自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

2013年12月アーカイブ


もう無茶苦茶や
第395回 平成25年12月30日 「さくらがわまにあっくすの六十七 新春大型時代劇『影武者 徳川家康』に向けて恍惚と不安共に我あり」 46分54秒

 隆慶一郎作品トークが続くぞ!
 という訳で今回はテレビ東京系で平成26年1月2日に放映される新春ワイド時代劇『影武者 徳川家康』について熱く暑く厚く語ります。

 皆様におかれましても是非とも御覧になって感想回に備えましょう!!

平成25年12月22日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1627

コメント(3)

11時間かあ・・・。
いやー、ずっと見るのは、ちょっと・・・。

でもね、98年度のやつは見た記憶がありますよ。
うっすらとですけど(笑)
前にも書きましたけど、山風好きな僕としては、隆慶一郎は読んでも楽しそうなので、今年こそ、今年こそは!

というわけで、ほとんど見ないかもしれないですけど、後編は聞きたい(笑)

よいお年を!

今回の番組を聴いて、越後製菓のCMの意味がやっと判りました。
どうして高橋英樹があんな格好であんなことをしているのか、ずっと謎でした。
http://www.youtube.com/watch?v=q79OPQIOGas

>とっしゃんさん

 いえいえ、5時間ですよ~。短い短いw

 98年度のやつは、ちゃんと見ててもうっすらとしか印象に残らないと思いますw。それ位の出来でした。ええ。
 山風と隆慶一郎は、ラインとしては近いですね。荒山徹の両親って感じですw

 後編はまた頑張って喋りますので聞いてあげて下さいw

 という訳で本年も御世話になりまして誠にありがとうございました。
 是非とも良い新年を御迎え下さいませ。


>MasaruSさん

 おお、それでだったのか!
 あんまり脳内で繋がっていなかったのでちょっと驚きました。
 『桃太郎侍』のイメージでおめでたくしたらああなっただけだとばっかり。

 それはそうと、「正解は越後製菓!」って彼は言ってますけど、あいつ回答者なんだから「回答は越後製菓!」ですよね。正解は出題者が発表するべきものだろう、と思いますがどうでしょうかw

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第075回 33分59秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 今回も『RED2』鑑賞会収録!
 ようやく映画の話を始めたと思ったらやっぱり雑談に逸れまくります。案の定。

 順調に更新が遅れておりますが、ようやくペースを戻せそうです。
 日程としては、12/30に『桜川マキシム』、1/1に『汗ビ』、1/3に『桜川マキシム』というペースで更新して、1/6の『汗ビ』アップで追い付きたいと思います。
 リスナーの皆様におかれましては御待たせ致しまして誠に申し訳ございません。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1626

第394回 平成25年12月23日 「勧めれば金の一 『吉原御免状』vs『寄生獣』」 36分36秒

 早く更新ペースを復旧したい…。
 可処分時間が足りませぬ…。

 てな訳で新企画です。仮名は“Amazon御勧めバトル”なんて申しておりましたが正式タイトルは“勧めれば金”となりました。今、決めました。
 まずJUSがオススメするのは隆慶一郎『吉原御免状』。
 作者の処女小説ですね~。

 対するALさんは岩明均『寄生獣』。
 今度 映画化も決まった話題作ですね~。

平成25年12月6日に収録
 肝心のAmazonリンクはこちら。
 興味があったらポチってみて下さいませ~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1621

コメント(4)

早速拝聴しました。
寄生獣は昔に読みました。隆慶一郎氏の本はJUSさんがずっと勧めてますね。
時代小説は苦手なのですが、Kindleで買ってみようかと思ってます。

しかし二人の気の使いあったトークが満喫できましたね。
もうちょっと二人の関係が近いトークが聞きたいものです。

>たこ坊さん

 隆慶一郎作品は、読めばオススメせずにいられない魅力のある作家なんですよ、とか書いちゃうとハードルが上がり過ぎてしまいそうですがw
 Kindle版は御手軽なので良いですね~。一枚だけある挿絵とか再現されてるのかしら。

 今回の企画はその性質上、少し距離感がある状態になってしまうんじゃないでしょうか。
 そのほかの収録ではボチボチ距離感が近づいてる気がします。

や、やっと聞けた・・・。

寄生獣は確かに、衝撃的でした。
リアルタイムの頃は、途中までしか読んでなかったのですが、何年か前に、人から借りてぜんぶ読みました。
だから、ALさん、ごめんなさい、今回は吉原御免状で・・・!

と、クリックしたら、まずは、きんどるから購入してね、と(笑)

>とっしゃんさん

 ああいう残酷表現、言うてもあんまり目にする機会なかったですもんねぇ。いや、『北斗の拳』とかはあったんですけど、心構えが出来てると言うか何と言うか…。
 唐突にアレな死体を見せ付けられる様なあの感覚は確かに衝撃的でした。

 という訳で吉原御免状、楽しんで下さいませ。
 キンドル版推しはAmazonなので仕方ないんですよね。間違えて買わないようにする方法、探しておきます。
 なお、僕は以前に海外小説を間違えて言語でキンドル版買ってしまったことはありますw

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第074回 33分15秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 二日ほど遅れておりますね。すみませぬ。

 という訳でようやくの居酒屋収録。
 今回は『REDリターンズ』を観に行っての勢いで喋っておりますせいでいつもよりもよっぽど雑談!
 是非とも御酒を吞んで吞まれて批判精神を殺してから御聞き下さいませ。

 ちょっと音質悪いかも~。
 録音レベル間違いまして…。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1620

第393回 平成25年12月15日 「N-1グランプリ(仮称)の十八 『くりすぴーらじお 』を聞きました!」 46分42秒

 順調に更新が遅れているぞ、大丈夫か『桜川マキシム』!という声は一切頂いておりませんが大丈夫です。
 もう何だかいっぱいいっぱいですが頑張って更新をして行きますよ~。

 という訳で今回はひっさびさの『N-1』!
 自薦を頂きましたので福岡@ラジ袋でもある『くりすぴーらじお』さんを俎上にあげます。
 おそらくは『くりすぴーらじお』さんでも問題作であろう回を御推薦頂いた訳ですが、さて。



 そして評点はこちら。

A
JUS
A
AL
総合評価
55点
総合評価
55点
完成度
★★★☆☆
知識欲
★★☆☆☆
娯楽性
★★☆☆☆
聞きやすさ
★★★☆☆
情報濃度
★★☆☆☆
コンセプト
★★☆☆☆
偏見
★★★★☆
偏見
★★★★☆


 今週の内容は…
  • 年末忙しい
  • 久々N-1
  • 肩身が狭くなる
  • いいプロレスして欲しい
  • ネタのチョイスの難しさ

平成25年12月6日に収録
 あ、そうそう。
 次回分音声で告知しますが、ぼちぼちメール回がやりたいです。予定は12/22収録!
 皆様よろしく~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1619

コメント(4)

お二人の評価を聴いて興味が沸いたので該当番組を聴いてみましたが、これは酷い(笑)

何を置いても大声で相手の発言を遮るのは、聞き苦しいだけでなくイヤホン派の私には耐え難い苦痛でした。
それでも一応三話とも聴いてみたのですが、男性の方の「話通じない感」にイライライライライライライライラ、そして結局どこにも着地しないで終わるエンディングにイライライライラ。
ネズミー回に至っては全てが「らしいよ」「どっかの」「たしか」でソースもハッキリしないふわっとした話でイライライライラ(笑)

「抱かないで」と言うより「こっちみんな」レベルの不快感でした。

>obakasanzATさん

 ですから「最初に聞くべきじゃない」と申しておりましたのにーw

 実際のところ、そういう御意見を抱かれるくらいに人を選ぶ回だったと思います。
 僕自身、過去に何本か聞いた上ででなければ同じ感想だった可能性が…w

 ただ、一人の喋り手としてああいう踏み込み方が出来るってのは実は羨ましかったり、ちょっぴり指向してたりもあって、そういう意味で大変 興味を抱きつつ聞けたというのもあります。

 という訳で、いっぺん楽しげな回を聞いてみてみて下さいませw

くりんさんとすぴさんの関係がよく分からないので、聴いていると、ちょっと不安な気持ちになりました。
でも、何回が聴いているうちに、聴くほうが慣れてきて、安定感が得られるんだろうな、と思いました。
五月以降も続いているので、きっと問題ないはず(笑)

>とっしゃんさん

 すっかり一週間空いてのコメント御返事になってしまいました。申し訳ありません。やっと今日になって少し時間が取れました…。

 くりんさん・すぴさんの関係については確かに不安を抱いちゃいますね。
 まぁ、あれだけの踏み込み方をできるというのは関係性として揺らぎのない証拠、と思いたいですw

 踏み込んでなくてもメンバー抜ける番組もありますしね!w

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第073回 20分44秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 相変わらずほんのり更新遅れです。スミマセン。

 という訳で、『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』トークの続きでございます。
 途中、とある方々についてSだのMだのという根拠のない噂話を開陳しているばかりの部分がありまして、そこについては聞き直してみて少し反省致しましたので一部 削除致しました。
 気になっちゃった方はてけとうにググったりしたらガンガン出て来る話なので調べてみてみて下さい。

 さあ、次回からは居酒屋収録の筈!!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1618

コメント(2)

相変わらず面白かったですが、養護しているのかしていないのか全く分かりません笑

>たこ坊さん

 えええええ!?
 めっちゃ誉めてるのに!!w

 実際のところ、楽しんでいない映画だったらこんなに喋れないですw
 そんな器用な二人じゃないのですw

第392回 平成25年12月8日 「ガクモン」 34分15秒

 予告なく更新が遅くなりまして本当に申し訳ありません。
 すっかり年末進行でグダグダになってしまっておりました。
 ここからは順調に遅れを取り戻せればと思っております。

 という訳で今回は教育問題を語ります。
 ちょっと過去のテーマとかぶってたかなー。

 なお、この次の会からALさんの声の音質が上がる模様です。

 今週の内容は…
  • アメリカンのアホ含有率
  • 教育改革のあるべき姿とは
  • あの学校のあの先生
  • ヒアリングとスピーキング
  • なっちゃんでOK

平成25年11月4日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1613

コメント(5)

昔、ほとんど冗談で「一緒にアメリカに行かない?」って誘われたことがあったんですけど、あれが人生のターニングポイントだったか!

僕は、さっぱり英語がわからんのでして。
ユタ戦争の内実も、ダンコン兄貴のおかげで理解できました(笑)

そんな僕は英語を覚えるには、単語だけ覚えればいいんじゃないかと考えていたりしつつも、実は日本語の文章を書くときでも英単語を使わないようにしています。
本の感想を書くのに、やたらプロットとかモチーフとかガジェットなんて言葉を乱立していましたが、使わないようにしました。
ちゃんと意味が分かってないもの(笑)

そして、体育は、僕もいらないと思うんですよ。
僕が運動苦手なのもありますが、やりたい子がやりたいことをできるようにしてあげたらいいと思います。

>とっしゃんさん

 案外そういうところにチャンスって転がってるもんかもしれませんねぇ、などと何だかんだで無条件にアメリカンドリームを夢見ちまっている自分にコンチキショウです。

 いやぁ、英語力なんて僕も酷いもんですよ。
 高校時代、英語が赤点じゃなかったことがないんじゃないかなぁ。赤点があっても進級・卒業出来る学校でよかったですハイw

 日本語でしっかり書くってのは尊敬します。それこそプロットとかモチーフとかガジェットとか日本語で書き分けられる方がカッコええんじゃないかと思います。どうしてもトミノっこなんでレゾンデートルとかドラマツルギーとか使っちゃいますもんねぇw

 ホント、体育 撲滅しましょう。
 毎週 新しいスポーツを教えてくれる、とかなら子供の視野が広がっていいなぁとは思いますけどね!

私、ある一定の段階で思考が壊れます。IQの限界やなと思っています。
学歴だけでなくあきらかにIQの高い方とお話しした事がありますが、知識、分析、解析が格段に早い。記憶力がいいんでしょうね。
あと、言葉の定義がはっきりしている。だから誤解が少ない。もし差異があるなら、そのばで修正なり補完なりして進んで行く。そのスピードはすごいなって思う。思い込みが少ないんだろうね。それが頭がいいことの証拠だな。
日本は演繹的な教育に比重が置かれているような気がします。印象だけね。「知識」までのレベルは、記憶するだけでもたどり着ける。でも演繹だからそもそもの起点を疑う事ができない。だからキャップをはめられちゃうんだね。

アメリカで、今攻撃するなら何処がいい?なんて質問をしてどこかの国を指差す人は、まちがいなくバカです。一定のレベル以上の人は、攻撃しないと答えると思います。

そうそう、今『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』というのを見ています。今日のテーマに合うかな。多分お二人好きなんじゃない?

>ちんさん

 一定の段階で志向が壊れる問題については、案外 欧米なんかの何でもかんでも黒板に書いてしまえ文化というのはその予防策なのかも判りませんね~。自分用のメモ書きでも一定の作法みたいなものがあって、思考をまとめるだけでも役に立つメモとそうじゃないメモとがありますから。その辺のコツって中々学習する機会ありませんよね。うーむ。

 それいけスマートな方ってのは確かに判りますね~。
 その分、そういう連中が思い込みループにハマっちゃったらどうしようもなかったりというのもありますけどw。「ん?、そんな話 誰もしてへんで」っていうポイントに勝手に到達して何かと戦い始めちゃったりw

 演繹に偏っちゃうのは何気に仏教の影響は大きいかなぁと思います。因果っていう思想自体は間違っていないにしても、結局 正の時間軸に乗っかっての思考として捉えちゃいますもんねぇ。ま、学校教育に求めるのも無理な気もしてたりしますw

 攻撃云々についてはかなりソフィスケイテッドされた表現が成された結果だとは思いますけどねw
 おそらく体脂肪率の高い地域とかで聞いてたんだと思いますw

 『ビッグバン★セオリー』は知りませんでした。今、あらすじを観て「あー、飛び級したかったー」というあの感情を沸々と再燃させておりますw

『ビッグバン★セオリー』について
私のベストなんだけど、closure 《心理学》閉合 について研究させてくれと、彼女がやってきます。
全部途中で強制的に中止させられた場合の感情と心理をテーマに実験します。
http://www.youtube.com/watch?v=Z3z_yZ1G1Og
なんか日本語タイトルは恋愛をテーマにしていそうで、していますね。面白いので是非!

オトコとオトコのでーとむうびい 汗ビッチョリ映画 第072回 24分45秒

 『さばラジオ』の射導送水(1968年生まれ)と『桜川マキシム』のJUS(1979年生まれ)が映画を観賞してそのままのテンションで酒を呑みながらとにかくテキトーに喋りつくします。

 ちょっと更新遅れちゃいましたスミマセン。

 そして今回はようやく映画トーク!
 ダンコンさんから御推薦頂きました『アウトレイジ』『アウトレイジ・ビヨンド』の2本を観て語ります!

 意外と真面目にしゃべってますよ?

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1612

コメント(2)

そう言えばお勧めしたような気がする!
おどし、たかり、ゆする事が”お仕事”の集団が、
一般常識とは異なるルールの元、
市井の人間にはあんまり迷惑にならない(←オウ、ファンタジー!)形で、
やたらめったら勝手に潰れていく・・・。
から!
他人事、傍観者の立場に立つ事ができ、安心して楽しくびびれました。よかったなぁ。

>>①②問題
カジノとかそこら辺は嫌いなんですが、私も①の方が好きです。
②も外からの圧力も加わって心地よくびびれてよかったんですけどね。
ファンタジー要素が多くなったのは否めないんだなぁ。

>>銃描写
さすがの私もあのマシンガン音頭は「えー」という感じでした。
ドンパチよりも手近にあるものがパッと即、凶器になる瞬間が楽しくて楽しくて。
が故に、殺し屋集団がとりあえずパンパンパンパンやってる②は。あぁ。

>>役者
たけしさん意外の方々はとっても魅力的で好きですね。
癖のあるオッサンどか盛りで大満足でした。

>ダンコンさん

 リクエストに御応え出来るまで時間かかっちゃってすみません!

 ヤクザ映画については、あの筋目とか、堅気に迷惑をかけないといういわゆる任侠道の発明が大きかったんだなぁと思います。
 ホント、他人事感ってのは重要ですよね~。

 ②のファンタジー要素 強過ぎってのは問題ですよね。
 あの辺については、テレビでよくお見かけする俳優陣が多過ぎたってのもあるかもしれませんね。ちょっとVシネチックでもありました。

 マシンガン音頭w
 確かに、印象に残ってるのは手近にあるものが凶器になる瞬間だなぁ。カッター・菜箸・歯医者の器具…。
 その辺行くと、でんでんだとかの最近の取り扱いに通ずるものがありますね。