自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第413回 「勧めれば金の三 『FLIP-FLAP』vs『夏草の賦』」

| コメント(2) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第413回 「勧めれば金の三 『FLIP-FLAP』vs『夏草の賦』」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第413回 平成26年5月4日 「勧めれば金の三 『FLIP-FLAP』vs『夏草の賦』」 34分31秒

 『勧めれば金』パート3だ!
 今回はALさん御推薦のとよ田みのる『FLIP-FLAP』と司馬遼太郎『夏草の賦』の勝負だ!

 今週の内容は…
  • 徳弘正也ですね?
  • 痩せませう
  • 懐かしきゲーセン
  • 面白い!
  • 募集!!

平成26年3月30日に収録
 肝心のAmazonリンクはこちら。
 興味があったらポチってみて下さいませ~。


トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1794

コメント(2)

いやー、今回は、ALさんに1票ですね(笑)
ちょっと泣けてきました。
あまりゲーセンに足を運ぶタイプではなかったのですが、雰囲気が伝わってきました。
今月は前半にしてもう金欠なので、すぐにはポチれない自分にも泣けてきますが(笑)

司馬遼太郎の本を読んだことがないのですが、そういう人間のほうが少ないのでしょうか。
なんかこう、真面目な人が読む真面目な歴史小説というイメージでして、不真面目に読んではいけないような気がして、手にしたことがありません(笑)

>とっしゃんさん

 最近 判って来た事があるのですが、僕がトークにおいて手応えを感じている事とこの勝負に勝てるかどうかという事はどうやら関係がないのではないか、という…。
 今回のトークは司馬ファンにとっても司馬アンチにとっても司馬門外漢にとっても、とても楽しめる音声になっている筈なのになぁ。くそう。

 ちなみに、司馬門外漢という言葉が司馬江漢のパロディであるという事はきっと誰にも気付いてもらえないのでもうどうでもいいですw

 で、司馬遼太郎の本はですね。あれは司馬遼太郎の本くらいしか読んでないくせに歴史を判ったつもりになっている人と、歴史を判ったつもりで司馬遼太郎を小馬鹿にしつつも常に新鮮な知見に触れられるからついつい読んじゃう人と、それ以外の全ての人向けに書かれているので誰でも楽しめると思います。割におすすめですw