自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第306回 「死の恐怖、普遍性」

| コメント(7) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第306回 「死の恐怖、普遍性」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!
第306回 平成24年1月5日 「死の恐怖、普遍性」 33分20秒

 あけ・おめこ・とよろ!

 さて新年一発目はまたもや宗教より!
 アップしている自分自身、今回がエンターテインメントとして大丈夫なのか半信半疑で御届けしておりますよw

 そしてJINさんにおかれましてはありがとうございました&今年も宜しく御願い致しますw

 今週の内容は…
  • JINさんからまたも課題図書を頂きました!
  • “死の恐怖”ってそんなに普遍的なものなのか
  • 死や悩みからの逃避と宗教はイコールではない
  • アドバイスと現実逃避
  • 告知&告知

平成23年11月23日に収録
 1月7日(土)は会議月!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:無料(1ドリンク別)
 関西ローカルAMラジオ558khzで月曜深夜25時半から放映中『恋愛voyage』の1コーナーとして『笑と教養』放映中!
 そしてダンコンさんがまた記事を書いて下さって嬉しい!
 何より振り返るのに自分自身が便利とゆーw

 ダンコンさんにおかれましてはありがとうございます&メールで頂いた完全版面白かったですの御報告、と。

   ・『11分で書いて出す』 「輝け! 桜川マキシム&もっこもこパレード 2011年度下半期ベストオブベスト!」

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/631

コメント(7)

2007→明けましておめでとうございます。
2008→あけましておめでとうございます!
2009→新年明けましておめでとうございます。
2010→皆様、あけましておめでとうございます!
2011→改めましてあけおめこ!略しておめこ!
2012→あけ・おめこ・とよろ!
桜川マキシム、その変遷を新年一発目の更新から分析するに・・・「おめーこの野朗」成分が単増。
むっふっふ。
のっけからの宗教(とその周辺)トーク。へヴィであります。消化が追いつかず、もやもや胸やけが止まりません。
「わたしには関係ないけど、救われる人がいればいいんじゃない?」←多用しておりました。
そんなに舐めた考えかしらん。
およそ自分とは係わり合いのないカテゴリー(サッカーとか音楽とか)は全て「いいんじゃない?」で処理してきました。
自分には、まだ、理解できない事柄すべてに正面きって取り組んでたら身がとてもとても持ちません。
正確な意味を知りたくて検索した”根性ばば”。
「いいんじゃない?」が、先送りと無関心だとするならそうなんでしょうけれども。ええっと、すいません。まとまりません。
もやもや。


>>メール回
はやいよはやいよ。

〇け・お〇こ・とよ〇。
伏字にするとどうでしょう?
豊丸かあ・・・。

僕は最近、「人間って結局、運よね」と思ってしまうことが多々あります。
具体例を出せといわれたら、困るのですが(笑)

あの世なり祈りなり、宗教の話題は、今後もずっと「宿題」として継続し続けていくしかないと思うのです。だって、宗教って「答え」でしょう。「答え」そのものを疑うんですから、そりゃ大変ですよ。あ、つまり、「私には答えがある。でも、あなたにはないでしょう?」という感覚に、いくつもの軋轢があるんじゃないですかね?
あー、僕は何を書いているんでしょう?
だんだん訳がわからなくなってきましたので、このへんで(笑)

あ、今回の放送にしたって、聞いているぶんにはめっちゃくちゃ面白いんですよ。
でも、正面切って、自分に向き直った場合、「答え」を出すのが難しいんですよね・・・。

しかし、メール回、はやいよはやいよ(笑)

JUSっちのJUSって、justiceのJUSだったのね。
おひさ。すまん、ながいこと放ったらかしにして。

今日の話題には、

『カラヤンがクラシックを殺した』 宮下誠著
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E6%AE%BA%E3%81%97%E3%81%9F-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%AE%AE%E4%B8%8B%E8%AA%A0/dp/4334034837

が有効です。

次!

迎春・げいしゅん・ゲイ春、っつーわけでw
本年もよr・・・と言う前からパンチ強いっす・・・。

ツイッターでも話したとおり
話散らし過ぎです(笑)

引っかかった二つににダンコン様が触れて下さってるので
乗っかってみようかと・・・w
それが多分嘘含みだと知りながらそれでも尚
「救われるならいいんじゃない?」って考え。
JUSさんの仰ることもわかるのですが

「全てを深く知るわけではないことについて。
  少なくとも自分より深度を以って救われたと主張する人に
   違和感と疑問を投げつける」

ってぇのもこれはこれでまた考える部分があるかと。
最も誠実なのは嘘を指摘すること、という場合もありますが
・・・まぁ先はいわずもがな。


大反響(笑)の偏狭ラジオにて
「大いなる思考停止」という話がありました。
判断を強要される昨今、判断材料が決定的に不足しているなら
「それについては判断しないぞバカヤロー」という姿勢で。

・・・なんだそうです。
バカヤローが余計ですがま、見るべきはある意見かなぁ。


2点目はもちろん。
>>メール回
はやいよはやいよ。
ということで。ことよろw

 そうか~。メール回早かったか~w

 いやぁ、新企画なんで早い段階で物にしたいなという意識が焦りを生んでるのかもしれませぬ。

 とりあえず、明後日の収録ではミニ・メール回でw


>ダンコンさん

 だんだんだんと文章にかける意気込みがアレな方向になってるのが見てとれますねw
 リスナーさんとの距離が近付いているという解釈でひとつ御願い致します。

 今回の宗教まわりに対するトークについては各方面から消化不良感…というか生焼け感?を頂いておりまして。
 twitterでも書きましたが、僕自身編集していて「たまにはこんな状態のままというのもありだろう」的なところもあったりもしましたが…。

 しかしその分、「では何故 宗教を憎むか」で一本やるべきだというテーマを見付けられたりもしていて。
 ダンコンさんのもやもや感はその際に解消出来ればなぁと思います。


>とっしゃんさん

 豊丸は日出郎の登場と同時にさすがに使用不可能になってしまった僕がいますw

 運かぁ。SHO-GUNじゃないですが、運が悪けりゃ死ぬだけってのはありますからねぇ。
 運が悪いって用法だと何も感じませんが、運が良いって言った途端に宗教に寄るのはなぜでしょうねw

 答えを疑うという行為に対するハードル…。
 個人的には娯楽ですらあるんですがw

 その辺についてはむしろ宗教側も基本的に考えていないポイントですよね。疑うという行為を良しとしないのが基本スタンスですから。いいテーマかもしれませんw


>ちんさん

 こちらこそ御無沙汰してしまってます!

 本当はJUSは『バーチャコップ』ってゲームで敵の拳銃だけ弾き飛ばすと“JUSTICE SHOT!”って出るところからなんですけどね。
 そのゲームのスコアランクにJUSって入れてたので。ええ、しょうもない理由ですw

 そして課題図書ですねw
 承りましたw


>怪文さん

 喋ってる本人の中では攻撃対象の全てが同じものに見えていたとゆーですね、その辺が次回のテーマのとっかかりになるかと存じます。
 散らしてすみませんw

 判断の可否については、もっと初期の段階で“保留”を知るべきだと思うんですよ。
 例えば算数の範囲で「この条件からは答えを出せません」とかが解答になる問題を多く盛り込むとか。

 バカヤローは余計ですが、偏狭(w)ラジオの意見は一理あるなぁと思いますね。

はじめまして

なんか今回の話を聞いていると
苫米地英人っておっさんのことを思い出した。

苫米地は「不確定性原理」と「不完全性定理」で
神の不在を証明されたと主張しています。

YouTubeやUstreamなどを見ていると
このおっさん物凄く頭いいと感心するが
とてつもなく胡散臭い。

スピリチュアルを否定しながら
自己実現の高額セミナーを開く。
アクセサリーを高額で売る。

遠巻きに見ているのは面白いおっさんだと思う。

>うしんさん

 はじめまして!
 コメントありがとうございます。

 苫米地英人、言うてましたね~。
 僕は確か『博士の異常な愛情』で観たんだったかな?
 証明したと言ってましたけど、確かに聞いてて「はいはいはい」てなもんでしたねw

 確かに遠巻きに見てるのが吉でしょうね。
 科学者と実業家と山師の中間地点みたいな人ですよね。平賀源内よりアレな人よりなところでw