自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第296回 「NO MUSIC LIFE」

| コメント(6) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第296回 「NO MUSIC LIFE」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!
第296回 平成23年10月27日 「NO MUSIC LIFE」 34分28秒

 デジタルセールが好調だったり、AKB48が軽々とミリオン売ったりするので果たして売れているのか売れていないのかが良く判らないCDについて語りますよん。

 気が付くと何だか色んな人の悪口ばっかり言ってるみたいだけどいつもの事なのでまあ良しとしましょう。ね。

 今週の内容は…
  • ようCD買うてますねぇ
  • AKBにはまるgyasya
  • 音楽理論へのいざない
  • つんくとMISIAとピチカート
  • EXILEの悪口

平成23年9月4日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/568

コメント(6)

イモウトーーー!!!
えぇ、ベース弾きながらやってましたよw
おかげで気管支やられた、という噂も・・・。
今でもPantera大好き。怪文です。


高低差同音について。基音/倍音ってやつですね。
『ド1』とひとつ上の『ド2』とは第一倍音/第二倍音の関係で
『ド2』は『ド1』の構成音なのです。

・・・そしてこれは、所謂「音楽理論」ではなく
音理論とか音声科学とかそっちかもしれません。
・・・もういいかも知れませんが

Wiki-倍音
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8D%E9%9F%B3

こんな感じです。

----
音楽の質、かぁ・・・。
落ちてると思いますね。質。

--市場という意味で--
だってそれこそAKBと嵐が去年のシングルCD
売り上げトップ10中7個を占めたんでしたっけ?
・・・多様性なさすぎだと思いますよ。
--音楽そのものとして--
これは作り手だけの問題じゃありませんが
もう「新たな楽曲進行」ってないんですよ。
コード進行はいわずもがなポップでキャッチに聞こえるものは
開発し尽くされた上になんなら王道が多様されまくって
むしろ元王道ですらキャッチに聞こえる耳が絶滅してたり
--構成の問題--
台本で言うところのアテガキって言うんでしたっけ?
誰かである必要性、ってのが驚くほど希薄。
それこそAKBがやってもSKEがやってもMNBがやっても
「曲のクオリティに大した影響を与えない」
嵐の曲の予定がSMAPにまわってきても
「曲のクオリティに大した影響を与えない」
うん。音楽に関しては、ね・・・。といった感じです。
(ルックス込みの音楽ってのは否定はしてないですが
    それは音楽と見るかは私は否定的)

・・・なのでまだ嫌い!!!といえるあやまんJAPANのほうが
  評価には値するのかも、とか思ってますw
----


ただそこを世間が『質が落ちた』と言ってるとは思えないし
どうしても嗜好って自身の青春に引っ張られる傾向があるので
「質なんて落ちてない!」と主張する人と
議論出来るとも思えないししてもそれこそ物別れだろうな。


そうそう、ラジオに影響されて
ももいろクローバーを数曲聴いてみました。
うん。こういうのはいいと思う。
彼女達である必要性・バックグランドもあるし
これだけベッタベタな媚歌も近年珍しいし。

(毒)
曲が決まってから誰が歌うかじゃんけんで決めて問題ない。
うん。パッケージでは面白いかもしれないけど
音楽だけ切り出したら「いや、貴方の必要性はないです」
・・・みたいな。なんなら高見沢でm(ry

エグザイルポリスの面白かっこよさには、僕もびっくりさせられましたよ。

で、生まれて初めて、その「補正」にやられちゃったわけです。
アイドルなのに・・・ってやつに(笑)
まあ、AKBの場合はCDを売っているというよりは、DVDがメインで、握手会の券あたりが付加価値なんでしょうけども、例えじゃんけんでも、麻里子様がセンターですから!
誰がセンターに来ても、求められるクオリティが満たしてますよ、だってそれが商売ですから的なところに、信頼感みたいなものを感じてしまったんですな(笑)

僕が一番、CDを買った時期は1994年辺りで、月に10枚くらい買ってました。いま手元に残しているCDもその頃のが多いです。ブックオフなんかで、気楽に中古を買える時代でもなかったので、定価で買ってました。セールス的に成功しているCDなんてほとんど持ってませんでした。あははははっ。

あの頃の俺よ、すまん。

>怪文さん

 よくよく考えるとイモータルはバンド名だった気がw
 ってかやってはったんですね。すげー意外。

 倍音については、やっぱりそういう事なんだなってところですね。ふむふむ。母親よ、知っとけw

 市場についてはオリコンを見る限り確かに多様性はなくなってるって気もしますね。偶然、先ほど相方がL⇔Rの動画にリンクを貼ってて観てたんですが、今はこういうのないよなって感じでしたし。
 ただ、その一方で、AKBと嵐くらいしかCDという媒体としては売れていないって事なんではって気もします。
 例えば今、テープの売り上げランキングとか出すと演歌と綾小路きみまろが上位を占めたりする訳で。

 要は、旧態然とした市場測定方式に市況が影響を受けちゃってるからひずみを感じるんじゃないかなぁなんて思います。

 楽曲進行は…どうなんでしょうね。AVEX絡みの曲は王道進行出し過ぎって思いますけどw
 新しいの、音声科学で発見出来ないのかなぁ。

 ももクロは確かに必要性のある曲だなぁ。
 とか言っていると沢田研二とかああいう強烈なものをぶつけて来て欲しいなって気にもなりますね。

 うん。音楽番組が雑多な見せ方しないってのが大きい気がしますねw
 昔の映像とか見てるとごちゃまぜ過ぎてカオスですもんねぇ。あやまん→北島三郎→AKB→ガガ→嵐とかだと許せる気もしますね。


>とっしゃんさん

 そうなんですよ。かっこいいんですよ。
 でも僕の中の兵器好きな部分がそれを許さないのですw

 言われてみればあの商売っ気丸出しな、ある意味潔いところから来るどストレートの「補正」にやられるのは判りますねぇ。
 引っかかると言えば、その商売っ気のせいで画鋲型ヒエラルキーになってる事と、いくらなんでもあくど過ぎるところでしょうか。婦女子をダシにもうけ過ぎじゃろう、と。ま、麻里子様は25なので分別付いてるでしょうけどw

 94年辺りのセールス的に成功していないCDって今聞くと楽しそうw
 我が家にはある時「オタク趣味から卒業する」と言って大量のCDをヤフオクで売る様 頼まれて持ち込まれた大量の声優CDがそのままあったりしますが。あれも夢のあとですねぇw

 「あの頃の俺よ、すまん」は至言ですね。逆にあの頃の俺に「未来の俺よ、すまん」とかも言われちゃいそうですがw

音楽は「敵」です。
生涯で買った音楽CDがトータルで10枚に満たない私が言うのだから間違いない!
一番musicにはまるであろう中高生の時分は、録音した伊集院を繰り返し繰り返し聞いてました。
伊集院を聞きたい。もっと聞きたい。ずんずん聞きたい。なのに余計なアイツが大切な時間とテープ容量を食ってしまう。本当は2時間なのに!
CM含め、カットしようにも録音をミスること度々。生で聞くにも「耳に心地よい」誰かの何かが夢の世界へと誘う・・・・。
あ~やっぱり音楽は「敵」だなぁ。
私がポッドキャスト、ネットラジオが好きなのはこの「敵」がいない事も一因なのだと思います。


実は欲しいCDがあるのです。
高橋アキ「ハイパービートルズシリーズ」「フォーリング」東芝EMIの皆さん、お聞きになっていたらご連絡下さい。

>ダンコンさん

 これはまた先鋭的w

 考えてみれば、僕なんかは音楽リクエスト番組にハマったのがラジオを聴きだすきっかけだったのでその発想がなかったのかもしれません。ま、アニソン番組ですけど。『青春ラジメニア』、まだやってるんですよねぇ…。

 そしてそして更によく考えてみれば、その『ラジメニア』で、音楽部分とトーク部分を分離して編集保存してましたっけ。そういう点では同じく純粋さを求めているのかもしれませんw


>ちんさん

 もうちょっとしたらそういう廃盤・絶版もなくなるんですかねぇ。とりあえず国策でデータセンターとか作っちゃえばいいのにって思いますね。結構マジで。