自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

Sub-ordinaries Maxim 第005回 「反響を受けて・前編」

| コメント(3) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - Sub-ordinaries Maxim 第005回 「反響を受けて・前編」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第005回 平成27年3月15日 「反響を受けて・前編」 34分1秒

 そしてちょいと更新が遅くなりましたがサブ第5回!

 今回はひろしさんとデルタさんと、あとJUSも!
 『アラー大変』の反響にお答えするの回!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1892

コメント(3)

なんかわからんうちに終わってしまった。前編ということは後編もあるということで、またその時に。
JUSっちは、ずっとこれやからね。宗教嫌いはもう遺伝子の段階まで染み付いているので、論破できない。

サリン事件から20年ということで、またオウムの話がぶり返されていて、アーチャリーと上祐が戦っていたり、上祐がわしなにも知りまへんでした、オウムってそんなことしてましたんか、そりゃ危険やわ、とかあの調子で言っているのが、もう茶番でしかなくて、その茶番を見せつけられる被害者の方々のお気持ちを考えると、誇大妄想狂のナルシストはこわいなぁとか思いました。

司馬遼太郎が、豊臣家の財宝は淀がそこら中のお寺に寄進してしまったみたいなことどっかに書いてて、やっぱりこわいなぁとも思いました。

感謝する、畏怖の念をいだくこと、他を思いやること、謙虚になること、平和を作り上げること。それら形而上的行動が自然にできるのなら宗教はいらないのだと思います。だからそれを訓練するために宗教が有効であるなら、あってもいいと思うのだけど、所謂倫理というものなのだろうか。

ペルーの山で暮らす人々が、酒を先ず大地にこぼして皆と分けていたこととか、チベットの人は遺体を鉈で砕いて鳥葬にするとか、そういう民族風習を聞くと、いかに自分が驕っているのかを感じる。

次回も楽しみにしています。

ちんさん、いつもありがとうございます。

JUS氏論破とか。。。笑
今回は、本編でも触れていますが、足りていない部分を明らかにし、現時点でのクロニクル的な位置づけに出来たのかもしれません。
後編もありますので、合わせて一本、評価をお願いします。

後編では、少し反撃している部分が増えているかもしれません。

>ちんさん

 遺伝子の段階w
 どっちかって言うと、「嫌い」って言うより「呆れ」に近いんですけどね。
 宗教的命題に対して宗教って真剣に考えないよね、という。

 オウムと言えば、少し前までほんのり取り沙汰されていた元都知事との親密さとかあの辺の話ってどこ言っちゃったんでしょうね。彼もオウムに結構寄進していた的な話とかありましたけど…。

 他社との協調との訓練…。正直、それも「さあ考えてみましょう」という事をやらないのであれば宗教があったほうが何ぼかマシってレベルだと思うんですよね。
 もしくは叩き台として、とか。

 チベットのは、ああいう風にしないと鳥が食べにくいし、あれだけ寒くて乾燥しているとなかなか分解されなくてミイラ化して残っちゃうからだという話も聞きました。勿論、そこに込めた思いもあるとは思います。はい。