自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第434回 「さくらがわまにあっくすの七十三 ようやく観たぞ『風立ちぬ』」

| コメント(3) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第434回 「さくらがわまにあっくすの七十三 ようやく観たぞ『風立ちぬ』」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第434回 平成27年2月19日 「さくらがわまにあっくすの七十三 ようやく観たぞ『風立ちぬ』」 36分2秒

 御待ちかねの『風立ちぬ』回!
 ついにテレビですらやるこのタイミングになってしまいましたw

 眠すぎるので文章は以上!w

 今週の内容は…
  • なれなかった人
  • 慣れる
  • 彼よりも彼女が
  • 細かい部分

平成27年2月15日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1881

コメント(3)

ありがとー! 次ぎは「夢と狂気の大国」で。
今、「ヨコハマメリー」を見終わったんだけど、不覚にも一瞬泣いた。
彼女には概ね好意的なのだそうだけど、やはり否定的な方もいらっしゃり、彼女がねぐらにしていたビルのオーナーは否定的だそうです。そりゃそうだろうね、隣にいたら嫌だとおもうのは当然です。「サンダカン八番娼館」も泣けたけどね。
黒柳徹子とメリーさんの分岐点はどこだろう。マツコデラックスだろうか。でもメリーさんも元次郎さんというゲイボーイにお世話になっていたんだけど。
ああ、そうだった「風立ちぬ」だった。
チューリップの「青春の影」がそのまんまだった。あれを聞いたら泣けた。
それから、魔女の宅急便を侮辱すんなー!ほんまにもう!
そうそう「風立ちぬ」だ。
人生ある程度すすんだ人がさらっと見るのがいい、というのはいい〆でしたね。
ありがとがんす。
たけやりさん、庵野に似てるかも。惚れるわー

僕もこの作品が一番好きです。

なんか投げやりというか、「もう、ええねん、俺、おじいちゃんやし!」とか「だって、瀧本美織好きやねんもん」とか「そうはいうても巨乳ってええなあ」みたいな、宮崎駿いまさら恥も外聞もありゃしねえ、なところが、しかし歳を取ったせいで馬力が減少し、丁度いい感じになっている作品なんじゃないかと。
今までは、恥なり性癖なりを隠すために、使命感とか哲学とかをぶち込んで、それがぞわぞわさせていたけど、この作品は「いままで俺、がんばってきたやろ?」と観客に甘えているようなを感じを受けます。

僕が気になるのは、鈴木先生のほうでして。
「ひこうき雲」の内容を知らなかったことに、ユーミンも困り顔でした。

>ちんさん

 おお、「夢と狂気の王国」。チェックしときます。

 「ヨコハマメリー」って誰だったっけーと思って調べて思い出しました。濱マイクのおかあちゃんですね。岸田今日子ですね。
 というくらいなので僕の彼女に対するイメージが「濱マイク」くらいでしかなかったりします。でも確かに濱マイクでも迷惑な人ではありました。「ヨコハマメリー」もチェックしときます。

 魔女の宅急便…。マジでそんな解釈でしたw

 タケヤリさん、声質は同方向かもしれませんね。確かに。


>とっしゃんさん

 でも僕は地味に『トトロ』とか好きなのです。理由は、面白いからです。いや本当に小学生的な感性で面白いので。

 何か、「もうあんまりオナニーせんわー。たまにでええわー」感ありますよねぇ。

 使命感とか哲学は粉飾だと思ってるんですが、僕的には“共同体的農本主義社会”みたいなものへの憧れ爆発作品とか観たかったりはしますけどねw

 そして鈴木氏w
 さすが所詮は只の編集者。

 あと、何度も言ってますがここでも言います。ついでです。
 『ジブリ汗まみれ』のディレクターは編集が下手です。僕の方が圧倒的に上手いですw