自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第362回 「穴開田さん」

| コメント(11) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第362回 「穴開田さん」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!
第362回 平成25年1月24日 「穴開田さん」 33分53秒

 ラジオネタでございます。
 伊集院光も『深夜の馬鹿力』でネタにしておりましたがTBSラジオ『田中みな実のあったかタイム』を取り上げます。

 12月の放送では4回に渡ってこの時点ではまだTBSアナウンサーだった青木裕子をゲストにしていた訳ですが、そのやり取りの雰囲気やら言葉のチョイスやらが…、という御話。

 該当の放送回については“あったかタイム 青木裕子”とかで検索すると幸せになると思います!

 今週の内容は…
  • 何故かUSBの話
  • おまえら、社員同士の会話なんやで?
  • 他人を全く信用していない女性
  • 蝶よ花よと
  • そして外山惠理の悪口

平成25年1月10日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/1228

コメント(11)

わあ、聴きたいなあ・・・。
わざわざ聴きませんが(笑)
青木さんは見た目だけでいうと、かなりタイプなんですけどね(笑)
雰囲気でいうと-4℃の漫才みたいな感じだったんでしょうか。
二人、仲が良さそうですけど。

竹内さんは、僕の記憶が正しければ、『女子アナの一日を隠し撮り』みたいな企画で、上司らしい人に注意を受けたあと、一人になった時、「ああ、うぜえ」とか言ったのを放送されてしまった人なんじゃないかと思うんですが、はて違うかな・・・。

こうして考えると、僕はあんまり女子アナに注目してないですねえ。
外山恵理って誰?みたいな感じです。

>とっしゃんさん

 そうおっしゃらずにw
 ただ、体調が悪いと自家中毒を起こしそうになりますので心と体がクロノクルくらい健全な時の方がいいかもしれません。

 -4℃w
 岡田の嫁ww

 そして、ふいに-4℃の名前を見て牧野エミ女史に思いを馳せてしまいましたが…。

 あの漫才よりはふわふわしていてギスギスしていた様に思います。
 そして僕は小倉寛子がいいですw

 竹内アナのは観てみたいw
 でも、彼女に限らずTBSの人って割にそういう事しれっと言いそうなんですよね。直言居士テイストがあるというか。

 外山アナは、確かにテレビ的には無名の人ですね…。

>>とっしゃんさん

12/22分だけでも聴いてみる事をお勧めします。

トークの流れの中で曲をかけるのかと思いきや、トーク部分終わりで田中みな実の別撮りナレーションから曲。これがまた格別に面白w

「今の心境がよく現れている曲だそうです」

田中みな実完全に半笑い、実にシュールです。
(まあヒリヒリ感で言ったら、マキシムの前々回のオープニングも負けず劣らずでしたが)


外山恵理について、打っては消し打っては消ししてたらひどい悪口しか思い浮かばなくなってしまったので少し控えめにw

局アナとしては0点だと思いますが、女版田原総一郎だと思えば意外と面白くなったり。
まだ野党だった自民党の石破茂がゲストの時「自民党は変わったんですか?え?まだ?全然ダメじゃん!」と言い放ったのはある意味痛快ではありました。

正直外山恵理の傍若無人さより竹内香苗の甘ったれ声の方がずっと癇に障っておりました。

アナウンサーなのに語尾をハッキリ言わないとか、そもそも声が小さいのでもっと張って喋らんか!とか、私が女子アナの言葉遣いで一番嫌いな「そうなんですね」も竹内香苗が多用しており・・・あ

元アナってのを言うなら大物、忘れてまっせ?
ほら・・・KoJiM…
馬鹿力を聞いてさっそく「あったかタイム」聴取。
結果から言うと
JUSさんや伊集院御大ほどは楽しめませんでした。
ガールズトークってあんなもん、と思ってるもんで。
…普通はもうちょっとオブラートがかかってるんでしょうけど
心の動きとしては大差ないかな、と。

・・・それでも
青「みなみちゃんはタクシーの運転手や~」
田「最近気をつけてますっ!」
には相当ウケましたw

何っ!?外山アナの悪口!?コメントせねば!
・・・と思えば放送で全部言われ。
「く、くそぅ!じゃあJUSさんの知らないことでフォローを!」
・・・と思えばobakasanzAT様にかっさらわれ。

さて、私はなにを言えば?w
obakasanzAT様のおっしゃる回は本当の化学反応でした。
確かカンニング竹山回だったかな?
(局アナということをさておいて)
政治家が来ても物怖じしない、という意味では
その辺にぶつけると面白いことになります。

がまぁ…。
生で聞いていた時代の妻の言葉が全てを物語っていまして
「この人なんでずっとキレてんの?」
という。進行がいやごとばかりでどうする。
まぁいいです。400歩譲ります。
そういうキャラってのもあるとします。

しかしこの人
「メディアの問題」「放送の問題」に話が行くと
(聴取してた時代は火曜がその流れになりやすかった)
急に社員様になって挙句だんまり。
批判に同調しろとは言えないけど当事者として
なんか申し開きなり自分の考えなりを
言えばいいのにだんまり。
あー、イヤゴトは自分に火の粉がかからないとこにしか
向けないのねぇ・・・と思うと生理的にダメになりました。

生理的にダメ、はどんな論をも超越する、ってことを
身をもって教えてくれた恩師です(キリッ


そういやアナウンサーって。
最近の女子アナのアナウンスメントって
ちょっとガール足しすぎじゃないです?
時々見るとアナウンスに悪寒がするんですが。
男で言えばベタなFMスィートボイスでNEWSを読んでる、的な。
アナウンサーが求められてタレントの真似事もやる、じゃなく
局タレントがついでにアナウンサーもやってるように見えます。


おっと。外山アナにあてられて
毒が過ぎたようです・・・w

怪文さんのコメント力には惚れ惚れ、軽く嫉妬すら覚えます。
かっこつけてコメントしようとして何時間もかけた挙句、結局書きたいことの1/10も書けずに「コメントする」をポチる不甲斐無さよw

外山恵理と言えば、2011年12月27日のdig「若者は不幸せなのか」で、ヤングなイケメン相手に一生懸命愛想振りまいてたのですが、執拗におばちゃん扱いされて最終的にキレたというあの回が忘れられません。

それと、いつだったか忘れましたが「処女性」についての回で、江藤愛アナが「そう(処女)ではありませんけど、今お付き合いしている男性はいません」とシッカリ答えたのを聴いて、江藤アナに一生付いていこうと決めましたとさ(無関係)

ツイッターでのネガティブキャンペーンが大成功したのでこっちで凹打たれしに来たZ!前に田中みな実さんが『たまむすび』に代役として出られていた時のポッドキャストをちょい聞いて

(´゚'ω゚`) これはアカン!

と思いました。内容はすっかり忘れてしまいましたが体の中で鳴り響く不協和音が半端ではなく、耐えられず。それから新聞のラジオ欄を見るたびに気にかかってました。ラジオには向かないのに大丈夫なのかと。
で、大丈夫でなかったと。
伊集院さんやJUSさんが語られた以上の面白いラジオは望めなさそうなので、私はこの地雷を踏みません。


>>小倉さん
大将軍での伊集院さんとの絡みはピカイチ!


>>外山さん
少しJUSさんに投石したい方の気持ちがわかりました!手も足も出ない時、人は陰口を叩くのですね。悔しいぃ。反論しようにも私の引き出しに入っている”意見”が「おれはすきなんじゃい!」しかなかったので勝負にもなりゃしない。ざわざわしたのは高橋洋一さんが出演された回が唯一ってくらい、私は好きです。どーもTBSラジオっ子です。

 やっぱりラジオの話ってのは長文コメントを誘引するのですねw


>obakasanzATさん

 あの曲紹介ナレーション、対談部の後に取っている事がバレバレからこそヒヤヒヤしましたねぇ。
 「だそうです」って言葉遣いがもう。「だってよ。ぎゃはは」に聞こえますもん。「との事です」にするだけで全然違うのにw

 外山惠理については、そう、確かに田原総一郎なんですよね。そこは僕も思いました。だからこその「おまえ何やねん」なんですよね。最初は外山恒一の妹とかかしら、とすら。
 ま、田原総一郎も元々はテレビ局の社員ではありますがw

 石破回は僕も聞いておりました。あまりにも衝撃的でしたね。「うぉい!」って突っ込み入れちゃいましたもの。
 あれ以降の彼女が若干トーンダウン気味だって気もしますが、どうでしょうか。
 あと、外山恵理じゃなくて外山惠理らしいですよ。
 2011年12月27日回は聞いてみたいなぁ。どこかに落ちていないものか。

 そして竹内佳苗についてはそういう印象の方もおられるんですね。ふむふむ。
 言われてみれば立ち位置的にはアナウンサー然としているものの、そこから踏み込んで来ずに八方美人的に振舞い過ぎていた気もせんでもないですね。なるほど。


>怪文さん

 実は最近まであんまりラジオを消化しない人だったのでラジオ人としての小島慶子にはあまり触れていなかったです。むしろテレビでの方が触れてるかも知れません。

 ガールズトークはあんなもんってのも僕も認識としてはあるんですが、結局のところ男の耳に入らない空間でのガールズトークがどうなのかって部分で、実はえみを交えて収録したかったテーマではありました。
 場合によってはああいった応酬を当たり前とし過ぎている関係性もありなのかなぁ、というところで。

 石破ゲストは竹山回でしたね。あの時は、ゲストを御迎えしているというフォーマルな竹山&いつものあのトーンの石破がまったりとしたトークをしているからこその差し込みでインパクトが凄かったです。言われた石破の若干の間とか素晴らしかったですね。

 「メディアの問題」「放送の問題」については、多分ですけど「また失言を怒られる」って急に思い出すんじゃないでしょうか。漏れ聞こえて来るだけでも過去に色々と問題になってもいた様ですし。Digと永六輔で生きてる人ですからねぇ…。

 僕はキャラクター的には嫌いじゃないんですが、受け容れるには僕の精神修養が少し足りないのかなという言い方で留めたいなぁって相手です。
 でも、ああいう女性をニヤニヤしながら相手するオッサンになりたくもないなぁw

 ガール足しすぎは同感です。せめてテレビ朝日くらいの自己主張で留めてくれよ、と言いますか。
 まぁフジテレビはもうそれを諦めている部分もあるんですが、TBSがその辺に色気出し過ぎですね。テレビ東京も。
 桑原正平ですらあれだけ批判があったんですからねぇ…。


>ダンコンさん

 ネガティブキャンペーンのせいか判りませんがamazonのアフィリエイトの売り上げが鰻昇りですYO!

 田中みな実が向いていないのはおそらくですが、「ちゃんと編集してくれない番組」だと思いますw
 まぁ、アナウンサーだけで番組構成したりするくらいなので予算も少ないしスタッフの意識も緩いんじゃないですかね。土曜の夕方ですし。

 10年後とかに、技術は備えてもアレだったら面白いかもしれません。あ、でもそれは小島慶子か。

 小倉寛子はもう色々いいですね。長身AVとか見たら彼女が脳をよぎります。

 そして投石w
 いや、そんなに万全なこと言ってないですよ?w。結局のところ、僕の今回の発言も「TBSの選択としてアレをアリとしてるんだから、享受するしかないでしょ?」とか言われると「おれはきらいなんじゃい!」って言うしかございませんw

>>ダンコンさん

たまむすび出演は火曜日(山ちゃん回)でしたね。
あの後田中アナは「相当コッテリ怒られたらしい」と山ちゃんがリークしていましたね。

あーごめんなさい、件のdigを聴き直してみましたが、おばちゃん扱いはされていたし会話が噛み合わなくてフガフガはしていましたが、それほどブチギレてはいませんでした。

局アナをおばちゃん扱いする若者のインパクトが強かったので、何か他の回と混同しちゃったみたいですw

外山アナの名誉の為に訂正しておきます。

>obakasanzATさん

 外山アナの名誉…。じゃあ僕もごめんなさい。

あ、いやいや、私のはありもしない事を書いて外山アナの名誉を傷つけてしまいましたから。
disりとは違いますからねw