自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第442回 「こうもんとくるま」

| コメント(3) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第442回 「こうもんとくるま」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第442回 平成27年4月16日 「こうもんとくるま」 36分7秒

 さあ、割と雑談回だぞ!

 今回はタケヤリさんと徳弘正也作品について喋ったり、またまた色んな引き出しが開いたり!!

 今週の内容は…
  • 皆さん読んでますか
  • 伝わるのかしら
  • 読みましょう
  • その場所でその車
  • 実はクズだ

平成27年2月15日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1903

コメント(3)

さすが、タケヤリさん。
津山より人数が5人増えてますね。
フジテレビのとある番組で、東北の、大量虐殺が行われたらしい謎の『杉沢村』を探すってのがありました。真面目だったのか不真面目だったのか微妙なラインでした。

ジャンプを買ってた頃は、シェイプアップ乱とかターヘルアナ富子とかターちゃんとか、ぼちぼち読んでたんですが、そうまさに単行本を買うまでは・・・って感じでした。ヂェーンさんが時々プレイメイトに戻ったりするシーンあたりにはうずくんだけど、そうこれもまさに「硬そう」って感触でした。
絞め殺されそう・・・とういか。
脇がしまってたんではなくて、腕が太かっただけではないかと思えてきたり(笑)

でも、各作品の粗筋をたどってみると、問題作が多そうですね。
クリスチャンときくと、三浦綾子の『氷点』と同じような発想なのか、と思えてきたりします。

Kindle版があったら即ポチしたかったのですが、紙ってなると中古が良くなっちゃいますな。
タケヤリさん、キャラが立ちすぎでもう。

>とっしゃんさん

 そりゃあもう、山崎務や岸部一徳とは戦闘力が違いますから人数だって変わりますw
 ありましたね、杉沢村。今思うとモキュメンタリーの走りと言えるかもしれません。でも、あの辺の番組のスタッフがその後 映画監督になったりしてそうですね。『放送禁止』とかも。

 ジェーンではなくヂェーンと書いておられるところにとっしゃんさんの良心を感じますw
 単行本を買わないのは…意外と薄味なんですよね、ギャグが。数が多過ぎて。おそらく、濃い味のギャグも描けるんでしょうけど、濃い味のものを書く場面ではシリアスに振りたい人なんだろうなぁ、って思います。

 クリスチャン的な件については遠藤周作的なのかもしれません。いや、遠藤周作読んだことないんですけどねw


>ひろしさん

 Kindleは…徳弘作品は少ないんですよね。『亭主元気で犬がいい』も、ラスト2巻だけ半年以上出ないという憂き目に会ってましたからw

 タケヤリさんは…、時々作り話であって欲しい、でなければ我々の人生の薄さったら何だいと思いますw