自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第394回 「勧めれば金の一 『吉原御免状』vs『寄生獣』」

| コメント(4) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第394回 「勧めれば金の一 『吉原御免状』vs『寄生獣』」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!
第394回 平成25年12月23日 「勧めれば金の一 『吉原御免状』vs『寄生獣』」 36分36秒

 早く更新ペースを復旧したい…。
 可処分時間が足りませぬ…。

 てな訳で新企画です。仮名は“Amazon御勧めバトル”なんて申しておりましたが正式タイトルは“勧めれば金”となりました。今、決めました。
 まずJUSがオススメするのは隆慶一郎『吉原御免状』。
 作者の処女小説ですね~。

 対するALさんは岩明均『寄生獣』。
 今度 映画化も決まった話題作ですね~。

平成25年12月6日に収録
 肝心のAmazonリンクはこちら。
 興味があったらポチってみて下さいませ~。


トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1621

コメント(4)

早速拝聴しました。
寄生獣は昔に読みました。隆慶一郎氏の本はJUSさんがずっと勧めてますね。
時代小説は苦手なのですが、Kindleで買ってみようかと思ってます。

しかし二人の気の使いあったトークが満喫できましたね。
もうちょっと二人の関係が近いトークが聞きたいものです。

>たこ坊さん

 隆慶一郎作品は、読めばオススメせずにいられない魅力のある作家なんですよ、とか書いちゃうとハードルが上がり過ぎてしまいそうですがw
 Kindle版は御手軽なので良いですね~。一枚だけある挿絵とか再現されてるのかしら。

 今回の企画はその性質上、少し距離感がある状態になってしまうんじゃないでしょうか。
 そのほかの収録ではボチボチ距離感が近づいてる気がします。

や、やっと聞けた・・・。

寄生獣は確かに、衝撃的でした。
リアルタイムの頃は、途中までしか読んでなかったのですが、何年か前に、人から借りてぜんぶ読みました。
だから、ALさん、ごめんなさい、今回は吉原御免状で・・・!

と、クリックしたら、まずは、きんどるから購入してね、と(笑)

>とっしゃんさん

 ああいう残酷表現、言うてもあんまり目にする機会なかったですもんねぇ。いや、『北斗の拳』とかはあったんですけど、心構えが出来てると言うか何と言うか…。
 唐突にアレな死体を見せ付けられる様なあの感覚は確かに衝撃的でした。

 という訳で吉原御免状、楽しんで下さいませ。
 キンドル版推しはAmazonなので仕方ないんですよね。間違えて買わないようにする方法、探しておきます。
 なお、僕は以前に海外小説を間違えて言語でキンドル版買ってしまったことはありますw