自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第441回 「ジジネタの八十三 またまたハラハラ」

| コメント(16) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第441回 「ジジネタの八十三 またまたハラハラ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第441回 平成27年4月9日 「ジジネタの八十三 またまたハラハラ」 40分1秒

 今週はちゃんと更新出来た…。

 という訳で、デルタさんとマタニティハラスメントについて語りますよ!
 今回も問題発言多数、かも知れません。

 今週の内容は…
  • 未来予測的中
  • 人の子供で遊ぶな
  • 今更 紅白の話題から
  • 色々違和感
  • そもそもあの方

平成26年12月28日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1901

コメント(16)

みんな「弱い」じゃないですか。
だからこそ「強くなろう」というのではなく、さらに「弱い」人を見つけようってことになって、その弱味の対象として、妊娠とか満員電車のべビーカーとか『逃亡中』で自首する芸能人とか朝鮮学校の生徒とかお遍路さんに行った元総理大臣とか韓流ブームまでも利用しているような印象ですかねえ。
松たか子さんなんて、「強い」人の代表だと思うんですけど、妊娠したことで、「やった、弱点見っけ」となったんじゃないでしょうか。

かなり、とりとめない文章で申し訳ありませんが(笑)

想像力の欠如って、心の闇くらい便利で、分かったような気になれる言葉だと思っているので、ここらへんが腑に落ちるような分析を、今後も続けていってくださいませ。
あと、僕は、実は優子ちゃん、嫌いじゃないので、あまり悪口を言ってあげないでください(笑)

僕、今回聞いて一番そうそう!って思ったのは菅直人ですわ。
日本の総理大臣やったんやから作為と不作為引っくるめて評価が色々あるはずやけど、思考停止していじめていい人扱いはほんま気持ち悪いし、放送法の両論併記なんて法律以前のモラルやろうに。
モラルが要らなくて強い者の味方やったらマスコミとかジャーナリストって要らないわけやからその態度は自己否定やと思いますわ。
鳩山さんが何やっても叩かれるのに違和感感じてたのですが、管直人のくだりを聞いてまさに!と思った次第です。

4月3日配信セッション22に感じたモヤモヤを後半お二人が見事に晴らしていただいたのですっきりしました。おかげでファミレスにて生中5杯飲んでしまいました。ファミレスで飲む生ビールは最高に美味いですね。

とっしゃんさん

私の場合、想像力とは、予見力、或いは予期理論とほぼ同義で使うことが多いです
ただ「予期理論」と言っても、殆どの方は「???」です。
この辺りは、名著「権力の予期理論」の話でもしたいところではありますがね。
読み直してみます。

qp拝

でるでるマッチョさん

セッション22 聞いてみます。
荻上チキ,アレなんだよなぁ。番組も、開始直後はアレだったし。

マタハリとかありましたね。
dbさん、やっさしー!おっとなー!

基本、松たか子は梨園の娘ですから、舞台に立ってなんぼの人ですから、そんな言われ方は先祖代々身に染み付いていらっしゃるでしょうから、傷つかないわ、だと思いますよ。
それよりも大和証券の「破水しても働く女性役員は「自然体」なのか? 日経DUAL記事に相次ぐ疑問視」がすごいですね。http://blogos.com/article/109793/

先ずね、儒教の影響が強いアジア社会では、男女を厳密に区別する社会構造が2千年以上も続いているため、ちょっとやそっとでは意識は変わらない。
次に「甘えの構造」と看破されてしまった日本男性中心社会では、仕事を引き継ぎやすいようにすると言う考えは生まれにくい。なぜならそれをすると自分の存在価値がなくなると信じているから。
だから特に年いったおじじほど、なにやらこねくりまわして仕事をややこしくする。
合理的に考えられないのだ。

結論として、ゴジラ対ガメラ並みの大恐竜戦争、もしくはドイツを荒廃の土地にしてしまいヨーロッパ一等の田舎に陥落させた30年戦争のように、やりたいようにやらせておいて下さい。
男女を問わず、家族が大事、子育ては楽しいと言い切る人には惚れますね。


>とっしゃんさん

 いやいや、判ります。
 しかし、松たか子氏がこれまで色々ありながらも超絶いじりにくい相手だったのに対して、今回のことで絶好のいじりポイント発見となったというのは読んでなるほどでした。「恋愛のありようも自由なんです風だけど仕事のタイミングにあわせて避妊しろよ」ってのは一気に言い易いですもんねぇ。

 心の闇w
 うわー、そういう単語を出されると「分かったような気になれる言葉」をはきまくっているのではないかという自らへの反省がw

 優子ちゃんの件は了解致しました。「殴りやすそうな顔」とか言わないようにします。


>ひろしさん

 ま、両論併記はいつまで経っても大してやらないですけどね!w

 そういう意味では首相官邸におかれましてはもっと報道機関に公正中立を促して行ってもらいたいですね!w


>でるでるマッチョさん

 セッション22の件とか、冒頭の雪が降って寒い発言とか、まるで時期をピッタリあわせたかの様なアップだったでしょ?
 偶然ですw

 ファミレスでのビールかー。
 やった事ないですが平日の昼間ビール的なものがありますね。今度やってみますw


>ちんさん

 大和証券の女性役員についての違和感を感じた後だと、「梨園の娘だから」ってのも何だかなー歪んでるなーって気になってしまいました。
 松たか子は生き様からしてやっぱり海老蔵とかと同じくしょうもない見栄と思い込みの人なんじゃないかなー、兄貴も隠し子おったしなーというのが正直なところで…。
 「僕、歌舞伎界のだらしない部分とかそれを強弁的に伝統とかいうの嫌いなんですよね。いい芝居する人がえらい、でいいじゃないですか」とかいう歌舞伎役者おったらええのに、とか思ったりしますがそもそも歌舞伎観た事ありませんでしたw

 日本だと儒教の影響も勿論ですが、戦争がなくなっちゃった軍事政権において血縁関係を基にしてワークシェアリングしなきゃいけなかったってのも大きいかなぁと思います。代々、右の襖開ける係とかいた訳で。

 やっぱ家族大事ですよ。
 妻が職場でウイルスもらっちゃってオロオロしている今の僕にとっては浸みる言葉ですw

せやねん。梨園って、ほんましょうもないところもあんねん。タイのゲイボーイのラインダンスとどうちがうのだろうと思ってしまう。
でもやはり歴史あるものは素晴らしくて、歌舞伎は観客のためにあるのであることを自覚した役者は素晴らしいよ。
吉右衛門さんや玉三郎さん片岡孝夫さんなど、素晴らしい方は沢山いらっしゃいますので、是非一度。

>しょうもない見栄と思い込みの人
すごいわー、さすがJUSっち。端的に言い表しているね。
今まで海老蔵、松たか子のことどうしても好きになれなくて、でも悪く言うとひがんでいるように見られるので言えなかったけど、いいこと教えてもらったわ。それ頂き。
その二人10代の頃つき合っていたらしいから、似た者同士やってんね。感性が似ていらっしゃる。
ご結婚相手もなんとなくお互いに似ていらっしゃいますしね。ほほほほほ。

梨園を、ゴシップネタの対象ではなく、ハラスメント問題の対象として捉えると、面白いですよね。私も、梨園ではないですが、遠からず近からずの世界にいて、逃げ出した人間なので、異常性が目につきます。慣れとは、恐ろしいです。

qp拝

>ちんさん

 歌舞伎が観客のためにあると自覚した役者がすばらしいというのは納得です。
 で、玉三郎氏については、それでも闇を抱えているよなぁと思ったんですが、彼の場合は梨園の闇を抱えているというよりは、彼個人の闇な気もしてきましたw

dbさん
どんな世界にいたはったん?
看板を書かれていたとか。お衣装を作られていたとか。鬘を作る。着付けをする。
遠からず近からずのヒントだと黒子しか思い浮かばない。
団十朗と海老蔵親子のパリ公演を特集した番組を見たことがあります。エビったら、舞台の松の絵を公演前日にかき直させたのよ。気に入らないといって。
押し黙って仕事していた職人さん達の顔は忘れられない。
で、dbさんは、その松の絵をかいていらしたのでしょうか。

梨園ほどではないですが、伝統と格式が問われる世界です。

db

本気で考えてみる。
梨園ほどではない。伝統と格式。
うーむ。ドリフ? あー、松竹新喜劇! 落語、漫才、やっぱりドリフかな?
かとちゃんお元気でしょうか。

だめだコリャ

>ちんさん

 内緒ですが、デルタさんの御父さんはすわしんじさんと仰いましてね(嘘なので以下略)。