自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第415回 「さくらがわまにあっくすの七十 ゲーセン文化とネット配信」

| コメント(4) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第415回 「さくらがわまにあっくすの七十 ゲーセン文化とネット配信」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第415回 平成26年5月18日 「さくらがわまにあっくすの七十 ゲーセン文化とネット配信」 28分18秒

 ちょっとずつ遅れを取り戻すぞ!。オー!!

 とは言え省エネ更新。
 今回はALさん回。
 ゲーセン文化とプレイ動画のネット配信について語ります。

 今週の内容は…
  • ゲームの話です
  • 自分とは関係のない社会
  • twitchって知ってます?
  • そして国は衰退する

平成26年4月20日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1798

コメント(4)

なんの動画も配信していません。

前回の放送を聞いて、ALさんのゲーム話を聞いてみたいと思っていたので、ナイスな流れでした。

ふと思い出したのですが、いまから15年くらい前だと思うのですが、DDRの好きな友人に、イベントか何かで色んな人間がステップを踏んでいるビデオを延々と見せられた・・・いやさ、見せてもらったことがあります。
正直つらかったし、仲間に入ろうとは思いませんでしたが、プレイ動画を見たいという気持ちは分かります。野球できなくても、野球の試合見るでしょう、と言われたらその通りですね。秋の番組編成期には好プレー珍プレー見ますもんね。
国を滅ぼさないためにはキャッチフレーズを「絶対に負けられない戦いがある」にすればよいのではないでしょうか。
型というのか技術検証的な追求をとなれば、もはや囲碁将棋の世界ではなく、歌舞伎・文楽のほうに突入していきそうな空気を感じました。

そして、マイルドヤンキーって言葉は初めて聞きました(笑)

>とっしゃんさん

 つまりこれから始まるタイプの方という事ですね!w

 DDRのイベントビデオは確かに門外漢にはつらいもんがありますね~。
 そう言えば結婚する前だったと思いますが、当時 彼女であった妻が職場で「気持ち悪い人おるねん。昼休みに矢印眺めながらずっと凄い速さで貧乏ゆすりしてるねん」って言ってたのを思い出しましたよw
 そこんところ考えると、門外漢が鑑賞するかどうかにはやはりプレイ自体の格好良さもあるんでしょうね。原哲夫は昔 単行本の自己紹介のところで野球選手を戦国武者に例えていましたけど、バット持って構えている姿って“型”として魅力的ですから。そこんとこ行くと、DDRは…。

 技術検証という事で言うと、デジタルゲームはどうなんでしょうね。
 結局のところプログラム内容の解析になってしまいそうで。レトロゲームの解析なんかは面白いんですけどちょっとナード臭が凄くもありますw

 マイルドヤンキーはイマイチはやっていないっぽいですねw

お久しぶりです。
昔20年くらい前六本木で友達とキャーキャーいいながらやってたら、後ろに結婚式帰りのような正装の男女二人が順番を待っていたので、親切心で譲ってあげたら、おもむろに箱からかったばかりのスニーカーに履き替え、すっごい勢いでステップを踏み始めた。これが六本木のゲーセンか、と打ちのめされた。クールにそしてすっごい勢いの二人を置いて、私たちはすごすごと退散したのだった。

>ちんさん

 何だかサイト更新も含めて放置してしまっていて申し訳ございません。

 そして六本木。
 なるほど、あまりの本気っぷりというのは見る側も覚悟していなかったら胃もたれを起こすのですね。
 そういう意味では、Eスポーツだのというブランディングが日本人に受け入れられないというのもさもありなんという気がします。ふむふむ。