭を見て、バウに目覚めつつあります。

当方、有名作品の続編・スピンオフもそれなりに楽しんできましたが、結局は「ヤマト、999、ガンダム、ボトムズあたりは最初のやつを見とけば十分だよね」と言ってしまうおじさんなので、サンダーボルトについては全くフォローできていません。

今回のサンダーボルトのお話をうかがって思ったのが、えぐい設定を追加しすぎて原作と整合しなくなった派生作品というのが「青の騎士 ベルゼルガ物語」を思い出すなー、ということです。

青の騎士について語りだすと終わらなくなるのでやめときますが、サンダーボルトが間違いなくそれよりヒットするんだろうなと思えるのは、作品リリースと同時にクオリティの高いプラモデルが店頭に並ぶことが確定している、というスポンサーの本気度の違いでしょうか。逆に言うと、ガンダムシリーズは今やスポンサーの社運を握っちゃってますから、本気にならざるをえないのでしょうが。

そもそも、モビルスーツは部屋のインテリアとしてぎりぎり成立しますが、アーマードトルーパーを部屋に飾っている人がいたらなんか怖い、というデザインの違いもありますね。

>とっしゃんさん

 演出が昭和なのは許してあげて下さい。そこは多分、安彦イズムが映像にもいかんなく発揮された結果ではないかと思うのです。

 あのガンタンクの存在意義は、単にRX-75という型式番号に準拠したからではないかと。
 もしくは、あの時点であれくらいは実用化させておかないと『青い瞳のキャスバル』以降で登場する試作ザクが余りにも唐突に登場することになるからではないでしょうか。

 池田秀一の吹き替えは…、それでも無理があるのでわw

 サンダーボルトは御子様には見せてはいけません!w
 『Ζ』以降知らない世代説は、さもありなんですね。実際、『スタートレック』なんかでも新世代に移行出来ないのはその辺が理由な気がします。とか言って、今 準備されている新TVシリーズが最新の年代だとびっくりですがw

 バウはいいですね。あれもまた、デザインが訳の判らん機体で。


>keizoさん

 挙げて頂いた作品について、最初の作品だけ観ておけば間違いがないのは確かではあるんですが、ボトムズは少ないことですし映像作品は全部観るの推奨でいいのではないでしょうかw

 ま、ベルゼルガよりもサンダーボルトよりもヒットするのはですね、ベルゼルガがガンダムの外伝ではなく、TVともからまず、そもそもマルチメディア展開するつもりもないけど書いちゃった系の作品だからなのでは、とw

 AT、やはりインテリアには向いていないですかね。ファッティとか割とファンシーな色使いですよ?w