自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第254回 「ワット・イズ・ワッツ」

| コメント(8) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第254回 「ワット・イズ・ワッツ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!


第254回 平成23年1月20日 「ワット・イズ・ワッツ」 13分48秒

 さてさて、ちょいと短めですが。
 今回のテーマはキムタク!。今、『南極物語』のリメイクをやる事が発表になって話題のキムタク!。主演ですからおそらく太郎役なんでしょう。昭和基地に帰って来た高倉健に向かって元気に駆けて来る太郎ことキムタク。おそらく次郎は黒木メイサ。

 それはさておき。
 話題はラジオ番組『木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!』について。
 気になった方は一つ聞いてみなはれ~。

 今週の内容は…
  • 通称『ワッツ』
  • めっちゃ編集してますね
  • 生の方が良いのかね
  • 何故ケンカする
  • 世界に広げよう、友達の輪

平成22年12月23日に収録
 今回の関連エントリ

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/325

コメント(8)

 私はAM派かFM派かと云えば、FM派ですw
語れるほど聴いてるわけじゃあ無いんですけどね。
福山雅治の番組も面白いですよ~。
FMはたまに「おっ!」って音楽に出会えるのがイイ。

地味にコメント投稿が快適になってますね?
GJです。

数年前初めて聞いて
「鼻持ちならないスカしたタイプの構成作家が裏についてんだろうな~」
と思って調べたら鈴木おさむでした。
どーりで。

キムタクもメイサさんも最後は剥製にされちゃうの!?

鈴木おさむの名前が最後のテロップに流れていると、そんな番組を見ていた自分にせつなくなってしまうのは僕だけでしょうか。

僕はどっちかっていうとAM派だと思います。最近はまったく聴きませんが。
嘉門達夫がアイドルにマジ切れしたり、内田裕也先生が暴れ出したり、ハプニング感はAMのほうが。

>@kumaさん

 FMが御好きだってのはそちらの番組からも何となく伝わって来る気がしますよ~。やっぱり番組の作りに趣味志向って反映されるもんなんですかね。

 福山雅治もたまに聴いたりします。ただ、彼の番組には先にオールナイトで触れちゃっているので、それと比べてしまうと、やっぱり自分がAM派なんだなぁと意識してしまいますね。

 コメント投稿が改善されているのは多分、いっぺんログが消えて軽くなったからだとw


>ダンコンさん

 けけけw

 なるほど、鈴木おさむでしたか。
 何で構成作家って調子に乗り出すと途端に企画がギミックフルになるんでしょうね。海賊とか言わせてるんだろうなぁ。


>とっしゃんさん

 おそらく、ゲスト出演の稲垣吾郎(犬役)とか深津絵里(犬役)とかが死んで行って、その死体を喰って生き延びるんだと思います。で、剥製w

 そうそう、げんなりしちゃいますよね。
 「なかなか面白かったじゃん」なんて思った回の脚本があかほりさとるだった時にも同じ感覚でしたw

 確かにハプニング感はAMですね。
 思うに、FM派の方でもディープな層の方って、主に録音番組を聴かれていて、AM派は生番組に寄る傾向があるかなぁという気がします。
 っつうか、生のFMって音楽番組くらいしかないってだけかもw

キムタクのラジオを聴いて、編集に耳が行く人も珍しいですよ(笑)。

確かに、ものすごく間が詰まっていますね。音声データの量は多いけれど、内容が……。「穴」の話も、そこまで引っ張るほどのネタではないし。このくらいの話で女子によろこんでもらえるなんて、男前がうらやましいです。

ちなみに、われらが伊集院光師匠の番組でアシスタントをやっていたこともあるTBSの竹内香苗アナウンサーは、高校時代にこの番組をイヤフォーンで聴いて、キムタクと電話でしゃべっている雰囲気を味わっていたそうです。乙女ですね。

私のキムタクに対する印象は、「色んなことをチョットづつそこそこ上手にできる器用な人」です。

>MasaruSさん

 僕自身もそう思ってましたw
 しかし、いざ自分が編集していると気になるもので。「えー」とか「そのー」とかに注目しちゃうんですよね。編集とか台本の有無が判る様な気がします。

 ホント、男前は得ですねぇ。
 そういう意味ではウチの番組の場合、相方こそ顔出しするべきかしら。一昨日もしれっと一輪の薔薇を女性(って言うかちんさんですが)にプレゼントしてましたw

 女子アナについてはどうしても「けっ」って思っちゃうんですが、竹内女史は許せる気がしますね。小倉弘子とかも。番組効果ですかね。小倉弘子についてはどストライクのタイプだってだけかもしれませんがw

 「色んなことをチョットづつそこそこ上手にできる器用な人」か~。納得。
 もしくは意外と器用なんじゃなくて努力の人かもしれないですね。

君は薔薇より美しい、ちんです。
そうか、一度コメント欄が消えたからかw

昔映画「家族ゲーム」がヒットした頃、JUSさん達が4、5歳とかじゃないくらいの昔じゃない?やたら食事のシーンを見せたがるパフォーマンスが出た。
古くはフランス太陽王ルイ14世がやってたとか、かのオノヨーコもアートとしてやっていたとか。公開メイクラヴもやってたな。

喧嘩上等も、オールフィックスのキャットファイト、どろんこ相撲だからこそで、お色気がないと誰も興味持たないですね。

教養ぶるのは不本意なのですが、やはり「秘すれば花」ではなかろうか。
ああ、綺麗にまとまった。
薔薇の花ありがとうございました。長く楽しめました。

>ちんさん

 思わぬ副産物でございました。
 そもそも安いスペース使ってたのが高いスペースに移ってるのもあるかもです。

 食事シーンと言えば、よくひょうきん族が家族ゲームのパロディをやってた気がします。幼児である僕としては勿論その当時は気付かなかったんですけど。
 オノヨーコ。
 「これまでビートルズでは女性はみんなで共有してたんだけど、ヨーコだけは誰も抱こうとしなかった。ひどい連中だ」と言ったとか言わないとか。ひで~。全員ひで~。

 そうですね~。喧嘩も色気があってこそ。喧嘩における色気を考える事はプロレスファンとしても重要な事ですねぇ。

 薔薇の花については、あれは勉強でした。むむむ。