自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第160回

| コメント(7) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第160回 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第160回 33分4秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 映画の続きだ!

 前回と違って今回はちゃんと『野のユリ』の話してますよ!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1943

コメント(7)

..............送水さんノリノリですね............いつもか(笑)

いいですねー、この危機管理感覚。一気に社会派になりますね。

本日の泣けるお重箱:KKK、ですがなー(泣)。

>大輔さん

 でも本日の収録はそんな送水さんのマグマが少し見えて良かったです。更新を御待ち下さいませw


>ちんさん

 一応、宗教関連の話には真摯に取り組みたい欲求もあるのですw


>寿鳥骨董さん

 そういうボケです!!w

トンカツというよりは、チキン系?なのかもしれませんよ。とっつかまえた黒人にタール塗りたくって鶏の羽根くっつけて吊るすんだそうですから・・・。

取り上げていただいてありがとうございました。しかし、ずいぶんサラッと流してくださりましたので相当程度不満ですw。あれに号泣せずにいられる人がいるなんて信じらんなーい(ぷりぷり)。原作者がローマン・カトリックであったとは寡聞にして存じませんでした。民放でさんざん放映していた当時はネットなどというものはなく、映画そのものからくるものと、偶発的には解説者のコメントしか情報はなかったものなのです。高嶋忠夫さんの声が今でも耳に残っています。

またもレンタルに無いというW
昔観た記憶をたどると、百戦錬磨の老獪な聖職者ってのはタチ悪いな~。
てか、こいつら立ち寄った人を片っ端から天の使い扱いして使い潰して生きてんじゃないか?
と、当時読んでた小説か漫画の影響での歪んだ感想しか覚えがないっす。
青年が黒人だと覚えてなかった程度での感想でした。

>寿鳥骨董さん

 案外と味も鳥系ですしね、人間って。
 あ、どうも佐川一政の遠戚のJUSです(事実)。

 流した感が出ちゃいましたか。すみません。いや、かなり楽しんで鑑賞したとは思うんですけどね。
 期待感を持って観ちゃうと少し予定調和っぽさを感じてしまう作品だったりするのかもしれません。
 あと、「西へ行く」みたいなところにキリスト教モチーフとかあるのかと思ってちょっと気が散っちゃったところもあったり。

 映画解説、やっぱり要りますよねぇ。今や高嶋忠夫以外 全員鬼籍という。


>のぶ茶さん

 そうなんです。ただ、安くで買えるので宜しければ。
 1200円くらいまでなら出してもいいかと思いますよ?

 のぶ茶さんの抱いた疑念というのは正当だと思います。実際、主人公がそれを疑っている節はある訳ですから。
 そこで主人公に対して「おいおい、考え過ぎ、じゃない?」と思えるとはまるんだと思うんですが…。