自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

第248回 「桜川名画座の十三 ヤマトに祝電を」

| コメント(5) | トラックバック(0) | はてなブックマーク - 第248回 「桜川名画座の十三 ヤマトに祝電を」 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | ツイート!

久し振りだね
ヤマトの諸君

第248回 平成22年12月9日 「桜川名画座の十三 ヤマトに祝電を」 54分11秒

 長くなっちゃったw

 さぁさぁ、予告の通り観て参りましたよ『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』!
 放送中でも申しておりますが、前半はネタばれ配慮編、後半がネタばれ全開編ですのでご注意を~。

 今週の内容は…
  • 2人とも観て来ましたよ!
  • 8回泣いただと!?
  • 設定が変わった点
  • 良かった俳優は
  • 彼への評価

平成22年12月5日に収録
 今回の関連エントリ
 先日の12月度の『もこパレ』音声の編集がまだなのでしばらくは週一更新です~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/313

コメント(5)

そういうわけなら、今日はあえて最後まで聴きません!(笑)
何年後かに後半を聴きたいと思います。
最近は1年後くらいにテレビでやったりしますけども。

僕もヤマト世代ではないですね。
テレビでは何度か見たし、古い劇場版もこれまたテレビで見ました。
ガンダムのように継続性はなく、大人になってからは一度も見ていません。
ヒロインが何度も甦るアニメというイメージです、はい。
黒木メイサといえば、以前にもCM何か森雪のコスプレをしてましたよね。
あとは松本零士もうさんくさいが、最近死んだあの人はもっとうさんくさい、とか・・・。

意外に評価が高いのにびっくりなんですが、後半を聴いたら変わるんでしょうか(笑)

あ~~~~ぁあーーー↑♪
に誰も突っ込まなかったらまたJUSさんが拗ねてしまうので書き込みさせて頂きます。
俺は好きですよ!
ただ、万人受けはしないと言っておきますよ!

数年前のこと。
ヤマトのスキャットを歌っていた方が、偶々聞きに行ったクラシックコンサートにゲスト参加されてました。
?を頭の上から出し問い詰めるアニメを全く知らない友人。
松本零士豆知識を混ぜ混ぜ、必死に誤魔化すヤマト偏差値42程度の私。
「ヤマトだったらバリトンのおっさんじゃないの?」
「いや、それはそれこれはこれなんだよ」
「やーまーとー!っていわないジャン」
「だから、俺も強くは言えないけれどスキャットって書いてあるジャン」
そんなこんなでアーアー↑が終了。
アーアー↑にそれなりの歌詞がついていて、それを高らかに歌い上げるものだとその場のほとんどの紳士淑女は勘違いをしていた模様。
何処となくみんな、肩透かしを食らっているみたい。
拍手しても良いものなのか、悪いのか。
何ともいえない空気の中、手を叩く。
そしてサクラが誘導して引っ張り出したアンコールに答えて彼女が歌ったのは
「ブルーライトヨコハマ」
おかしい・・・。
俺たちはクラシックコンサートを聞きにきたはずなのに。
優しい口付けもう一度、ってあんた。


追記
キムタクのドラえもん最高です。

「ドラえもんできるんちゃうん?」で吹きました

最初に謝っておきます、ごめんなさい!

JUSさんとぎゃしゃさんの流暢なおしゃべりに聞惚れてたら
まもなくエンディング…

ん??なんか…聞こえる??

携帯でも鳴ってるのかな?とヘッドホンをはずして確認するも
私の部屋は静寂…

あれ?じゃあ、やっぱりヘッドホンから?と再度ヘッドホン装着。

よく恐怖映画とかで有名な「入れてないはずのBGM」か??と
ビクビクしながら聴いてたらだんだん音量が上がってきて
あ~これってヤマトの…と納得したのでした。

編集王JUSさんの技術を幽霊の声と間違えた私は大バカモノです。
すいませんでした~~~!!m(。_。;))m ペコペコ…

>とっしゃんさん

 そうですね~。最近は一年経たない内に地上波に登場しちゃったりしますから、その際に御聞き頂ければと思います。その頃にはお子さんもだいぶ大きくなられていると思いますのでいい幼児教育になるのではないでしょうかw

 意外と狭いんですよね、ヤマト世代。本放送が1974年なのでその頃に10代だった人って感じですかね。なのでいわゆるアラフィフがそうでしょうか。
 どうしてもあの当時のクオリティのアニメ…、と言うより、それ以降のアニメのクオリティを引き上げる起爆剤となった作品なので、どうしても『ヤマト』自体のクオリティはアレなんですよね。
 そうそう、森雪といい、沖田艦長といい、って言うか古代進といい、一体どこで死んだのが正しいのか、ちゃんと追っかけている人にしか判らないアニメでしたねぇw

 黒木メイサがコスプレしていたのは初耳でした。それがきっかけなんですかね?

 あの人は凄い人生ですよね。うさんくさい人は死に方までうさんくさいとはw

 後半でも基本的には誉めてます。でもいっぱい突っ込んでますw
 ダイジョブです、作品はマジで観る価値あると思います!


>ダンコンさん

 ありがとうございます。おかげ様で精神的均衡が保たれましたw
 今回も、あの部分だけで40分はかかっておりますw

 確かに、万人受けはしないですね~。
 ただ、楽しむ気満々で望むとどこかしら楽しめる映像だとは思うんですけどね。けなす気で観ればそれ以上にけなせますがw

 川島和子!
 生で聞けるなんて幸せな体験だと思うけどなぁw
 でも確かに拍手はしにくいですね。また、アーアー↑は同じメロディーの繰り返しですからねぇ。実は僕のアーアー↑も同じ収録部分のリピートだったりしますがw
 そして「ブルーライトヨコハマ」w。いや、合うてるやろうけれどもw

 キムタクについては今日また話のネタを拾ったのでお楽しみに!


>risuさん

 きっとオバQだって出来ますねw
 出来ればジャングル黒べえとかwウラウラw


>(=^(∞)^=)豚に真珠さん

 いやいや、それこそ狙いの一つではありますw
 すぐにあの曲だと気づけなかった事こそ、著作権に配慮した僕の高度な技の結果なのです。決して、川島和子ほど声量がないせいで声が震えたり息が続かなかったり、そもそも音程がグダグダだったりするせいではないのですw

 何だか最近、何か曲を入れ込まないといかん気がしてきていたりしますw