自薦コンテンツ

RSSフィード

番組説明

世の森羅万象にアカデミズムの光を当てる!
自称“世界一編集に時間をかけるポッドキャスト”。
毎週木曜日更新!
左音声:JUS
右音声:AL

J'S Dという名前でJUSが日記サイトをやっていたりします。

メールでの御意見は、mail@sgmx.infoまで。

exciteに登場したりしてました!
音声ブログ「ネットラジオ(ポッドキャスト)」の広がりに迫る


本に登場したりしてました!



JUSが“ネットラジオのつくり方”を寄稿した『トリカゴ通信』
通販で買えますよ

amazonランキング

御案内

御意見・御要望・御連絡用にはメール目安箱を御利用下さい。

また、コメント欄に書くには重過ぎる・熱過ぎる場合は議論用スレッドを御利用下さい。

コンテストのお知らせ

 世に数あるポッドキャストを我々二人が聞き、勝手に採点、賞金を贈呈するコンテスト(名称未定)を行います。
 つきましては、皆様から「これを聞いて批評してみやがれ」という番組を募集致します。
 自薦・他薦は問いません。
 “番組名”と“オススメの放送回”と“自薦か他薦か”を明記の上、御連絡下さい。
 当サイトのコメント欄(どの回でも構いません)に記入頂くか、mail@sgmx.infoまでメールで御連絡下さいませませ。

 この件に連動してカンパも募集しておりますよ!
 amazonギフト券とかを上記アドレスに送って下さるとそれを賞金の原資とさせて頂きます!

出演者募集

 『桜川マキシム』ではスカイプを利用して番組に出演したいという方を募集しています。
 御希望の方はmail@sgmx.infoまで御連絡下さい。

 テーマは自由ですが現在特に、
  ・“反捕鯨”運動推進派
  ・現役小学生
  ・現役中学生
  ・現役高校生
 という方を募集しています
 「これについて喋りたい!」というテーマを添えて御連絡下さい。
 録音している音声の波形の視認出来るソフトで44100hz・モノラル16bit以上で録音を御願いします。
 また、録音後の御自身の音声は非圧縮音声の状態でJUSまで御提供頂きたく存じます。

 音声の著作権の帰属は桜川マキシムとさせて頂きます。
 公開された音声の編集状態等に御不満がある場合はその時点で御連絡下されば、その時点でノーカット版音声も併せて公開致します。
 権利関係で御不明な点や御要望は事前に御連絡下さいませ。

 収録時間の目安は30分です。
 次回収録予定は現在未定です。

月別アーカイブ

桜川マキシムからのお知らせ!

2010年10月アーカイブ

第242回 平成22年10月28日 「S&Mスカイパーの五 ちんさんが地球の裏側からこんにちは…だけど土の人たちの続編のニ個目(一旦完結)」 28分3秒

 待った?w

 いやぁ、改めて聞いてみると、やっぱり二回に分けて正解でしたね。分けてないとちょっと胃もたれ起こしちゃいますw

 てな訳で、前回の続きで自治会の臨時総会レポートでっす。
 さあ、御楽しみあれ~。

 今週の内容は…
  • マイクを握ったJUS君
  • そして強行採決
  • 次の会長?
  • 義憤に燃えてます
  • 燃え過ぎてファイヤー
  • 自治会に絡んでゲットマネー

平成22年9月26日に収録
 今回の関連エントリ
 今回のネタに絡んであの!ちゆき女史がウチを紹介して下さってますよ!嬉しい!!
   『ちゆきのネットラジオ大好き!』 「土の人たち(桜川マキシムより)」
 そして前回の『もこパレ』音声を配信すると共に『さんだ☆へたれいでぃお』で当日の様子もレポートして下さってます。何気に聞いててめちゃくちゃ誉められてて電車の中でちょっと照れましたw


 そしてそして、『青春あるでひど』にJUSがまたゲストで出ています。
 こちらは10月度の『もこパレ』時に収録の物。これまたドゾー。


 あれ?って言うか、5年目突入?w

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/299

コメント(7)

お、ついに5年目ですか。
おめでとうございます。

『気分はもう戦争』といえば、「これは大人の漫画だからきっとエッチなシーンがあるに違いない・・・うーん、なんだか、この大友って人の絵は男か女か、よーわからーん」と思った小学生のあの日を反省しています。

一年後、MBSの憤懣本舗(?)あたりに取り上げられているような気がしてきました(笑)
JUSの奥さんの内助の功はあるわ、NYからクロスボールが飛んでくるわ、ネットに流されてるわ、相手は予想もしていないでしょうなあ・・・。
そのうち、JUSさんの家に、取り込み交渉に来ると思うな。「ここは男同士、腹割って、飲みながら話しようや」みたいな感じで(笑)

5年目おめでとうございます。益々のご発展を心よりお祈り申し上げております。

改めて聞かせて頂くと問題点が明確になりますね。

お二人って、敵にすると怖い。

ありがとうございました。楽しかったです。また呼んでね。
NYから神戸新聞頼んでも洗剤くれるのかなぁ。その事の方が気にかかる今日この頃。

>とっしゃんさん

 それもこれもとっしゃんさんを筆頭に、ちんさんや…って挙げると切りがないですがリスナーさんの応援があってこそでございます。
 感謝感謝でございます!

 おそらくオートモにエッチなシーンを求めてモニョモニョするってのは、彼の絵のあの独特の色気の無さ加減が原因なんでしょうね。
 オートモにはもうちょっと士郎正宗の色気を分けてあげたら二人とももう少しいいバランスになる気がしますw

 憤懣本舗w
 取り込み交渉に来られたらそれこそ録音して晒し物にしてやりますよ。
 しかも録音場所が僕の自宅ですから、堂々と世界中に発信してやりますw


>ちんさん

 それもこれもとっしゃんさんを筆頭に(以下略)w
 いや、本当に感謝感謝でございます!

 敵にすると怖いって仰って頂くからには結果を出さないといかんですね。
 リスナーさんからも攻め口を指摘頂いたりで、それはまた御報告致します。

 こちらこそ楽しかったですよ~。
 って言うか、この後に公開される音源も段々と編集が仕上がりつつあります。面白いですよw
 是非ともまた、御願い致します。

 NYに来ないですか?神戸新聞の勧誘。ファミリーランドの入場券とか持ってw

30万か・・・町議会議員でいいじゃないですか?JUSさんw

>@kumaさん

 ボーナス別だったらいいんですけどね~。
 数年後に職を失う可能性を考えるとちょっと微妙じゃありません?w

ほら!ボーナスはあるでしょう?色々とwねぇ。
数年ごとにレベルアップチャンスが確実に来ますね。1か0か
それこそ、元〇〇議員の肩書きがあれば、ライターや講演活動にも生かせるしw
でも、権力に魅力を感じる野心家でないとやらないかなぁ。
そして権力は握らせてもらえない。と

>@kumaさん

 確かにボーナスだw
 じゃあやっぱり町議会議員からどんどんクラスアップしていかなあきませんね。
 講演活動も魅力的だなぁ。そして講演内容をまたポッドキャストに落とし込んで行こう、と。

 野心については色々と持ち合わせてまして、今後も色々と動こうとはしてるんですけどね~。政治とは別方向ですが。ええ、金儲けですけどw


NYと言えばこの方
第241回 平成22年10月21日 「S&Mスカイパーの五 ちんさんが地球の裏側からこんにちは…だけど土の人たちの続編の一個目」 18分47秒

 やあ、みんな、待ちくたびれちゃったかい?
 週二回更新でまさか蔵出が間に入るとは思わなかっただろう?
 でも、ようやく、自治会トラブルの話の続きだよ!
 しかも、今回からはゲスト企画も兼ねてるのさ。ゲストとして出て下さったのはそう!あの方!トップ・オブ・マキシマーの一人、ちんさんだ~!!!

 二回に分けてるので、またちょっと焦らすよ~w
 間にイベント音声挟むよ~。

 今週の内容は…
  • 桜川マキシムのモモレンジャー
  • 行って来ました臨時総会
  • 議長選出から大揉め
  • ディスカッション開始
  • やっぱり敵

平成22年9月26日に収録
 今回の関連エントリ

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/297

コメント(11)

その ちんさんの反対側に今います。
タイ古式マッサージの使い手です♪

いいヒートアップぶりで、そして

「ええええ!!ここで次回に続くの!!!」と、
のけぞってしまいましたw

ドラゴンボールぐらい次回が気になる構成w

え?1500万の工事を以前にしていた。。。
ブハー。。。


それよりも、当時、築10年数年ぐらいですよね? それで、シロアリが指摘される事って、本当なんですかね。。

全然想像がつかないので、適当に予想してで、申し訳ないんですが、築10数年ぐらいでシロアリが来る家って、シロアリが好きそうな立地で、さらに、床下が本当に通気性が悪い所でないと、シロアリも住めないハズですけどね。。

次のアップの頃には日本です。

も、もう限界。。
このスピード。。

次回も楽しみにしてます♪

どうも。コメント欄ではご無沙汰してます。今アメリカにおります。こちらは午前 2:00。時差ボケでまったく寝れません。

ICレコーダー・トリカゴ1号が活躍しているようですね。嬉しい限りです。

この回は衝撃的。来週が楽しみ過ぎます。


>>ちんさん

明日から New Yorkです。オススメの古本屋と床屋がありましたら教えてください。

え?もう終わり?
めちゃくちゃええところで終わってるじゃないですか!(笑)

JUSさんにしても、相手にしても「意外な犯人」を見たような感じでしょうか。
しかし、3000万も持ってるっていうのはすごいなあ。
図に乗りますな、それは。
でも、「戦ってきた人」ではなく「戦いそびれた人」たちのような気がします(笑)

それにしても、ちんさん、こんな声してはるんですね。
ええなあ(笑)

>タイ古式マッサージの使い手さん

 次にコメント頂いたトリカゴさんもそうですが、コメント欄も含めて異常にインターナショナルですねwすげえw

 ジャンプ漫画みたいでしょ~。でも、ここで続くにしたのには重大な、そして誰しもが「なるほど」と言ってしまうある理由があるのです。
 それは、「編集が間に合ってない」から!

 スミマセンw

 一応、シロアリについては喰われている場所も見たので確かではあります。
 実はこの集会所、周りより土地が低くて窪地になっていて、また、周囲が森になっていて川もあるという、おそらくシロアリにとっては超素敵立地なんです。ホント、もう集会所なんて要らないですw

 回線速度って日本、ダントツ世界一ですもんね。格差が半端ないっすよねw
 続編は快適に御聞き下さいませませw


>トリカゴさん

 これはこれは。今回の放送の大功労者、トリカゴさんではありませんか。大感謝でございます。今後もトラブル音声を録りまくりますよ!w

 そちらはもうかなり御寒いと思います。何とか睡眠を取って御自愛下さいませ~。


>とっしゃんさん

 上でも書いてますが、そういう理由なんです。3人収録の音声の編集って、2人収録の倍以上かかるんですよね。言い訳ばっかりですね。スミマセンw

 あの、ええ年したおっさんが目を合わせる度に少しキョドるのが楽しかったですwざまあみろ、でしたw
 3000万はいかついでしょ~。あいつら、「ワシらが死ぬ前に使っちゃる!」って思ってますよ、絶対。

 そうそう、「戦いそびれた人」だと思いますよ。何せ弱かったんでw

 ちんさんの声、色っぽいでしょ?
 現在、『AV人生相談』のナレーションをされている方と並んでポッドキャスト界の色っぽい声ツートップだと思いますw

お二人様、お相手&編集おつかれさまでございます。
皆様、お恥ずかしい限りです。
前回の蔵出マキシム「誉められると嬉しい、貶されると楽しい」がいい前ふりでございました。お心遣い痛み入ります。

古書店は、趣味の
Argosy Book Store
http://www.argosybooks.com/shop/argosy/index.html
116 E 59th St
New York, NY 10022-1395
(212) 753-4455

トートバッグが人気の
Strand Book Store
http://www.strandbooks.com/
828 Broadway
(between 12th St & 13th St)
New York, NY 10003
がお薦めです。

Barberなら、Upper Eastのエレガントな老舗
Mole Paul Barber Shop
1031 Lexington Ave # 1, New York, NY 10021-3525
(212) 988-9176
はいかがでしょう。

St.Marks / Astor Placeあたりに行くと、日系美容室が結構あります。

NYは少し冷えてきましたがお天気にめぐまれそうです。楽しんでください!

>>ちんさん

ありがとうございました!早速明日行ってきます!
NYは思っていた以上に寒くてビビッています。
取り急ぎお礼まで。

>ちんさん

 こちらこそありがとうございました!
 最初は恥ずかしいですけど、慣れて来ると楽しいですよ!どうですか、継続時にw

 しかし、英語の住所がコメント欄に入るだけで一気に御洒落に。行きてえなぁ!

うは
早速盛り上がってますねw
自治会アナドルなかれ。
次々と明らかにされる謎と巨額の資産、そして因縁の敵との遭遇

なにやら
宗教ネタに引き続き、キラーコンテンツ誕生の予感がひしひしと…

ローカルネタをグローバルに展開中 すげぇえ
次回、NYからのリポートを楽しみにしております。

ミステリみたいでおもしろいですなw
ところで、どの怒鳴り声がJUSさんなんです?

こんばんは、続きが気になるなあ。この言葉が内容に適切なのか怪しいのですが、聞いててこの単語が浮かびました。「老害」。

>ウシヲさん

 そして明かされる衝撃の事実!

 「I'm your father.」
 「Nooooooooooooo!!」

 いや、オトンいてますけどねw
 っつうか、腕切り落とされるのイヤですしw

 宗教と政治。あとは野球でキラーコンテンツを打ち立てれば番組の方向性が説明し易くなりますね。
 次回はこの続きなので、NYリポートは更にその次回です~。


>@kumaさん

 解決出来るかどうか判らないミステリ、それは現実!w

 この部分はまだ序盤なのでニヤニヤして眺めておりましたw


>bunaさん

 尊敬出来る御老人も多々おられますし、そういう人とは仲良くする気満々なんですけどね。
 こういう連中には年金1円も渡したくないもんですねw


ここから見てみてみ
蔵出マキシム・その二十一 「誉められると嬉しい、貶されると楽しい」 10分45秒

 今回の放送分は使おうか使おまいか迷っておりまして。で、そんな時こそ蔵出マキシム。
 リスナーの皆様にとってはナンバリングタイトルかどうかなんてあまり関係ないとは思いますが、ま、気分のもんって事で。

 内容はと言いますと、iTunes storeにおける当番組の評価コメントが辛辣だって話題でございます。

 今週の内容は…
  • 辛辣な事を言われて楽しいなぁ
  • 否定的な事を言われると…
  • プロレスしましょうよ
  • 二人のバランス

平成22年9月20日に収録
 さて、gyasyaの連続企画、ミッチーLOVE大爆発のアレが遂にラストです。どぞどぞ。


 トリカゴさんが弓削先生と一緒に『海外ブラックロード podcast』に出演されてました。
 で、聞いていたら弓削先生に誉められまくるやら苦言を呈されるやら。両方とも凄くありがたかったですって事で御紹介。


 それから、復旧作業、完了しました。御疲れ様、俺!

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/296

第16回「そんなマイクで大丈夫か!?」かのかさんのナレーションで滑舌の悪さが際立つ@kumaが、リアル熊の恐怖になぜか思わず笑ってしまい、90分喋って15... 続きを読む

コメント(6)

私が知っているものでしたら、出さなくていいです。ああ、楽しかったなで終わらせて下さい。

私ねぇ、批判に弱くてねぇ、精神的によわこなのよ。
だからねぇ、書いた記事に批判的なコメントが載ると、早速謝って回ってたね。
それくらいよわこなのよ。

だからお二人のプロレスしましょうよの心意気は羨ましいです。
それも慣れなのだろうか。

とっしゃんさんのセンスの感じられるコメントにはいつもほれぼれしますね。
人間やっぱ根っこの所で優しくないといけませんね。修行してきます。

>ちんさん

 やっぱりどこかしら男の子をやりたいってのもあるんでしょうかね。
 何だかわくわくしちゃうんですよね。あと、他人事の様に“愉快な事件が発生したぞ”的な捉え方をしてしまうと言いますか。

 昔は僕もよわおくんだったんですけどねぇw
 何故か段々とこんな風になっちまいましたw

 とっしゃんさんは、僕も惚れちゃいます。
 僕の中ではリア充と言えばとっしゃんさんです。

なんですか、このコメント状況。
近年稀にみるほどに褒められているではないですか(笑)
いま応援してこそ真のリア・ディゾンファンだろうが!と嘯きつつ、でも、実はAKB48の篠田さんのことが気になりだしている僕は既にリア充からはほど遠く(以下略)

サッカーで言うとJUSさんがチャンスメーカーで、gyasyaさんのストライカーだと思っています。「おっとー」とか「はっはー」があっての桜川マキシム。
最近は息を吸う「はー」がないのが少しさみしいです(笑)

っていうか、こんなコメントを書くと、「内輪受け」とか言われちゃうんでしょうか?(笑)

>とっしゃんさん

 そうなんですよね。とっても楽しいです。
 最大の攻撃は無関心ってのはよう言うたもんでございます。

 篠田さんは僕も気になりますが、AKBと言えば枕営業w
 気になる篠田さんが枕営業!って想像してはもんにょりしたりむしろ萌えたりw

 ふむふむ。彼にシュートを決めさせる意識で行ってみましょうかしら。基本的に、編集時はとっても冷徹なディレクターなんですが、喋っている時はタダのテンション高いアレな人なんで、そういう意識で頑張ってみようかと思いますw
 呼吸音は編集で消しまくってたんですけど、ちょっと残しましょうかねw

 とっしゃんさんは「内輪受け」じゃないです。「身内受け」ですw

昨日コメントしたと思ってたら、送信しなかったみたいw
iTunesもアマゾンレビューも「好きだからコメントする、嫌いだからコメントする」のが大半で「普通、無関心」だったら何もアクションを起こさないですもんね。割れて当然かと。むしろ数が重要なのでしょう? 
 こういうのに簡単に満点つけるやつって・・・って思ったら自分がつけてた件。ちゃんと理由も書いてあるからいいんですよ私のは!

>@kumaさん

 確かに、普通だって思ってる人はコメントしませんね。その事に気付いてませんでしたwそりゃ割れますねw
 普通だって思ってる人が、いかに普通であるかを主張したくなる仕組みがあればいいんですけどね~。

 そして満点の理由があればいいってのは確かにその通りです!嬉しいです!ありがとうございます!w


人種差別には反対です
第240回 平成22年10月14日 「土の人たち」 19分9秒

 宗教の次も正義の話をするんだぜ!サンデルもビックリ!!
 JUSの住む地域の自治会で現在進行中の小さな小さな、それでいて義憤が沸々と湧いて来る事件を取り上げます。

 今回の放送内で言うております第二回臨時総会については既に行われておりますのでレポートも致しますよ!
 乞う御期待!

 今週の内容は…
  • 地に足着いた政治のネタ
  • 強行される集会所の補修工事
  • 第二回臨時総会開催に向かって
  • 色々と勘繰っちゃいますよね

平成22年9月20日に収録
 今回の関連エントリ
 先日の『白鯨ラジオもっこもこパレード』では、御来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
 今後もますます邁進して参りますので御愛顧の程、宜しくお願い申し上げます!!

 音声もアップするんで待っててつかあさいね!

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/77

コメント(7)

まずはは自治会長ですか。ステップアップも余裕ですねw
自治会の総会の委任状の扱いはどこもいい加減ですもんね
みんなが嫌がってやらない自治会の役員も
やってみるとやりたい放題できて楽しいですよ~(経験者談

900万w
どんな豪邸のシロアリ対策+バリアフリー工事なんですか!
私、工事の監督に行きましょうか?

会長どんだけ抜いていくんでしょうか。。
使ってる材料の原価叩き出して、ペーパーマージンを算出し、
職人の日当を計算し、養生材、ネジ・釘・接着剤・ボンド・来ている職人・現場責任者のナンバーから推測した足代まで全部計算しましょうかw

「そこまでやる根気があるか?」と聞かれれば
「ないw」になりますが。。

実は、会長が使われてるだけで、膝に猫を抱いて、顔が影で半分しか見えない黒幕がいそう。。  と勝手に妄想してしまいますw
(後ろのカーテンは赤w)


あ、先日報告した、プロレスですが、
バンコクに帰ってきて、また観てます
これ、何試合かをループしてますw

昨日の夜、ネットしながら延々観てましたw
金村キンタロー出てますw
新日本が観たいです。。
FMWと全日本だけなんですw

あ、すいません。。
ついつい長文に。。

次回も楽しみにしてます。

>@kumaさん

 自治会長→町議会議員→市議会議員→県議会議員→県知事→衆議院議員→総理大臣って感じでステップアップしたいと思います。
 あ、東京都知事からの皇帝に就任という『超光戦士シャンゼリオン』パターンもありですねw

 ホント、ああいう会則って、もっと法的に穴の少ない雛形作って公開すればいいのにって思いますね。作ろうかしら。

>タイ古式マッサージの使い手さん

 そこまでやりたいですね~!
 何気に身内に一級・二級建築士がおりますんで、個人的なツテでも頼れば僕も出来なくもないんですけどね。
 こういう時に会社勤めだとエネルギーを傾注出来なくて歯噛みしてしまいます。悔しいなぁ。
 そして何だかもうすぐ工事が開始されちゃいそうな予感。

 黒幕は手にワイングラスを持っていて、部下が下らないダジャレを言うとそいつを火の海地獄に叩き落す訳ですねwちょっとカッコいいぞw

 おお、キンちゃん!
 って事は割りと最近の試合を流しているんですかね。
 今、wikipediaで見てみたらキンちゃん意外と若いんですね。まだ40歳。何だか汚れなイメージがあったんでもっと年上かと思ってました。
 よう考えたら邪外より下でしたね。へへへ。

わーい、超楽しい!(笑)
是非とも続報を。

僕も黒幕がいるのに一票。
「あのJUSという男はやっかいですね」
「ははっ」
・・・みたいなやり取りをしてて欲しいです。

うちの親父は10年くらい自治会長をしてました。
得なことと言えば、役所から届けられたアンケートみたいなを担当地区に配り歩いたら、ちょこっとお金がもらえるくらいのことしかありませんでした。蜂の巣ができたらどうにかしてくれ、と住民に言われて、バカ正直に退治しに行ったりしてましたよ(笑)
いいなあ、900万(笑)

基礎情報ここで全部おっしゃってましたね。私ナニを聞いていたんだろう。

争い事は嫌いです。なので、お茶を濁してごまかすでしょうね。
なんかやっぱ臭いますよね。団塊の臭いが。アナーキーで強硬な方法をとりたがる所も臭いますよね。その点だけホリエモンがごちるのも許す。

父(70代)が宅建協会の役員かなにかやってたんですが(過去形)、何故かそこでも民主党の政権交代よろしく、会長選挙で、旧会長派と新派(団塊&バブル青春期派)との一騎打ちがあったそうで、結論から言うと旧会長派が負けたんですけど、父は徹底的に論争を仕掛けたそうです。総会でも論争し、それでも納得しなかったので、彼等の総則違反及び矛盾点の証拠を集め、更に上の協会に提出しました。

結局ことなかれで、なにも動かなかったんですが、規則の元、組織として運営されている以上、たとえ私的な集まりとしても、何らかの規則違反もしくは独善的な決断がなされることはあってはならない、と、「ノイズ」を立てたことは、良かったのではないかと、これに懲りて、勝手な事は控えるであろう、もしくは、勝手な事をした場合に、また声を挙げる人がでてくるであろうと、期待しましょうと、父を慰めました。

民主主義の意義は、自由に意見を述べられる事。またそれを皆で協議できる事であると思います。面倒くさいでしょうが、楽しんでやってください。そのうち、プロの自治会政治家が誕生し、建築業界から派遣されたロビーストがうろうろし始めるかもしれませんねw。ミニチュア民主政治の誕生ですわw

ああ、投稿してから思いつく、悪い癖。

宗教で統治するという手もあるよ。それがとりあえず手っ取り早いんじゃない?
あなたはぁ、かみぅをぅ、しんじまぁすかぁ? 

>とっしゃんさん

 続報は一週間後ですよ!御楽しみに!!

 黒幕、カッコいいなぁ…w
 ベルクカッツェみたいなマスクかぶっているとなお良いですね。

 「ぅおのれぃ、JUSめ!次こそ貴様の息の根を止めてくれる!」
 「何をしておる自治会長よ」
 「はっ!大首領様!申し訳ございません…」
 みたいなw
 どんな自治会だw

 10年だと長期政権ですね~。
 ウチの自治会だったらもうウハウハですよw
 蜂の巣なんかで動かざるを得ない辺り、やっぱり自治体の下部組織って意識がみんな強いんですね。


>ちんさん

 どうも反対組織も法的手段には訴えないみたいで。
 ホント、ホリエモン的な「これを言ったら何が悪いっていうの?」という態度も時には必要って感じですね~。

 ふむふむ。
 どこの組織でもそういった形での世代交代が迫られて行く時期なんですね~。

 個人的に思うのは、会社などの生活に影響大な組織ならともかく、自治会みたいなせいぜい周りとあんまり仲良くならない程度の影響しかない団体においては、面白半分でひっかきまわしまくったらいいんじゃね?ってところです。
 その際においては“正義感たっぷりで口うるさい人”をロールプレイするくらいの気持ちでいいんじゃないかなぁ、と。

 で、そういう事をやっている人がいると実際にちょっとずつ変わるとも思いますしね。お父様は立派に正義の味方であったと思います。

 しかし、プロの自治会政治家w

 宗教で統治ってのは地味にやっているところがあるから困りものですね。学会とか天理教とか。

第239回 平成22年10月11日 「愛と業と」 12分56秒

 前後編の後編でございます。
 前回に引き続き、テリー・イーグルトン『宗教とは何か』を読んでそこから馳せた思いを吐露します。

 今回は、本の内容とは少し離れますが、JUSが新たな視点を与えられましたよというお話。
 さあ、みんなで記憶を掘り掘りしましょ~。

 今週の内容は…
  • 新たなる視点!
  • 何故『ガンダム』なのか
  • 論理を否定する者がいかにして主張を行うのか
  • 翻訳した人・大橋洋一

平成22年9月20日に収録
 今回の関連エントリ
 なお、10月の『もこパレ』イベントは10月11の月曜日、体育の日の祝日ですよ!
 明日!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:500円(1ドリンク別)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/76

コメント(6)

うーん、高い本だなあ。

僕がこの本を読んだら、「桜川マキシムで紹介されていたので、興味を抱いて読んだ」のではなく、「神の恩寵」になってしまうわけでしょうか。
なんかイライラしてきました(笑)

テリーさんは、奥さんに「どうして私と結婚したの?」と聞かれたら、「神の恩寵っす」って答えるのかなあ。
そう言われてみると、僕は嫁から、「わたしと結婚してなかったら、×××さんと結婚してたでしょ?」と言われて、素直にそうかもしれないと思ったことがあります(笑)
しかし、タイミングなり状況なり、の全てが神の思し召しなんだとしたら、本末転倒的に、宗教自体が必要なくなるような気がするんですよね。
なーんの論理的根拠も思いつきませんが(笑)

「ウンコさんも神の恩寵」「聖水」(笑いました)——となると、スカトロはキリスト教的に正しい性的嗜好ということになりますね〜。Holy shit! 確かに、神の恩寵とか啓示とか言われると、話はそこで終りですね。

テルトゥリアーヌスという大昔の神学者の言葉に「不合理ゆえに吾信ず」というのがあります。神や信仰というものは人間の合理的な精神では理解できないものなので、信じるしかないということらしいです。一応アチラさんも、自分たちが不合理だということをホントは解ってるみたいです。

ちなみに、60年安保時代に左翼学生たちのバイブルのひとつだった埴谷雄高の『不合理ゆえに吾信ず』という本に、「あんたみたいなとりとめのない人はいないわ。それがどちらにせよ、それぞれ理由があるんだもの」というセリフが出てくるらしいです(読んだことがないので確認してはいませんけれど)。

聴きながら思いだしたのですが、一水会の最高顧問・鈴木邦男が何かの本(たぶんマルクス関連)の対談で「学生時代に、もし可愛い女子の先輩に誘われていたら左翼になっていたかもしれない」という趣旨のことを言っていたような気がします。

「それがどちらにせよ、それぞれ理由がある」みたいです。

この手のテーマ、ほんま得意やねぇ。上手いし、おもしろいわぁ。
私ならそもそも宗教はナニをしたいのか? なんて陳腐なそもそも論を展開しそうですが、そこへ陥らないのが、お二人のスンバらしい所。

確かに宗教を通じて「道徳」「倫理」「美徳」を押し付けられると鳥肌が立ちますね。ほっとけや。人にはそれぞれ事情があるやろ。一遍通りの道徳論で人の人生を簡単に分類して片付けんな、です。

しかし社会には「秩序」が必要で、秩序だった社会から論理が、哲学が、政治が、文学が、科学が発展して行くことは、人類の歴史をみれば、明らかで、最初にその抽象的な秩序を具体の積み重ねである生活に結びつけた宗教が、今も文明社会を築く礎となっていることは確かです。
神様のひも付きになったと言うことでしょうか。頭に漬物石を載せたがるのは日本人ですね。

しかしあくまでも社会を構成する主体は人間、各個人であり、原理に支配されて生きるのは本末転倒であると気づいたのは、お二人だけでなく、遠く遡って、キリストでさえユダヤ原理主義にたてついた人物そのものなのではないでしょうか。その後のキリスト教の歴史はいただけませんが。

近頃、行き過ぎた自由経済資本主義の反省から、マックス・ウェーバーも見直されており、イーグルトンがもてはやされるのも、そのあたりの発想からではないかと、穿った見方をする私。
マルクス主義は全体主義に容易に変貌していっただけに、アンビバレントな思いを抱きますね。
物語論理やコミュニタリアニズム(共同体主義)は、日本人には受け入れられやすいと思ったですが、どですか?

あ、そうそう、『文学部唯野教授のサブ・テキスト』が本作より絶品です。とっしゃんさん、是非。

あ、思い出した。
キリストの生涯を描いた映画はいろいろあれど、モンティパイソンの『ライフ・オブ・ブライアン』(Monty Python's Life of Brian)が一番。
エリック・アイドルが歌う「Always Look on the Bright Side of Life」も秀逸。
http://www.youtube.com/watch?v=WlBiLNN1NhQ

↓とにかく先行きが不透明なのは怖い、ランダムが怖い
↓何でもいいから原因が欲しい、理由が欲しい 
神様、占い等で全て解決してしまおう

上記の嗜好プロセスこそ(古くからのもので修正しにくい)合理性の賜物だと思うのですが。
下記は誰も求めていない「私が桜川マキシムを知ったワケ」ですがザッと振り返っただけでも偶々に偶然が重なった結果です。

↓TVが部屋になかったので野球をラジオで聞く
↓深夜の馬鹿力を聞くようになる
↓日曜日の番組にも興味を持つ
↓秘密基地終了宣言。情報に飢え、ラジオ関係のブログを検索「僕のラジオに手を出すな」「キーボードで昇龍拳」と遭遇
↓「僕ラ」経由でタイムマシン部を知り、同じにおいを感じ、感想メールを送る。(感想のみだと味気ないので一発ネタとしてシモネタをラジオネームに)
↓「キー昇」経由で桜側マキシムを認識(タイムマシン部についても言及されている、聞いてみよう)
今に至る

「偶然などない。運命で、神の恩寵なのだよ」
と言うよりそれこそ私の嗜好と状況とタイミングが、桜川マキシムと出会いやすい立ち位置にいただけ。
聞き続けているのは魅力と言う名の粘着性があったから。
「君の嗜好も状況も、運命で決められており、また神の恩寵なのだよ」
としつこく言ってきたら男は黙ってアンパンチ。
ううむ、こうして振り返ると「ダンコン」の生みの親はMasaruSさんですね。
あれ、罪悪感が。

>とっしゃんさん

 800円なら買いですよw

 そういう「神の恩寵」とかの反証不可能な事を言って幅からない人って、「あんだコラ、舐めとんのんか」ってなりますよね~w
 反証不可能な命題は間違っている、とは言えないんですけど、そこに安穏としている人間は根本的にアレだって事で石以て追いたくなりますw

 多分ですけど、結婚の理由を聞かれたら「神様が最も相応しい相手と巡り合わせてくれたんだよ」とかテキトーに言いくるめよるんだと思いますよ。嫁さんもそれで納得な方だったりしそうですし…。もしそこで「そんなん聞いとんちゃうねん。ちゃんと答えろよ」って言っちゃう奥さんだったらざまあみろなんですが。

 しかし、奥さんに読まれて納得しているとっしゃんさん、面白いですw

 ね~、本当、それ思います。
 「神の恩寵」って概念と人間の自由意志の関係性、練り込まれて無さ過ぎですよね。ミノフスキー粒子だってもう少し設定 詰められてるぞ、とw


>MasaruSさん

 Holy shit!はいいですねw
 スカトロ云々はいっぺん敬虔なクリスチャンにぶつけてみていじめたいなぁw

 テルトゥリアーヌスという名前は覚えておりませんでしたが、いましたね。「不合理ゆえに吾信ず」って言葉は目にした時に、「おめえ、何を勝手に人類代表して諦めてくれちゃってんの?」って思ったもんでした。
 「到底 徹底的な合理的精神を持ち得ない我々人間にとっては、神や信仰に寄りかからざるを得ない」って意味なら、同意は出来なくても理解出来るんですがね…。
 今 見てみたらどうやら三位一体って概念を考えた人っぽいですね、テルトゥリアーヌス。そこんところをそんな乱暴に解決するんだったら、合理性についても何か考えたら良かったのに~って辺りに当時の知識人の限界を感じたりもします…ってろくに調べもせずに書いてますがw

 安保の時代の方々の「理由」は、それぞれ面白いなぁと思ったりしますが、鈴木邦男の話は『ゴー宣』でもしていた様な。
 彼の場合、“気を抜くと左翼になっちゃう人”なので、その辺 事ある毎に言っておく必要があるんですかねw


>ちんさん

 そもそも論も大好物ですよ!!w

 僕も押し付けられた価値観にはそれだけで反感を覚えるんですが、より動物的な上下の間隔を持っておられる方々や、己自身に寄って立つにはちょっと膝がグラグラな方々にとっては権威ってのは重要だったりするんでしょうね。
 人間がその隙間を埋める叡智を手にするのはいつの事か。嗚呼。って何様だw

 今「キリスト教徒です。えっへん」な人とキリスト自身を比べると、キリストの方が圧倒的に無神教的だと思えますし、歴史って皮肉だw

 この2回、マルキストに対して色々と物申したりしましたが、基本的には僕も共産主義であり全体主義なんですよw
 共産主義&全体主義な世の中では僕は生きて行けないなぁとも思ったりもするんですけどw
 なので、自由経済資本主義からゆり戻しがあるのは当然なのです!って言いたがる人種なんです。スミマセンw

 ただ、現代日本人の原型はそりゃあもう江戸時代に醸成された所にオリジナルがあるよなぁ思ってますんで、建前は全体主義で心の中は個人主義が座りが良いのは当然かな、と。
 そして、そんな風に思っている事も含めて、「昔からもこれからも、日本人ってそんな感じでずっと“日本人”」って物語が大好きですよね。

 『サブ・テキスト』もあるんですね。『モンティ・パイソン』も含めて触れるべき物が多いなぁ。時間が欲しいなぁ。宝くじあたらねえかなぁ。


>ダンコンさん

 そうそう。神様とか言っちゃう時点で論理の徒でしかないんですよね。
 真剣に神学やっている人が「あるぇ~?」ってならないのが不思議で仕方ありません。

 ウチを楽しんで頂くにいたった過程は面白いやら嬉しいやらです。
 『馬鹿力』は『サイキック』と並んで僕を構成する二大ラジオ番組ではあるんですが、この『桜川マキシム』において『サイキック』はともかく『馬鹿力』成分があんまり出ていないと思うんですよね。
 でも、『馬鹿力』を愛する方に楽しんで頂けるってのは不思議やら面白いやらホメイニ師やらですね~。

 しかし、「男は黙ってアンパンチ」w
 多分、プライベートで使います。そのフレーズ。さすがダンコンさんだw
 しかし、何故 京極っぽい台詞回しw

 MasaruSさんは上でスカトロジーな事も仰っているんで、ダンコンさんの親という立場をきっと受け入れてくれはる筈だと思いますw


頑張って読んだ

第238回 平成22年10月07日 「鷲豚」 15分4秒

 おまっとうさんでした!
 以前に告知してから随分と経っちゃいましたがようやく御届け!
 テリー・イーグルトン『宗教とは何か』の話でございますよ!!

 今回は前後編に分けて御届けします。まずはどんな本なのか。ダイジェスト的になっちゃいますが、どうぞお聞きくらはい。

 今週の内容は…
  • 読み込みましたよ!
  • テリー・イーグルトンってどういう人?
  • マルキストならではの特徴
  • それはそれ!これはこれ!

平成22年9月20日に収録
 今回の関連エントリ
 なお、10月の『もこパレ』イベントは10月11の月曜日、体育の日の祝日ですよ!
 いよいよ!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:500円(1ドリンク別)
 gyasyaの御出掛ポッドキャスト。ミッチートークの宣伝が忘れ去られておりました…。
 第四回後半・第五回・第六回前半をどうぞ~。

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/44

コメント(10)

私の癖は、その人のバックグラウンドからその人の考え方の癖を探ることです。また考え方は固定したものではなく、一枚一枚のレイヤーのようであり、その時その場のその重なり方でものごとの見え方が違ってくるのだと理解しています。
多種多様なレイヤーを持つ人の頭の中には、風吹かれたりして、偶然に絶えず変化しながら複雑で多様な図が描かれ、また面白いのだと思っています。

T・イーグルトン。イギリス、オックスブリッジ出身、キリスト教徒かつマルキストの文芸批評家、哲学者。
イギリス経験論者というより、ドイツ観念論、ヘーゲル的というところでしょうか。おっしゃる通り、固定観念的でちょっと取っ付きにくいですね。

最近宗教を「道徳」や「倫理」を伝える「叡智」として捉える考え方に接してから、宗教に対して少し肯定的になりました。もしそれが法であればそれでもいいですし、金であるならそれでもいいです。ガンダムも良しとしましょう。

ウッディ・アレンの映画「重罪と軽罪」から引用。
「神の創造には愛が欠けている、しかし人間の愛は意義を生み、努力は喜びを見い出す」
この台詞の後「未来の世代に託す」と言った大学教授は自殺するという設定。ウッディのそういう所が好きな所以。
イーグルトンも観念ではなく”自らの”ものを語ってくれたら見直します。

マジ返しで攻めてみました。どや?


小学2年の夏休みに和歌山の高野山に行った時、
熱心な仏教徒である、婆さんに、
何か鉄アレイみたいなヤツを指差され、

「これは弘法大師さんが中国から投げたんやでー!」

と言われ、

「婆ちゃんの言ってる事は絶対間違ってる。。でも、おもちゃ買って欲しい。。」

と、思いながら、演技バレバレで、ビックリしたもんですww

今となっては、「ちょっと、弘法大師連れて来い!」となってしまいますねw

あ、そうそう、おそらくですが、
おととい、
ターペー門という有名なスポットで、
自転車にヘルメット、半袖Yシャツにネクタイという、日本でも見掛けるモルモン教の宣教師風なのがいましたよ!

彼等はどこでも、あの服装なんですねw

人の集まる所にモルモンホイホイ仕掛けましょうw

>ちんさん

 そういった読み方をするとこの本は少し物足りないというか、掴みどころが無いというか、歯噛みする様な感じを受けるかもしれません。
 読んでいて論理でもパトスでもない中途半端な部分をフワフワと漂っている様な感じなんですよね。「おいおい、せめて魂の叫びを響かせてみろよ」って思っちゃう感じです。
 ま、そうやってハスに構えた感じを出すのも、この人の癖なのかもしれませんが…。

 僕の癖はと言うと「人間が何かを主張する時、結局は何らかの感情を満たしたいって初期衝動がある筈」って所を考えちゃうところですかね。多分、現代国語教育のせいですねw

 以前もコメント欄で少し触れたかもしれませんが、宗教を「叡智」として捉える考え方って馴染めないんですよね。何処か欺瞞を感じるんですよ。言語化出来たらネタにしますw
 ちなみに、ガンダムは来週分で登場しますw

 実はウッディ・アレンの映画を観た事が無かったりします。てへ。
 ちょっと落ち着いたらまったり観てみようかしらと思います。


>タイ古式マッサージの使い手さん

 弘法大師すげ~。凄いけど、何故投げたw
 是非とも科学者の方に炭素同位年代測定とかで弘法大師以降の世代に作られた物だって証明してほしいもんですねw

 しかし、おもちゃを買って欲しいって目的の為に事を荒立てず、その場の和を優先する辺りが日本らしいw

 モルモン教は熱心ですね~。今、wikipediaを見たらケント・デリカットだけじゃなくてケント・ギルバートもそうだったんですね。ふむふむ。
 ちなみに、チャック・ウィルソンは怒ると「俺は戦争で人を殺してるんだ。オマエも殺してやろうか!」って怒鳴るらしいですw

キリスト教から離れられないのは
「キリスト教しか知らないよ!でもやるよ、一応!やらないよかマシだしね!」
とかなり前半部分で一応エクスキューズされておられたので、まぁしょうがないような気がします。
これはタイトルがよくない!
「宗教とは何か」より「キリスト教とその周辺と私達とは何か」にすればいらない誤解されずにすんだのに。
それにしてもJUSさんのダイジェストが判りやすくて惚れ惚れ。
桜川マキシムの解説(批判!?)入りCDをセットで売り出せば、より理解が深まるはず!
売れるかどうか判らないけれど!
後半も期待しております。

ちょっと話題はそれますが、マイケルでサンデルな教授に言わせれば正義の根拠は3つ。
自由、幸福、美徳なのだそうです。
今までアメリカでは自由と幸福に関しては散々議論されていおりましたが、美徳はそうでなかった。
「だから一緒に美徳について考えようぜ!」
とこれからの正義で語っていますが・・・その「美徳(愛や善意が促す行い)」をかの国では宗教で埋め合わせていたのではないか?
宗教ぬき、生で丸出しの「美徳」を語ったから大学生に斬新で特に面白く見られたのではないか?
災害がおきても目立った混乱が起きない最低限の美徳がまだ残っており、
宗教云々についてかなりフラットな位置にある日本人はどうして「これ正」に惹かれているのか?
ちょっと照らし合わせて読みました。
う~ん、じゃすてぃす!

あとどうでもいい事を付記
テリー・イーグルトン著『文学とは何か』における記述は筒井康隆の『文学部唯野教授』の下敷きになった(Wikipediaより)
な、なんだって・・・!?

うーむ、いかん。
大学生の甥相手に大人気ない罵りあいをしていたら、乗り遅れてしまいました(笑)

すいません、読んでません。

マルキストって言ってもマルクス兄弟が好きな人のことじゃないですよね(笑)
史学の世界でも、一時期、「マルクス主義に乗っ取って~」というのが決めゼリフだったらしいんですが、ソビエトの崩壊と共に消えうせていったそうです。だから、けっこう絶望している人は多いかも。

もはや読まないでもJUSさんのダイジェストを聞くだけで充分かと思えてきました。

キビシいなぁ。

テリー・イーグルトンの著作の中には好きなものもあるので、ちょっと切ないです。

お題の本はまだちゃんとは読み込んではいないのですが、話がキリスト教中心なのは、本人が1章の序盤でそう断っているので許してあげて下さい(憧れのダンコンさんと重複しますが)。大風呂敷ひろげるよりも、知ってる範囲で(provincial than presumptuous)ということらしいです。

さて、イーグルトンを擁護するわけではありませんが、日本語版のタイトルの訳が極めてミスリーディングだと思います(これもダンコンさんと重複してますね)。『宗教とは何か』というタイトルの本であれば、手に取った人は当然「これが宗教だ」という結論を期待してしまいます。

しかし、原著のタイトルは Reason, Faith, and Revolution: Reflections on the God Debate。メイン・タイトルはザックリとした三題噺風で間口を広げている感じですが、サブタイトルのほうは明快で、要はこの本は、「宗教」ではなく「宗教論争」についての本です。よって、この本がJUSさんにとって期待はずれだったのはうなずけます。

本になる前の講義段階のタイトルは "Faith and Fundamentalism: Is Belief in Richard Dawkins Necessary for Salvation?" で、もっとわかりやすいと思います。巷間セットで論じられる信仰と原理主義とを腑分けして宗教の濡れ衣をはらしつつ、ドーキンス的な科学主義も宗教に取って代わるものにはならないというのが全体の見取り図。ついでに宗教に革命の契機を見いだしたり。サブタイトルの言い回しは、例の「ユーモア」でしょう。

3章序盤の "Without reason, we perish; but reason does not go all the way down. It is not wall to wall. Even Richard Dawkins lives more by faith than by reason." あたりが、イーグルトンの立場を簡潔に表していると思いますし、この点については私は概ね共感しています。

ちなみに、調べてみたら、Terry Lecture というのは、人道主義的な観点から宗教について考える機会を公に提供することを目的とし、自然科学・人文科学的知見と宗教の連携を企図するもののようです。よって、アンチ宗教の人は聴きに来ないでしょうし、基本的に聴衆は宗教に理解のある穏健派だと思いますし、内容はそういう人むけになるでしょう。

それに、記念講義ですから、ハード・コアな内容を求めるのも酷な話だと思います。

あと、世間一般から見れば意外かもしれませんが、学問の世界ではマルクス主義の影響力は未だに強く、決してキワモノ扱いではありません。特に歴史学などの人文科学ではその傾向が顕著です。ともすると主流と言っても過言ではないかもしれません。もちろん、実学寄りの社会科学ではそれほどではありませんし、ベタなマル経の人はほぼいなくなりましたけれど。

思いつくままに書いたので、長くなってすみません。

○Dwight H. Terry Lectureship | Terry Eagleton
 http://www.yale.edu/terrylecture/eagleton.html
 ※本の元になった講義の動画を見ることができます。

>ダンコンさん

 おお、今回の放送分で最も感想が気になる方、ダンコンさん!
 御感想ありがとうございます!!

 確かに、その辺は言うてましたね~。
 ただ、正直、それを読んで「舐めた事ぬかしてんじゃねえ。調べて喋れ。大体、宗教なんて本質は一緒じゃ!」って思っちゃったって感じでしたw
 確かに、タイトルだけでもだいぶ印象は違う気もしますw

 CDセットにするなら、『神は妄想である』辺りと両論セットにして、とかの企画はいかがでしょう。多分売れませんけど!w

 ふむふむ。確かに、宗教抜きの美徳を価値観として共有してなさそうですもんね、アメリカ。
 その点で言えば日本で受ける理由、確かに難しいですね。一つ思っているのは、直接的な言葉で価値観をぶつけて来るって経験が乏しい日本人には斬新なんでわ!ってところですが…。どうなんでしょう。

 『文学とは何か』と『文学部唯野教授』も読まなきゃですね。『文学部唯野教授』は次回で少し触れますけどね。
 ちょいと図書館へ。


>とっしゃんさん

 その罵り合いの内容が気になる!w
 とっしゃんさん、あまりそういうイメージじゃないので意外ですw

 マルクス兄弟でAVメーカーの方を先に思い出しちゃいました。スミマセンw

 いや~、絶望してる人、多いですよ。絶望してるクセに捨て切れていないもんだから、ふいに顔をのぞかせたりなんかして。妙に資本主義って単語を使う60代半ばのおっさんはそういう人種だと断定しちゃってますがw

 本については、講演を基にしているのでちょっと冗長かもですね。よっぽどおヒマならって感じですw


>MasaruSさん

 キリスト教中心な点については、これまたダンコンさんへのレスコメントとかぶっちゃいますが、言い訳されているからこそちょいとイラっと来ちゃいました。
 実際はキリスト教に独自の部分って“愛”って単語が多目に出て来るくらいですから『宗教とは何か』というタイトル通りに捉えちゃっても問題ないかなぁとも思います。
 僕がタイトルを付けるとすれば“非原理主義的宗教の社会的有用性についての主張”って事になりますかね。
 ただまあ、第一章の辺りはやっぱり僕としては容認出来ないんですけどねw

 なるほど、それがTerry Lectureなんですね~。
 でも、そういった聴衆を前提としているんであるからこそ、あれじゃダメなんではって気がします。
 聴衆も新たな視点を持ち得る訳でもなく、単に言語化しづらい部分を偉い先生が上手い事 言うてくれた!で終わっちゃうんではないか、と。
 ま、本来、本にして出版する様なもんではない様な感じなんでしょうか、ね。

 マルクス主義の影響は確かにでかいですよね。
 下手の横好きで独学でしかない自分から見ても歴史学は、ようやくマルクス主義的史観から抜け出しつつあるくらいですもんねぇ。

 映像の方、チラッと見てみました。
 最初に出て来た進行役のオッサン(っつっても教授だったりするんだと思いますが)がイーグルトンかと思って、「イーグルトンって許永中みたいなんだな」と思ってました。
 で、その後にイーグルトンが出て来て「許永中じゃなくて小田実だな」って思いましたw

大人気ない罵りあいでした(笑)
身内だからこそ無視できず、かつ身内であるがゆえに段取りが滅茶苦茶になってしまったんですが、要約すると、

甥「村上春樹がノーベル文学賞を取ったら、流される国民性ゆえに「にわか読者」が増え、そうしたにわか読者が、村上春樹を読まない私の人格を攻撃してくるので、ますます村上春樹を読みたくなくなる」

僕「そもそも読む気がないなら、ノーベル文学賞を取ろうが取るまいが、誰から何を言われようがまったく関係ない。そんなのただの被害妄想だ」

です(笑)

>とっしゃんさん

甥御さんの年代で村上春樹はやっぱでかいですよ。私の若い時でさえ、読まない、興味ないと告白しましたら、奇人扱いでしたから。
私の友人曰く「ナニ書いたん?やわ」ですし、私は「ビートルズ演奏するつもりでずうとるびになってしまったような作品」と分類しています。
よかったです。彼がノーベル文学賞なんてとらなくて。ほっとしました。

 『ねじまき鳥クロニクル』って聞くと脳裏に赤髪でマスクをして黄色いパイロットスーツを着た兄ちゃんが浮かんで困ります。よね?

>とっしゃんさん

 なるほどw
 

 僕なんかだと、そんなに強硬に「何故読まないのだ!」なんて言われちゃうとニヤニヤしながら戦闘態勢を取ってしまうと思うなぁw
 そんなに面白い状況、楽しまないと損だと思うんですけどね~。
 もし本当にそんな攻撃を受けるんであれば僕も読まないでおこうと思いますw


>ちんさん

 おお、そんな扱いを受けるんですね。
 僕の周りでは読んでいるヤツって以前に放送に出て来た坊主くらいで。ひょっとしたら『マディソン郡の橋』の方が読んでいる人間が多かったかもしれません。
 と、ここまで書いていて、その坊主から『ねじまき鳥クロニクル』を借りて読まないまま放置していたんではないかという疑念がw

第237回 平成22年10月04日 「JUSTICEのJUS」 19分37秒

 いやぁ、皆様、あらためましてゴメンナサイ。
 この度は僕の手違いでサイトのデータベースが吹っ飛びました。幸いにしてサイトの記事データ自体は残ってましたのでその点は今後 復旧して行きたいと思います。
 ただ、コメントのデータについては残ってはいる物の、過去と同じ状態に復旧する事が出来ない模様です。過去の履歴として閲覧出来る状態にはしたいと思いますが、その点、御理解頂きたく存じます。

 さてさて、今回の内容は例によって稀代の偏執狂、このワタクシJUSが電車内で繰り広げた闘いの記録を御届けします。この事件以来、ちょっとだけ言い方がマイルドになった僕がいますw

 今週の内容は…
  • 小さい事からコツコツと
  • 注意したんですわ
  • 逆恨みされた?
  • わざとちゃうわ
  • いつか来る勝利の日を夢見て

平成22年9月20日に収録
 今回の関連エントリ 義を見てせざるは勇無きなり,電車,マナー,偏執狂,
 なお、10月の『もこパレ』イベントは10月11の月曜日、体育の日の祝日ですよ!

ライブシアターなんば白鯨
〒542-0074
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
Tel:06-6643-5159

19時開始
入場料:500円(1ドリンク別)

トラックバックURL: http://sgmx.info/mt/mt-tb.cgi/25

コメント(5)

僕もホレられたのに一票(笑)

JUSさんがキ印なら、相手は偏執狂ですね(一緒か?)
というより、自分より若い人間に注意されたことがもう気に食わないんでしょうね。その場合、「正しい」「間違い」の縦軸より、「強い」「弱い」の横軸が優先されちゃうんでしょう。
逆にようやるなあ、と感心してしまいます。
でも、横に並んでくるところまでは予想してなかったと思うんです。
最後のコツンはそのまま通りすぎると予想しての行動だったはず(笑)

僕も37歳だし、緩まないように気をつけよう(笑)

恋ですね。恋におちてです。脳内キャスティングには、豊川悦司と武田真治(古っ)がいいですか。個人的には緒形拳と山崎努の渋めと、要潤と生田斗真のバカ面コンビもいいかなぁとか思っちゃいます。きゃはっ

スラッシュごっこはさておき、日本はホモ社会と聞いておりましたが、そこまで進化したんですねぇ。自らアプローチしてくるなんて。

今度是非奥様と一緒に両隣りに座らせてください。JUSっちを挟んで「奥さん、おみかんどうぉ? 飴あるけどいる? あとでトリデントあげるから虫歯大丈夫よ」なんて会話したいですね。

腐女子の定番は「アナザー・カントリー」ですね。これは外せない。
「蠅の王」もやおいには垂涎のお宝でしょう。サウジの王子様が出てるんですよ。
少し汚れた所ではデカプリオの「太陽と月に背いて」やケヴィン・ゼガーズがまだ初々しい「トランス・アメリカ」も実は実はです。

昔、おすぎがリバー・フェニックス(これも古い)が汚れ役(男娼)をやっているのをすばらしいと誉めちぎったところ、淀川長治が上品に「あんた下品ね」と一言諭してくださったのには頭が下がりました。ええ、あいつ下品です。

ということで、桜川のおすぎとピーコさんには、ますます頑張ってほしいものです。うふん。

>とっしゃんさん

 えええええ!
 もう少しキレイな男がいいですw
 どうせ抱かれるんなら阿部ちゃんがいいです。大胸筋が平べったくて胴が長めの人がタイプですw

 いやぁ、仲間内では僕と言えば偏執狂なので、彼をして偏執狂と呼びはるのはちょっと抵抗があります。偏執狂の称号は僕の物ですw

 年齢的な物ってありますよね~。これはその内に放送する内容ですが、先日65歳の自治会長に意見した時もそういう反応でしたw

 コツンは多分、彼なりの落し前だったんでしょうね。おそらくアレ以上の事はやる気がなかったとは思います。なので余計焦ったのではないかとw

 僕ももうすぐ31なんで、もう少し穏やかに過ごしたいと思いますw


>ちんさん

 またまた、ちんさんまでそっちにw

 そう言えば豊川悦司と武田真治の『ナイトヘッド』ですけど、大学のゼミでとある女子が「『ナイトヘッド』のドラマっていいよね」って言い出したので「それは2回目のドラマ版だなぁ。1回目は『世にも奇妙な物語』内で一度だけ映像化されていて…」って話をして引かれた覚えがw

 うわ~、ちんさんと妻が共闘して僕を苛めている様が凄く容易に浮かびますwうわぁw

 しかし、某漫画で「ホモが嫌いな女子なんていません」というセリフがありましたが、やっぱり本当なのかしらとちんさんのコメントで思ってます。
 僕なんて、ホモ映画なんて『ブエノスアイレス』くらいしか出て来ません。しかも見てませんw

 淀川先生か~。思い返すと、あの業界で“おばさま”に属す方って淀川先生だけだった気がしますね。しみじみ。

バンコクよりもさらに遅いチェンマイで聴けましたw

この電車での話、待ってました!
彼もイライラしたんですよね。
もし、言って、言い返されて「ウッ。。」ってなる人だったら、そのオッサンも、何か言い返してたんですかね。。
そこまで考えると、ますますそのオッサンに腹が立つんですけど。。


さて、タイなんですが。
タイの電車では、「妊婦」「怪我人」「坊さん」とかに席を譲りましょうと書いてます。

は? って感じですよね。

今回も楽しませてもらいました♪
ありがとうございます!

>タイ古式マッサージの使い手さん

 ダウンロード出来たんですね。良かった~w
 速度的に期待出来ない環境の方向けにはAACとかの方がいいのかとか考えちゃいますね…。

 結構 逆アップかまされたりもするんですけどね、電車内で注意すると。でも「正しいから、死なない!」の精神で撃退しますw

 電車の中での優先の話、面白いですね~。日本だと「老人」「障害者」がその筆頭ですもんね。
 これってやっぱり、
  ・タイは日本より出生率が高いから妊婦が多い
  ・日本だと医療技術が高いから、電車で移動の出来る老人や障害者が割合として多い
  ・日本の坊さんは金があるので車やバイクで移動する
 とかに原因があったりするんですかね。各国の優先事情があったらその辺 浮き彫りになって面白いかもしれません。