自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

2011年1月アーカイブ

蔵出マキシム・その二十三 「今更『機動戦士ガンダムUC』第2話」 16分33秒

 いやぁ、えらく時機を逸しちゃいましたね。
 って事で、今更あの第2話の話をしますよ。

 次回からはゲスト企画。間に合うか、編集。

 今週の内容は…
  • 超今更!
  • やっぱりBD画質
  • 赤くて三倍
  • 今回は加速度
  • ボトムズと彼の話題は振りですよ

平成22年12月5日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/328

コメント(6)

すいません、嘘付きました。
年末年始に第一話を見る、と言ってたのに、大晦日の日があまりに寒かったので、自転車で10分のレンタル屋にすら行きませんでした。
でも、ケーブルでやってくれるみたいなので、本当に命を賭けて見ます。

しかし、ユニコーンやシナンジュがそんなに速く動けたなら、クスィーとかペーネロペーとかどうなるんでしょう。

ボトムズの話、楽しみにしてます。

>とっしゃんさん

 いえいえいえ、貯めれば貯める程、一気視聴に近付くという事で美味しさは増すのではないかと思いますよ。
 でも、すぐにでも観て頂きたいだけのクオリティは保証します。是非是非。正座して観る価値ありです。

 一応、『UC』は『閃ハサ』より前の話なので、『UC』を観てクシィーやペーネロペーの素晴らしさに思いを馳せるのもありだと思います。途中に『閃ハサ』へのネタ振りもありますしね。ジェスタのデザインもグスタフ・カールを意識している様に思えます。

 ボトムズの話は再来週!です!!

再来週はキリコと地獄に付き合う事になりますね。
むせるぜ。

>ダンコンさん

 ポッドキャスト界でも最も高価なワンマンアーミーがやって来ます。
 苦いコーヒーを準備して御待ち下さいませませ。

・・・感涙。

>とっしゃんさん

 おお、御覧になったんですね!
 良いでしょ~。

 この勢いで第3話まで行っちゃって下さい!!

第255回 平成23年1月27日 「オサレイズム」 17分56秒

 仕事でヘットヘトなので最小限更新なんだぜ!
 今回は呑み会の席で“センス”をアピールするのってどうなのって話なんだぜ!

 今週の内容は…
  • 今更2010年を振り返る
  • こんな本を読んでます
  • 女衒
  • そんな事を判る俺アピール
  • 限度が大事

平成22年12月23日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/327

コメント(4)

37歳にもなると、読んだ本の内容をすっかり忘れてしまうので、メモを取るようにしているのですが、あとからメモを読むと、それはそれで何を書いてあるのか分からなかったりする、寂しい季節を迎えています。
以前はミクシィ日記あたりに読んだ本の感想を書いてみたりもしてましたが、「そんな事を判る俺アピール」が出てないか心配になってやめました。

僕にはギャップ感が足りません。
こうなったら、デザインの本を読んだり、ジョニー・デップの眼鏡とかかけてみようかしら。
髪の毛ないけど。

>とっしゃんさん

 僕も最近、読んだ本の細部を忘れがちなんですが、それはそれで物語を読む分にはいい事なんじゃないかと思ったりもしてます。何度も楽しめるぜ~ってな感じでw
 ああ、そろそろ隆慶一郎作品をまた一通り読む頃だなぁ。あ、『パト2』も観なきゃw

 放送内ではああも言うておりましたが、現実社会はともかくネット人格くらいは「そんな事を判る俺アピール」でもいいんじゃないでしょうか。ほら、世の中にはその一点だけでネットラジオとか始める人もいるんですしw
 てな訳で、とっしゃんさんの自己愛大爆発日記も読みたいですw

 ギャップか~。
 ミステリ好きの方がモンモンしょってたらビックリすると思います。温泉行けませんけどw

復活のちん!

JUSさんほんま冴えてますねぇ〜。でもなんで私の前では大人しいの?

語感だけで言うと、ヤドリギ? キノコ? 寄生虫? パラサイト?
感覚で言うと、外向きのオタク? ニートな大衆文化人?
自立しましょうということですね。

復活のちんでした。

>ちんさん

 無事の御帰宅で何よりです。御疲れ様でした&ありがとうございました!

 おそらくはジェントルに振舞いたいって思った結果、ポッドキャストより踏み込みが甘くなるんでしょうか。
 もしくは、恋ゆえ?

 何でしょうね、ああいう人種の方々。根本的に、自分の欠けた部分を埋めようとしている様が丸見えで滑稽なんですかねぇ。認めちゃば楽なのにって思いますが。
 いざ目の前に立つとおとなしいヤツが言えた事じゃないですね。スミマセンw

蔵出マキシム・その二十二 「今更『トロン・レガシー』」 16分33秒

 久々に蔵出し!

 いや、本当は普通にアップする予定だったんですけどね。編集を後回しにしていたらタイミングを逃しちゃいまして。ごめんちゃい。

 今週の内容は…
  • え?知りません?!
  • 嫌いじゃない。ただ…
  • 寝ちゃった
  • ダフトパンク!

平成22年12月23日に収録

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/326

コメント(7)

そうそうそうそう、知ってるけど、見てません(笑)

なんでやろか、ハワード・ザ・ダックもゴーストバスターズも超能力学園Zもコマンドーもアルゴ探検隊の大冒険もスキャナーズもトランザム7000も全部テレビで見たのに、トロンだけは見た記憶がありません。

またテレビでやって欲しいです(笑)

そう考えると、ハワードザダックの視聴頻度がズバ抜けております。
トロンは一切記憶に無いです

正月早々映画の日に観覧してきましたが、随分ピカピカ光っっってんな〜って感じで、やけに目が疲れてしまい、ヤマトと二本立てという挑戦は、心地よい睡魔の誘いに抗いきれぬ結果とあいなりました。気持ち良かったんですけどね

残念ながら3D感が期待ほどで無く、自然物の様にサイズに親近感の持てない平面的な構成によるものなのか、己の想像力不足によるものか悩まされてしまいました。
PVとして観るならいいのかな〜ってくらいでしたね

>とっしゃんさん

 良かった~。ひょっとして僕と相方だけが世の『トロン』への接触具合に対して恐ろしく程度が低かったのではないかと心配しておりましたw
 そうですよね、見てないですよね。
 そう言えば、『トロン』って『メリーポピンズ』と前後して放映される事が多かったでしたっけ。

 最近、その手の映画ってやらないですよねぇ。
 こんなんだととっしゃんさんのお子さんも遂にバート・レイノルズに触れる事無く大人になってしまうという由々しき事態にw

 『バトルランナー』また観たいなぁ。


>ウシヲさん

 そうそうそう。
 『ハワードザダック』に触れているからこそ、所ジョージのバズ・ライトイヤー役のアフレコに違和感を抱かなくなる訳で。
 『トイ・ストーリー』観て「所ジョージが棒読みなので…」とか言うヤツは『ハワードザダック』と『アルフ』全話を観て出直していらっさい!って感じですねw

 やはり眠いですよね~。そして気持ち良いんですよね。
 「志ん生はやっぱり名人だね。ぐっすり寝れるぁ!」なんて江戸っ子に言わせれば名作なんでしょうかw

 3Dについては、あのネオンっぽい光についてはもう少しどぎつく立体感を出しても良かったんではないかと思います。何にしても地味な作りですよね。
 ダフトパンクである事と言い、何だかドイツ人が好きそうです。

コンピューターグラフィクス映画といえば、「ゴルゴ13」でしょう。

トロンかぁ。なつかしいなぁ。うちのばかたれもなつかしがってました。とほほ。

ラストのCMいいですねぇ。ほのぼのしました。

>ちんさん

 『ゴルゴ13』のCGっつうとこれですね。
 今観るとメチャクチャ時代を感じますね。これくらいのCGでも金かかってたんだろうなぁ。特にフィルム撮影の段階で凄く金かかってそうですね。

 『トロン』、やっぱり懐かしいですよね。ぼちぼち前作観ますです。そしてとほほってなる予定ですw

 まつおさんのあのとぼけた感じ、真似が出来ないので羨ましいでっす。

『トロン』も『トロン・レガシー』も私自身は観ていないのですが、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)の「シネマハスラー」というコーナーの評が私には参考になりました。

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル: シネマハスラー
http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20110108_hustler.mp3

『トロン』の映画史的意義・『トロン・レガシー』の同時代的意義などもうまくまとめていて、なかなかバランスの取れたレヴューになっています。

ただ、彼は、バランス感覚の良さ、キレイにまとめる巧さゆえにかえって、映画評論家・町山智浩を時どきイラ立たせたりもしているようです。

それでも、このレヴェルの映画評が毎週聴けるというのはなかなか愉しく豊かなことだと思うので、私は気に入っています。

>MasaruSさん

 おおっと、これは聞いてみます。
 何せ、この映画に対しては途中寝ちゃった事もあって非常に弱い感想しか持っていないものでw
 それに加えて、一作目に対してはガキんちょだった事もあって時代性も理解出来ていない部分もありますからねぇ。

 ただ、宇多丸氏については、喋っている時の間の取り方が「うわ~、ギョーカイの人だわ~」って思っちゃって半ば生理的にはまれないんですよね。勿体無いなぁと思いつつ、な感じです。



第254回 平成23年1月20日 「ワット・イズ・ワッツ」 13分48秒

 さてさて、ちょいと短めですが。
 今回のテーマはキムタク!。今、『南極物語』のリメイクをやる事が発表になって話題のキムタク!。主演ですからおそらく太郎役なんでしょう。昭和基地に帰って来た高倉健に向かって元気に駆けて来る太郎ことキムタク。おそらく次郎は黒木メイサ。

 それはさておき。
 話題はラジオ番組『木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!』について。
 気になった方は一つ聞いてみなはれ~。

 今週の内容は…
  • 通称『ワッツ』
  • めっちゃ編集してますね
  • 生の方が良いのかね
  • 何故ケンカする
  • 世界に広げよう、友達の輪

平成22年12月23日に収録
 今回の関連エントリ

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/325

コメント(8)

 私はAM派かFM派かと云えば、FM派ですw
語れるほど聴いてるわけじゃあ無いんですけどね。
福山雅治の番組も面白いですよ~。
FMはたまに「おっ!」って音楽に出会えるのがイイ。

地味にコメント投稿が快適になってますね?
GJです。

数年前初めて聞いて
「鼻持ちならないスカしたタイプの構成作家が裏についてんだろうな~」
と思って調べたら鈴木おさむでした。
どーりで。

キムタクもメイサさんも最後は剥製にされちゃうの!?

鈴木おさむの名前が最後のテロップに流れていると、そんな番組を見ていた自分にせつなくなってしまうのは僕だけでしょうか。

僕はどっちかっていうとAM派だと思います。最近はまったく聴きませんが。
嘉門達夫がアイドルにマジ切れしたり、内田裕也先生が暴れ出したり、ハプニング感はAMのほうが。

>@kumaさん

 FMが御好きだってのはそちらの番組からも何となく伝わって来る気がしますよ~。やっぱり番組の作りに趣味志向って反映されるもんなんですかね。

 福山雅治もたまに聴いたりします。ただ、彼の番組には先にオールナイトで触れちゃっているので、それと比べてしまうと、やっぱり自分がAM派なんだなぁと意識してしまいますね。

 コメント投稿が改善されているのは多分、いっぺんログが消えて軽くなったからだとw


>ダンコンさん

 けけけw

 なるほど、鈴木おさむでしたか。
 何で構成作家って調子に乗り出すと途端に企画がギミックフルになるんでしょうね。海賊とか言わせてるんだろうなぁ。


>とっしゃんさん

 おそらく、ゲスト出演の稲垣吾郎(犬役)とか深津絵里(犬役)とかが死んで行って、その死体を喰って生き延びるんだと思います。で、剥製w

 そうそう、げんなりしちゃいますよね。
 「なかなか面白かったじゃん」なんて思った回の脚本があかほりさとるだった時にも同じ感覚でしたw

 確かにハプニング感はAMですね。
 思うに、FM派の方でもディープな層の方って、主に録音番組を聴かれていて、AM派は生番組に寄る傾向があるかなぁという気がします。
 っつうか、生のFMって音楽番組くらいしかないってだけかもw

キムタクのラジオを聴いて、編集に耳が行く人も珍しいですよ(笑)。

確かに、ものすごく間が詰まっていますね。音声データの量は多いけれど、内容が……。「穴」の話も、そこまで引っ張るほどのネタではないし。このくらいの話で女子によろこんでもらえるなんて、男前がうらやましいです。

ちなみに、われらが伊集院光師匠の番組でアシスタントをやっていたこともあるTBSの竹内香苗アナウンサーは、高校時代にこの番組をイヤフォーンで聴いて、キムタクと電話でしゃべっている雰囲気を味わっていたそうです。乙女ですね。

私のキムタクに対する印象は、「色んなことをチョットづつそこそこ上手にできる器用な人」です。

>MasaruSさん

 僕自身もそう思ってましたw
 しかし、いざ自分が編集していると気になるもので。「えー」とか「そのー」とかに注目しちゃうんですよね。編集とか台本の有無が判る様な気がします。

 ホント、男前は得ですねぇ。
 そういう意味ではウチの番組の場合、相方こそ顔出しするべきかしら。一昨日もしれっと一輪の薔薇を女性(って言うかちんさんですが)にプレゼントしてましたw

 女子アナについてはどうしても「けっ」って思っちゃうんですが、竹内女史は許せる気がしますね。小倉弘子とかも。番組効果ですかね。小倉弘子についてはどストライクのタイプだってだけかもしれませんがw

 「色んなことをチョットづつそこそこ上手にできる器用な人」か~。納得。
 もしくは意外と器用なんじゃなくて努力の人かもしれないですね。

君は薔薇より美しい、ちんです。
そうか、一度コメント欄が消えたからかw

昔映画「家族ゲーム」がヒットした頃、JUSさん達が4、5歳とかじゃないくらいの昔じゃない?やたら食事のシーンを見せたがるパフォーマンスが出た。
古くはフランス太陽王ルイ14世がやってたとか、かのオノヨーコもアートとしてやっていたとか。公開メイクラヴもやってたな。

喧嘩上等も、オールフィックスのキャットファイト、どろんこ相撲だからこそで、お色気がないと誰も興味持たないですね。

教養ぶるのは不本意なのですが、やはり「秘すれば花」ではなかろうか。
ああ、綺麗にまとまった。
薔薇の花ありがとうございました。長く楽しめました。

>ちんさん

 思わぬ副産物でございました。
 そもそも安いスペース使ってたのが高いスペースに移ってるのもあるかもです。

 食事シーンと言えば、よくひょうきん族が家族ゲームのパロディをやってた気がします。幼児である僕としては勿論その当時は気付かなかったんですけど。
 オノヨーコ。
 「これまでビートルズでは女性はみんなで共有してたんだけど、ヨーコだけは誰も抱こうとしなかった。ひどい連中だ」と言ったとか言わないとか。ひで~。全員ひで~。

 そうですね~。喧嘩も色気があってこそ。喧嘩における色気を考える事はプロレスファンとしても重要な事ですねぇ。

 薔薇の花については、あれは勉強でした。むむむ。


髪型?
第253回 平成23年1月13日 「N-1グランプリ(仮称)の十二 『藤原直哉のインターネット放送局』を聞きました!」 21分31秒

 risuさんから御推薦!
 今回はとあるシンクタンクのメインアナリストの方がやられている番組を取り上げます。
 聴き出した最初の瞬間こそJUSも感心しかけましたが、さて。


 評点はこちら↓です。

A
JUS
A
gyasya
総合評価
35点
総合評価
50点
完成度
★★★☆☆
共犯感覚
★☆☆☆☆
娯楽性
★☆☆☆☆
情報鮮度
★★★★☆
情報濃度
★★★☆☆
センス
★★☆☆☆
偏見
★☆☆☆☆
偏見
★★★☆☆


 今週の内容は…
  • 最初はいいなと思ったんですよ?
  • フェイカーに気を付けろ
  • あの先生と似たところ
  • 宗教としてのパッケージング
  • 強く生きろよ

平成22年12月5日に収録
 今回の関連エントリ
 『もこパレ』次回は2月11日!祝日!!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:500円(1ドリンク別)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/323

コメント(7)

まだ聴いていないのですが
音声ファイルのDL販売もされているようです。(高いw
http://www.fujiwaraoffice.co.jp/shop/downloadbuy/others/
それと講演の様子がYoutubeにありましたのでこちらも(怖いw
http://www.youtube.com/watch?v=WytjmxCsAfQ&feature=player_embedded#!
藤原直哉氏 in 国会 1/3 (意見陳述・前編)
http://www.youtube.com/watch?v=7TEuFQJPDm8&feature=related
2年前も同じ格好・・・
ジャケット1枚しかないのかな・・・?w

こんにちは。取り上げていただいてありがとうございます。

時事経済ネタはきらりと光る視点があったりするのに、
たまにボケたというか、甘いこと言うので、
藤原センセイって、いったい他の人からみたら、どうなんだろうと思って投稿させていただきました。

藤原センセイの放送は、聞いているとお尻がムズムズするというか(あ、ゲイ的な意味ではないですよ)、なーんかどこか騙されているというか、落ちつかないというか、居心地が悪い感じがしていて、この落ちつかなさはいったい何だろう、と思っていたんですが、
そうですね、おっしゃるとおり、「宗教」(広い意味で)だからか!と得心がいきました。
さすがに大川劉邦に似ているとまでは気づきませんでしたが。(笑)

最新の放送(http://www.fujiwaranaoya.com/KyotoLeadership100319.mp3)では、もう完全に藤原センセイが壊れてるとしか思えません。
「量子論」「次元論」で科学論を展開されているんですが、もうガッツりと似非科学に騙されているとしか思えないんですけどねぇ。
他にも、怪しげな科学者(?)と対談していたりして、
http://www.fujiwaranaoya.com/lohasradio/lohas101220.mp3
なんか藤原センセイって実は騙されている面白い人なのかな、と思いました。
アニワギ博士に科学の手ほどきを受けた方が良いかもしれません。

>@kumaさん

 高ぇ!
 いいなぁ。同じ様な商売したい!
 ビジネス系のオピニオンはまだまだ値段が下がらないもんなんですねぇ。

 映像を見ていると、ジャケットも気になるんですが、一番上にある黒いのもジャケットなんじゃないかとゆ~。どうなんでしょうね。


>risuさん

 こちらこそネタを振って頂いてありがとうございました。

 そうなんですよね。
 基本的には視点として面白いのに、ずれ過ぎちゃうきらいがありますね。
 その辺、何とかと何とかは紙一重ってヤツなんですかねぇ。
 まあ、ずれているからこそ人と違う視点を持つ事が出来るというのは確かですからねぇ。

 宗教というのがアレだとすれば、おそらく他人を導く存在として認められたい欲が非常に強いって事なんでしょうね。
 基本的な能力はあるにしても、その欲求があまりに強くて歪んじゃったって感じなんでしょうかね。
 おそらくはその歪みが彼をして専門分野外での壊れっぷりに繋がるんじゃないかなぁという気がします。新しい音声はまだちょっと聞けてないですが、この後、ウォッチャーとして楽しんで聞かせて頂こうかな、とw

他人を導く欲求が強すぎる故の「歪み」ですか…なるほど。

藤原センセイって、割といじりがいのある人なんじゃないか、と思わないではないんですよ。
みんなでいじって遊ぶと、良いオモチャになるポテンシャルはあるんじゃねえの、という。

個人的には、AV人生相談とかにゲストで呼んでみて、「ロハスで愉快なアダルトビデオ」とか語ってもらいたいですね。
その前に、「白鯨ラジオもっこもこパレード」に呼んでみたらどうですか?(笑)

冗談はさておき、ちょっとふと思ったことなんですけど、
藤原センセイと大川劉邦の顔の相似点といいますか、これって興味深いと感じました。
「顔で人を判断する」というのは、キモメンの僕としたらとてもイヤなことですし、あまり良い思い出はないのですが、ただ、一つの判断基準としては、無意識のうちに選択していたりします。
高学歴で無菌状態でずっと育ってきた官僚さんとかって、なんか表現しづらいんですが、一種独特な顔をしているような気がするんですよ。
藤原センセイも、大川劉邦も、そういう無菌状態で育ってきたけど、どこかで踏み外してダークサイドに落ちてしまったお顔をされている印象があります。
まさに、JUSさんのおっしゃった、他人を導く欲望が現れている、という感じでしょうか。
僕は高学歴の方って、あまり見たことがないのですが、どうなんでしょうね。

>risuさん

 確かにいじりがいがあるんじゃないかなぁとは思ったんですが、AV人生相談ゲストってw
 あの口調でおすすめのビデオを語る藤原センセイは是非とも聞いてみたいなぁ。

「あんな表情で喘がれたら思わず射精しちゃいますよ、ねぇ。神々しいですねぇ」

 とかw
 うわ~、来てくれねえかなぁw

 そうそう、高学歴顔と言いますか、お坊ちゃん面と言いますか。何つうか、顔面に苦労が刻み込まれていない風の顔面ですよね。強い感情を表す事なしに生きて来られたっぽい様な。
 おそらくは、幼児的な要素の強い顔の造りなのに決して可愛くはない顔だったってだけなんでしょうけどねw
 でも、高学歴なヤツにああいう面が多いのも確かっぽい気はしますね。少なくとも感情表現が豊かではないヤツと豊か過ぎるヤツと両極端な感じですかねぇ。

最近知ったのですが、
幸福の科学の大川さんって、離婚問題でもめてるみたいですね。
教祖様が不倫って…w

>risuさん

 まぁ、教祖様が信者に手を出すってのは、よくよく考えたらある話かなぁ、と。
 ほら、山本かなえとか(以下、自主規制)。


壊れちゃった
第252回 平成23年1月6日 「N-1グランプリ(仮称)の十一 『JCcast』を聞きました!&学に絡めて…?」 28分44秒

 改めましてあけおめこ!略しておめこ!

 新年一発目の『桜川マキシム』は2段構え!!
 まずはモップンさんからタレコミを頂いたあの男の続報を2年振りに!
 Web記事はコチラ
 モップンさん、ネタ化が遅くなりましてスミマセン…。

 そしてN-1!
 最初に“憧れのネタ職人”ダンコンさんの嬉し過ぎるメールに感動した後、@kumaさんからの他薦で『JCcast』という番組を取り上げます。が!

 今回はリスナーの皆様方の暖かい御声援とネタフリで構成されております!!!


 『JCcast』についての評点はこちら↓です。

A
JUS
A
gyasya
総合評価
NULL
総合評価
15点
完成度
NULL
共犯感覚
☆☆☆☆☆
娯楽性
NULL
情報鮮度
★☆☆☆☆
情報濃度
NULL
センス
★☆☆☆☆
偏見
NULL
偏見
★☆☆☆☆


 今週の内容は…
  • 進化学会よ!私は帰って来た!
  • コンプレックスとの付き合い方
  • 僕達だけのダンコン
  • 音声コンテンツとしての基本が
  • ワシに代われ

平成22年12月5日に収録
 今回の関連エントリ
 『もこパレ』!
 もう明日だ!!
 JINさんも来られるらしいから残業なんか吹っ飛ばすぞ!!!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:無料

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/321

コメント(8)

新年あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。

この時候の挨拶がなんらかの宗教的行為に引っかかってたらどうしようと思ってましたが、それっぽい文面があったので大丈夫で・・・すよね?
JUSさんお体の方いかがでしょうか。
今回の放送を途中まで聞いて
「いや、私は葉書職人なんてたいそうなもんじゃなくて、ただのネタ投稿者なn」
と思ったらネタ職人と紹介文に配慮して頂いており一安心するも
「いやいや、職人なんてとてもとても名乗れる者d」
・・・面倒なので本題にいきます。

>>N-1
「受け取り側の視点が欠如している」
基本私は、他のリスナーさんの事を考えないようにメールを書いています。
笑わすのは、マイクの前の人のみ。他は無視!
あまりにもそれが過ぎて、どうしようもない内向きな身内ネタを送った後はバタバタ反省の繰り返し。
そして前回、そして今回お送りしたメールも「受け取り側」の先への「視点が欠如」しているものでした。
他にも
・放送中読むには、どうやっても長すぎる
・感想メールなので誰かに配慮すると、書きたいことが書けなくなる
・書き直しても書き直してもネタのクオリティに自信がもてない+果てがない(メールをお送りした後「評点」を書き忘れていた事に気づきました。詰めが甘い!)
との理由がありまして、控えさせていただきました。
クローズする所はクローズする。
表に出すものはちゃんと誰に向けているか意識して、出す。
その線引き、自覚が必要だと再度確認させて頂きました。
「文化を共有していない人にも面白いと言われた事があるか?」
「そうでない人には、工夫がいる」
いやぁ、何といいますか、耳が、とても痛い、です。

追記
井筒俊彦著「イスラーム文化」
三が日、まとめて読んだ本の中でピカイチでした。
既読、もの既にご存知の情報と重複する点あるかと思います。
ただ読んで損はしないはずです。
しないと思います。
しないといいな。
しませんよーに。
ま!ちょっと覚悟し・・・なくてもいいか。

!!。ダンコンさんのメール私も読みたいw
「マキシシングル買えますやん」とか「播磨焼き美味しいでしょう?」とか書いてあるのかな?w
いつの間にかダンコンさんはツイッタやめてしまわれたようですが、
ぼやっと「つぶやく」よりダイレクトにメッセージを伝えるほう「力」有りますよね。

>N-1

すみません。私が間違ってました。
他薦」ではなくネタふり」とするべきでした。
それとも無意識に東大」ジャーナリズム」のキーワードから
私の暗黒面が出てしまったのかもw
私の予想を越えて盛大なツッコミ楽しかったですw
ほかにもRSSがなかったりとか、突込みどころ満載なんですよね・・。
JUSさんの仰る通り内容的には面白いと思ったんですが、
最低レベルをクリアしていなかったようで、申し訳ないです。

ほら、アレですよセールスの両面提示的な。   ごめ(ry

>ダンコンさん

 こちらこそ宜しく御願い奉ります。
 時候の挨拶については、まあええんじゃないでしょうか。挨拶というのは無意味であるからこそ挨拶として成立するのであって…、という話をまたその内にしたいと思いますw

 御陰様で体調は、ようやく飲酒が復活する程度に回復致しました。
 回復する一方、社内でも通常の3倍の仕事量(同僚比)を与えられた結果、疲労が蓄積しておりますがw

 そしてダンコンさんは立派な職人さんですよ!略して立派なダンコンですw

 確かに、ダンコンさんのメールはパーソナリティーに対して剛直球ですねwそれは『タイムマシン部』を聞いていても思います。
 いやぁ、でもあの一連の作品は僕と相方以外にリスナーさんにとっても楽しまれるだけのクオリティがあると思うけどなぁw
 ま、確かに長いとは思いますがw

 そして井筒俊彦!
 懐かしい、ああ懐かしい。

 あれは確か高校二年生の夏。世界史の教師であった恩師二号の指導で「夏休みに何かテーマを決めて調べ物をしなさい」と言われた僕はその時にテーマをイスラム教と決め、旧約・新約・コーランと、それと井筒俊彦の著書を含む10冊程を読んだのでした。
 その中に「イスラーム文化」は多分無かったとは思いますが、井筒俊彦の本をコーランの和訳含め6冊程読んだんですよ。

 懐かしいので「イスラーム文化」読みます。ええ、読みますとも。


>@kumaさん

 マwキwシw
 懐かしいw

 ツイッタと言えば早速JCcastのアカウントに今回放送を垂れ込んでいる人がいました。すばやいw @kumaeェ…。

 そして内容について。
 大丈夫です。喋りながら「@kumaさんの事だから屹度“えぐりこむように撃つべし”という意味だろ?」と思ってましたからw

 そうそう。サイト。blogソフトを使いこなせてない感が満々ですよね。
 内容的にはいいんだからもっとがんばって欲しいにゃぁとか思いつつ、今日、メンツの一人の赤なんとかさんの顔写真を見て「あ~…、こりゃ…、あ~…」とか思っていたのは内緒ですw

>>@kumaさん
割く時間が惜しかったのもありますし、最初から長くても半年!と期限を決めてたんです。
どこかでストップかけないと私は自堕落な人間なので低きに流れまくるんですよ。
ツイッター面白いからなぁ・・・。

>>JUSさん
体調回復されて即、飲酒復活ですか。
まったく、年上の奥さんに心配ばかりかけて。
「JUS山JUS夫をひっぱたきたい」
なんて思いが、何処ぞの誰ぞに去来しても強くは反発できませんYO!
私は現在、どこかの元総理みたく褒め殺しにされると孫がお笑い芸人になってしまうので絶賛謙遜中。
膨れ上がる虚栄心を骨抜きにするのに必死です。
そして、やはり、井筒俊彦。
岩波文庫のコーラン上中下もハイティーンで読まれておられましたか。
釈迦に説法を地でいきました。
軽くひっぱたかれにいきます。
戦争は希望しません。
あ、あの人もコンプレックスこじらせ過ぎちゃったのやも。

改めまして、あけましておめでとうございます。
あけおめことよろなんて絶対書きませんよ!(笑)

あー、なんか懐かしい人に再会したような気持ち。
なんだか、せつないです。
でも、実は紙一重なんだって思えてきて・・・(笑)
 
というわけで、ダンコンさんからのメールは、二人だけで楽しんでないで、公開してください。

こちらから話を振っておいてなんですが、新年一発目がこの人ですかいwww
小さいネタでしたが、これだけ取り上げてもらえれば彼も本望でしょう。
もう2年にもなるんですね。ちょっと感慨深いです。
私も暇やないので年2回の学会シーズンしか彼の動向はチェックしていませんよ〜
しかし、よくこんな写真見つけましたね。

第132回の放送は、かなり評判が良かったですよ。
問い合わせが多かったのは、『喋っている二人は芸人さんか?』『二輪車ってなに?』っていう質問です。

珍しくN1へのコメントも少し。。。
私も聴いてられなかったです。
この人たちは本当に研究者なのでしょうか???
研究者って、喋りの上手い人が多いですよ。
学会発表やらセミナーやら講義やらで、年中人前でプレゼンさせられる身分なので、嫌でもその辺りは上手くなります。
また面白そうな人を捜しておきますね。

ちょうどダンコンさんが話題になったのではじめて書き込みします、ねこ猫と申します。
タイムマシン部もたまに聴く私にとって、ダンコンさんが桜川マキシムに突如現れたとき、目からウロコが落ちました。
よく考えれば、中高生が聴取対象であろうタイムマシン部の爆笑下ネタ(?)職人であるダンコンさんが、大人の社交場桜川マキシムでも大活躍されるのは道理。痴(失礼)と知を兼ね備え、東西の人気DJの信頼を勝ち得るその振幅の大きさ - 青春アルデヒドのカシワギ兄弟を合体させ2で割ったような印象を受けます。

そこで、提案です。ダンコンさんを桜川マキシムのゲストに呼んでいただけないでしょうか。コンテンツの送り手と受け手のやりとりによって、人気番組やDJの条件が炙り出されると確信しております。(もちろん、ダンコンさんが宜しければの話ですよ)
興奮のあまりの乱文、失礼しました。ダンコンさん、どうかお気を悪くしないでくださいね。

p.s.
サイキック終了騒ぎあたりからのファンです。宗教ネタ大好きです。自治会ネタの続き、楽しみにしています。

>ダンコンさん

 一応、『もこパレ』で呑む前にリハビリをしておこうかと思いましてw
 とは言いながら、結局昨日は楽しく喋り呑んでいる内に結構酔っ払っちゃったんですがw
 嫁さんはと言うと、僕の体調よりは結婚指輪なくした→見付かったの方が大きい出来事だったので大丈夫だと思います。

 誉め殺しは大変ですね。
 個人的には孫がお笑い芸人よりは、孫娘が801作家になる方が嫌ですw

 井筒は確か、「イスラム関連で誰の本がいいかなぁ」って聞いてみたら誰かに薦められたんですよね。その人に感謝だなぁ。失踪中の叔父だった気もしますがw


>とっしゃんさん

 そうですよね。パパさんがおめことか書いちゃダメすね。
 僕も良き夫なのでおめことかまんことかは書かない事にしますw

 言われてみればそうですね。
 ああいう喋り方をする人、僕も古き友人に多かったと思います。友人に多かったって事は、最初は僕もあんな感じだったのかしら。何かのきっかけで人と接するという事への意識が変わって違いが出るんですかねぇ。
 だとすればそれは性欲だったりしそうな気もしますね。あれだとどうしても「彼女いなさそう」と思ってしまってw

 ダンコンさんのメールは僕も公開したくて仕方がないのですが、僕には公衆送信可能化権がないのです。著作権者の許可が欲しいですねぇ。


>モップンさん

 御陰様で楽しい収録となりました。
 彼の話をすると何だか身に詰まされる思いと劣等感の思い出、そして彼我の現状の差から来る安心感やら優越感やらで、何だか良く判らない高揚感に包まれる気がします。
 写真につきましては殻の公式サイトからパクって参りましたw

 第132回、楽しんで頂けましたか~。
 二輪車w
 また研究室とかだと答えにくそうな質問がw

 そうですよね、研究者って黙々とした印象がありますが、プレゼンテーターでもある訳ですもんねぇ。
 自分の喋る事が正しく伝わるかどうかという事が重要な御仕事って意味では、かの放送の様なモゴモゴ間ではいかん訳ですよね。ふむふむ。

 ゲスト候補の方、楽しみにしておりますよ~。僕や相方もそうですが、リスナーの皆様がw


>ねこ猫さん

 はじめまして!
 こめんとありがとうございます!!

 いやぁ、他の方から頂いている内容でもそうですが、ダンコンさん大人気ですね~。
 カシワギ兄弟を合わせたというのは言い得て妙だなぁw
 って言いますか、ダンコンさんがこの番組に出現(失礼)して頂いて一番驚き、かつ嬉しがったのは僕だと思いますよw

 ゲストの件、ホント、御本人さえ宜しければ出て頂けると嬉しいですね~。

 自治会ネタ、何とか状況を進展させて御報告したいですね~。頑張りますです。