自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第281回 「ポッドキャスト考の十三 WRECKER」

| コメント(7) | トラックバック(1) | はてなブックマーク - 第281回 「ポッドキャスト考の十三 WRECKER」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!
第281回 平成23年7月21日 「ポッドキャスト考の十三 WRECKER」 38分6秒

 はい、多分 問題作。

 2ちゃんねるの煽りに乗って『BSもてもてラジ袋』に対してどういう感想を持っているか、を語ります。
 わくわく。

 今週の内容は…
  • 挑発に乗るJUS
  • 『サイキック』がやりたい
  • なぞりたい人と混ざりたい人
  • 期待を裏切れ
  • じゃあどうする

平成23年6月25日に収録

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/427

メンドクサーイ。メンドクサーイ。そんな、何言ってもどうやってもメンドクサーイ事に巻き込まれる中、ちゃんと返したお二人は偉い。桜川マキシムはもてラジになれ... 続きを読む

コメント(7)

初めて聞いた(≧∇≦)
JUSに惚れた(/∇\*)

え?

寝ます(〃・ω艸)

サイキック聞いてないからなぁ〜。

つまんないこと言うと、ビートルズが時代を作れたのは、彼等が半歩先をリードしていたかららしい。1歩じゃなくてね。
理論と事実、理想と現実、主観と客観を交互に行き来できる者のみが、違えず進歩できるのではないだろうか。しんどい作業やけどね。

最近読んだ文学論の本の各章のテーマが良かった。
『カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ』
1 軽さ
2 速さ
3 正確さ
4 見通しの良さ
5 多様性
6 一貫性
これらは何にでも通じる「上手」の哲学じゃないかと思う。
言い換えれば、人間を得意とする哲学は、これだけに収まっちゃうんじゃないかと思う。

「なぞりたい人と混ざりたい人」という分析の視点はなかなかよい。今後大いに参考にさせて頂く。ふふん、得意、得意。

もてラジ?聞いたことありません。
サイキック?聞いたことありません。
全然今やいっぱしのAM派気取ってますが(ますか?)
元来は802/osaka/Kiss(関西ローカルFM)の人でした。

ただ少し以前に大竹まことゴールデンラジオにて
北野誠がゲストで登場した際
JUSさんの「話芸の地型」みたいなのは見え気が。
・・・まぁ関西人が関西弁全開気味にノリ重視でしゃべると
全部こうなるかもしれませんが・・・w

放送を聴いて思ったのは
「変わることも変わらないことも茨の道だけども正解」
ってことですかねぇ・・・。

ただJUSさん/閣下共に仰ってた
「ひっかかり・爪痕」って継続するのって難しいんですよね。
やり続けようとすると矛盾を孕む。
思考同一線上でやり続けると新鮮味を失う。
特に多数相手だと矛盾『だけ』にスポットを当てられ
信用失墜→劣化と言われる。

そうなると周りの言うことは「批判ありき」に聞こえて
自分の中に閉じこもり始める。


・・・まぁ、もちろん自戒ですがw


ちなみに・・・
劣化、劣化と言われると
痛々しいまでの劣化を、ファンと一緒に突き進んでいる
浜崎●ゆみとか倖田來●とかを思い出します。
それはそれで完成された
『幸せのカタチ』とも言えて
そこで完結してる間はそっとしとこう、とも思うんですよね。
問題は「そこを指摘されたときの相手の出方」
だったりもするわけですが。

僕は、『リーンの翼』です。
最初の6巻までしか知りませんが。

サイキックはいまにして思うと、初めて聞いたのは開始から間もないころだったのかもしれません。あとから、ナイトスクープを見て、「北野誠ってこの人かあ」なんて思ってましたから。
リスナーであった期間は短いですが、多大なる影響を受けたことは間違いありません。
ってなことは前にも書いたような気がします。

桜川マキシムを初めて聞いた時の印象は「この人たちはサイキックみたいなことがしたいのだな」と思ったんです。
その印象にやや軌道修正がかかったのは、「蔵」に行った回かなあ。
なんでかわかりませんが(笑)
あえていうなら、「この話が全部作り話でもいい」と感じたような気がします。

もてラジさんを聞いたことがないので、これ以上のコメントは差し控えよう(笑)
あ、「なぞりたい人」と「混ざりたい人」はほかのところでも応用が利きそうですね。

>大魔王さん

 これからもよろしく御願いしますw
 モテたい大魔王さんからモテて光栄ですw


>ちんさん

 おおお。主観と客観を交互に行き来。凄い。目指します。

 とか言うてるんですが、色々と反省の結果、もう少しソフト路線も増やすつもりなんですけどね(苦笑)

 挙げて頂いた六点、確かに色々使えますね。
 “粋”とか“侘”とかにも応用出来そう。って言うかこれだけで自己啓発セミナーとかやれそうですねw

 「なぞりたい人と混ざりたい人」は割と御好評頂いているのですが、某所では絶賛不人気中!w


>怪文さん

 サイキックですら所詮スポンサーも付かない深夜番組ですからw

 ゴールデンラジオの回は、怪文さんが紹介されていたのを見て聞きました。北野誠にしてはスマートな喋り口で、初期サイキックに近かったかなぁ、と。
 あれくらいの濃度を持った二人が掛け合いしつつ多ジャンルを喋るって番組でした。当時は良かったなぁ(遠い目)。

 「ひっかかり・爪痕」については、確かに難しいですよね。
 まあ、矛盾を突かれた所で、「何故 俺はその様な矛盾をはらんだか」だけで一本録れるなぁなんて考えちゃう僕もいますがw
 この辺、所詮 思想家ではない人間の強みですかねw

 そうそう。劣化してても楽しそうだったり、内部的には変化を続けてたりするのはいい事だと思いますね。たまにあるフィーファンにうらやましさを感じたりもしますしw
 内部で楽しんでいるのであればそれを堂々と、そして朗々と語れる人間でありたいなぁとか思ったりなんかしまして。


>とっしゃんさん

 『リーンの翼』!そうだ、それだ!
 後半いいですよ~。状況のぐっちゃぐちゃ加減では関ヶ原に匹敵するくらい訳判りませんw。是非、新装版をw
 しかし、そう考えるとイデオンだザブングルだってだけだと弱かったですね。猛省w

 そうそう。北野誠って僕も後から知った気がします。と言うか、ナイトスクープも観てたんですがラジオの彼とテレビの彼が結び付いてなかったんじゃないかなぁ。
 その両者が…って言っても一人ですがw、まあとにかく結び付いた時に、彼のビジュアルに対してチャラい兄ちゃんだって感想を持った気もします。

 やっぱり初期はウチもサイキックの強い影響下にあったでしょうね。いや、今もではありますが。そして「蔵」w。
 そう言えばメイド喫茶だかに言ってレポートしたりもしてましたねw
 ぼちぼちまた変化の時かなと思ってます。頑張りますw

雑音の処理をありがとうwいつも効き良いです

>BENさん

 ありがとうございます。
 より向上出来る様、頑張りまっす。