自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第291回 「桜川名画座の十六 リアル・オア・フェイク」

| コメント(9) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第291回 「桜川名画座の十六 リアル・オア・フェイク」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!
第291回 平成23年9月22日 「桜川名画座の十六 リアル・オア・フェイク」 27分18秒

 今回は今更ながらですがDVDで観たので喋りたい映画『冷たい熱帯魚』について喋りたいので喋ります。
 ひょっとしたら園子温を大絶賛な方からするとアレな内容かもしれませんのでスミマセン。あと、一応、ネタバレは大丈夫。かな。

 しかし、喋ってる時はまだ聞いてなかったので気付いてませんでしたが、相方が『ザ・シネマハスラー』の影響下にある気がするというのに、収録後に聞いた事によって気付きました。
 やっぱり人間、引っ張られちゃうもんですねぇ。



 今週の内容は…
  • 民主党衆議院議員・平智之
  • 園子温作品の二作目
  • 技術の人
  • 俳優陣はいい

平成23年8月21日に収録
 さて、番組のラストにCMが入ってますが、遂に『ファッカー電撃隊』が開始の運びとなってますよ!


トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/523

コメント(9)

今レバー食ってました。牛ですけど。

友人の友人が越前屋俵太の嫁さんでした。よくJR天満、天神橋筋商店街辺りでつるんでいたそうです。

園子温はこちらでは人気です。カルト的に。

三池崇評はいつもながらあまりの的確さに聞き流してしまいそうになりました。しっかり頭に残っていますが。

トリカゴさんのCMおっさんぽくていいですね。お強いんでしょうねぇ〜

ということで、箇条書きになりましたが、とりあえず感想まで。

「太郎ちゃんはね、やれば出来る子なんですよぉ」
と先生に言われる。
園 子温は私にとってこんな感じです。

ほら、クローズZERO IIを見て
「あ~、三池さんってこんなのか・・・」
と思ったら間違えますやん?w

なんか言い訳必死だな・・・私(苦笑
園 子温作品は
紀子の食卓→気球クラブ、その後→自殺クラブ
→愛のむきだし→ちゃんと伝える
と来てる感じですが正直x2申しますと
「紀子の食卓を越えるものがない・・・」という感じ。
あ、ちなみにグロ耐性は相当低いです。
ドーンオブザデットで爆笑、くらいの耐性です・・・。

カウチポテトムービー。なんとなくわかるような。
でも「園君はやれば出来る子。次頑張ろ?」という目で
見てしまうんですよねぇ・・・。

いや、私より頑張ってるのはよくわかっとりますが(苦笑

----
しかしながらJusさんの園子温と父性愛への着目。
やっぱりこの人怖いわぁ・・・。マジモンやわぁ・・・。
紀子の食卓もそこにフォーカスがあるように思われ
見ることがあれば印象をまたの機会に教えてください。

あぁ、でも入り口違うと印象も違うのかなぁ・・・?
私、洗脳下なのかなぁ・・・わからん(苦笑

僕は今日初めて、「そのしおん」って読むことを知りました(笑)

>ちんさん

 僕は案外豚レバー好きです。くさくて。

 友人の友人が越前屋俵太の嫁さんってのは、ローカルタレントとしてのいい距離感ですね。僕の佐川満男が親戚ってのといい勝負ではないでしょうかw

 園子温が欧米で受けるのは何となく判ります。何だか日本を感じれるんだろうなぁ、とか。逆に堤幸彦はあんまり受けなさそうですね。

 三池崇評は、あの瞬間に思い付いたのでテキトーに喋った結果なんですが、案外 言いえて妙だったなと自画自賛中ですw

 トリカゴさんは色々強いです。ネットラジオ界でもかなりオス感のある人です。素敵です。

 とりあえず僕も箇条書きにしてみましたw


>怪文さん

 判りますわ~。基本的な技術が素地としてあるのが判るからこそ、もう一歩というのを要求してしまいそうになりますね。

 「紀子の食卓」は次に観ます。観たらまたネタにするかも、です。そうか、トップなのか~。
 どうにかして父性以外の着目点を持てる様に頑張って観ますw

 今回、喋っていて一個判ったんですが、ハッキリと言語化されていないテーマとかモチーフとかが見え隠れする作品に対して僕が辛口になっちゃうみたいで。
 例えば「モニター越しに戦争を見る事をモチーフとして、日本人の戦争観の虚実を浮き彫りにする」とかハッキリしてれば絶賛なんですけど、「○○事件を通して現代家族の病巣を描ければいいかなぁ」とかだと反感を覚えちゃうんですよね。
 そういう意味では園子温、向いてませんねw


>とっしゃんさん

 本当にシオンから取った名前かは未確認ですけどねw
 子門真人がシモン真人だっていうのは確認済みですがw


 とっしゃんさんへ

 (・∀・)人(・∀・)ナカーマ

 アレですよ「内田樹」の読みはなかなか覚えないのに、ちゃんと「園子温」は読めるあたりに、JUSさんの愛情が垣間見えるのではないかとw

 あと、普段は煽り役に徹するのに、今回に限っては一拍おいたかんじで「うーんちょっと異議ありやけど話の流れ止めるほどでもないから煽っとこか」となっていそうなgyasya殿下が見所かと。


 ちなみにアテクシは、ツイッターで水道橋博士がごっつ褒めてるのを見て「おもしろそうやけどすぐには見ないでおk」フォルダに放り込んでおります。

 「ノーカントリー」と同じ区分けなのですがあってますでしょうか<節子それ単に奇妙な人殺しが出てくるところしか共通項あらへん。

 三池崇史といえば「Dead or Alive」の最初のやつですね。かーめーはーめーはー!

 と、録画番組整理の合間にちょこっとだけ。

 

>>ちなみにアテクシは、ツイッターで水道橋博士がごっつ褒めてるのを見て「おもしろそうやけどすぐには見ないでおk」フォルダに放り込んでおります。

めちゃめちゃよくわかります。
水道橋博士が褒めたり押しているモノって実のところ・・・ってのが多くて。
千原ジュニア著「すなわち、便所は宇宙である」を大絶賛している辺りで、個人的に趣向が決定的に合わないのだと去年ようやっと気づきました。我ながら鈍い。
「愛のむきだし」をビートたけしに激押ししたのも確か水道橋博士。
ううむ。
というわけで「冷たい熱帯魚」も遠巻きに眺めています。

>JINさん

 そうそう。判ります。
 水道橋博士の、こちらとは微妙に位相が違う、それでいてリスペクトしたくない感覚を覚えるあの違和感はなんでしょうね。


>ダンコンさん

 「冷たい熱帯魚」は一見の価値はありますよ。時間を無駄にはしないでっす。

 ポッドキャストづくりと同じくらい有益な時間ですよw

心身ともにくたびれている中「冷たい熱帯魚」観ました。
グロは全く問題ないのですが・・・でんでんや、渡辺哲の強引さ。ねちっこい恫喝と暴力が怖かった。いやだいやだ。
私がシャモトだったらどのタイミングで逃れられただろうかと、ぶるってました。ずーっと。抵抗できないだろうなぁ。
主従関係の移り変わりもいやだったなぁ。あーいやだ。いやもいやよも好きのうち。あーいやだ。
JUSさん仰られる所の「非常に合理的なカットワークをする」「まかせると4時間の映画になる」はピンと来ませんでした。
まー何いうた所で神楽坂恵のオッパイオッパイ。大満足です。ありがとうオッパイ。
渡辺哲が死んだ、あの体勢で今夜はグッスリです。

>ダンコンさん

 そうそうそう。反抗心が萎えている時にみると染みるでしょ~。
 或いはそういう時に観るのがこの映画の本当の楽しみ方なのかもしれませんねw
 となると僕としてはもっと弱ってる時にこそ観るべきだったのかなぁw

 ちなみに、個人的には渡辺哲が父親と少し似ておりまして。なのであのタイプに逆らうのはあんまり不得意じゃありませんw
 その辺でもイマイチどっぷりいけなかったのかもって気もしますね。

 「合理的なカットワーク」については、言い代えると「カットワークで変な事しない」って事でもありますね。
 時系列を素直になぞりつつ、人間の視点を意識しつつ淡々と情景をうつしとっていくって感じでしょうか。ザ・オーソドックスな。

 「4時間の映画」については上とは逆にどんどんアイデアをほり込んでいってストーリーがディテールで飽和しそうになってる事から感じたんですよね。
 例えばチャラい運転手だとか、刑事だとか。あの辺だけでも小一時間作れそうという。

 まぁとにもかくにも神楽坂恵ですね。いい具合に大きめの乳輪でございました。