自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第266回 「桜川名画座の十四 おいど蹴り」

| コメント(4) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第266回 「桜川名画座の十四 おいど蹴り」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第266回 平成23年4月14日 「桜川名画座の十四 おいど蹴り」 21分39秒

 通常営業!

 てな訳で皆様に色々と御心配やらおかけしてしまったので軽い話題で行きますよ。
 今更『KICK ASS』を振り返るぜ!

 今週の内容は…
  • 2011年度・暫定一位
  • 意外と御行儀が宜しい
  • どっかで観た様な
  • 今、時代はポール・バーホーベン
  • やっぱ『ブレイド』

平成23年3月27日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/345

コメント(4)

『KICKASS』、噂を聞けば聞くほど、モータルコンバットみたいな映画のような気がしてきました。
キル・ビルとも違うんですよね?
よし、僕はブレイド観ます。
って、やっとUCの一話を観たって程度の男がいつ観るねん、と。

ロボコップを観たのは、いつだった忘れましたが、とにかく今より純真な頃で、そのいやーな空気というのは感じられなかったです。
ただ、次の展開はこうやろうな、と思ったら、その通りになる映画だったような気がします。

ミステリでもよく、「これ、傑作やで」と聞いて、ハードルあげまくってから読んでしまい、「えー、そうでもないような」となることがありますが、この映画はどっちなんでしょう?

>とっしゃんさん

 モータルコンバットよりはメジャー感がありますし、キル・ビルよりも正直な映画ですね(判りにくいw)。

 ブレイドはいいですよ。本当にいいですよ。
 ただ、心のどこかで「所詮ウェズリー・スナイプス主演やし、有名な俳優なんて一人も出てないし、B級バカアクションムービーやろ?」と蔑んだ眼で観る事を忘れないで下さいね。その方がきっと幸せな映像体験になるかと思います。
 あと、UCはちゃんと観ましょうw

 そうなんですよね。ロボコップって単純過ぎて嫌さ加減に気付きにくい映画にはなってるんですよね。
 とは言う物の、ターミネーターとかエイリアン2とか観ててキャメロンが強い女のタンクトップが好きだって事に気付くよりは観ていて気付くと思いますけどw
 多分、僕がロボコップの嫌さ加減に気付き易かったのは、小学生の内にロボコップ2のノベライズを読んでから1・2の映画に触れたからだと思います。“脳髄”がどうした、とかちゃんと書いてあって、悪意の存在に気付けたって言いますかw

 キックアスは、いわゆる佳作なんで、事前情報は少ない方がいいかもしれませんね。忘れた頃に御覧になるのがいいかもしれません。

キックアス、評判高いですねぇ。
桜川マキシム、裏切りませんねぇ。
JUSさん、gyasyaさんにシャマランをベタ褒めしてほしいですねぇ・・・え?w

ロボコップ、バーホーベンだったんですねぇ・・・。
どうりで8mm厚の発泡スチロールで
側頭部を往復ヒットされたようななんだかなぁ感な
えもいわれぬ違和感だけ残る作品なわけです。
またこれも見てみよう・・・。

追伸:人生のパートナーがいつも
「ポール・バンホーテン」と言うので
ココアの甘さがこみ上げる苦々しい思いにさいなまれますw

>怪文さん

 いやぁ、面白いのは面白いんですけどね~。巡り会わせが悪うございましたw
 シャマランか~。実は『シックスセンス』しか観ていないなぁ。テレビを点けたら『サイン』のラストシーンだったって凄い不幸に見舞われた事はありましたがw

 そうそう。疝痛の様な気色悪さがありますよね。
 クローネンバーグよりももう少しダメージの少ない感じでw
 大人になって観ると印象が一気に変わりますね~。

 そしてバンホーテンw
 ほのかな苦味で繋がっちゃうんですかねw